hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコク旅行、最終回です。
今回はもう帰国後の後日談で、バンコク土産をいくつかご紹介。まずは恒例の全おみやげ。

P1480024.jpg


今回はレモングラス系のものが充実していて、お茶(ボトルが並んでるののいちばん左の緑の筒)、バスジェル(その右)、ペットボトルのお茶2種類(さらにその右)、それにメイソーン・ブランドの石けん(左側、航空券の上)という収穫。
とくにメイソーン・ブランドの石鹸は、日本ではたまにヤフオクに出品されても物凄く高いので、大量ゲットできて満足。と言っても現地スーパー価格で1箱150円ぐらいなので、現地ではかなりの高級品だ。
真ん中ちょい下にあるのは毎年出されるグラミー(タイで最大のレコード会社)のベスト盤。日頃タイ・ポップスをとくに追いかけてるわけでもないけど、これだけは何となく買い続けている。何年か前までは、今の日本ではもうあまり聞かない、べたっとした正当メロディのきれいなバラードとかが中心だった気がするのだが、最近はもっと爽やかでオシャレな感じになったり、ロックもかなりヘヴィなのがあったり。米欧を中心に聞いてる私でもあまり違和感なく聞ける。特徴的なのは、米欧音楽の、白人っぽさをかなり積極的に取り入れる一方、黒人っぽさ(ヒップホップやR&B)はあまり主流ではないこと。その点では日本とだいぶ違う。
タイ人の白い肌信仰はよく知られているが、それは、ちょっとネガティブな言い方をすると白人を必要以上に美化し、黒人を差別する意識にもつながっているようで、音楽の面にもそれが現れているのかもしれない。

P1480515.jpg


こちらはレモングラス・ドリンクのひとつ。あまり街中で見かける種類ではなく、王室プロジェクトのスーパーで買った(けど、この商品じたいは王室ブランドではない)。輸出用でも何でもなく、街のスーパーで普通に売っているものだが、パッケージに英語よりも大きく日本語表記があるのは、少し嬉しい。今や東南アジアのどの国に行っても中国や韓国に勢いや存在感で負けている日本だが、タイとはなんとなく波長が合う気がするので、これからも長いお付き合いをして欲しいものだ。

次は、紛れもなく王室プロジェクトの、マンゴスチン・ジュース。
マンゴスチンのジュースじたいあまり見かけないが、これは果汁100%とのことで、瓶の底からのぞくと、確かにそんな感じ。自分で果物をしぼってジュースを作ったことがある人はわかると思うが、「濾す」ということをしていないジュースってのは色が濁っていて、何か細かいものが浮いてたりして、見た目はあまりおいしそうではない。これはまさにそんな感じで、白っぽい紫色ににごったジュースは、うすいブドウジュースみたいな感じだった。
すごくおいしいというわけでもないが、まあ珍しいのでお土産にはいいかも。但しスーパー価格で300円弱という破格の値段。日本でも果物屋に1本1000円の瓶ジュースが売られたりしているが、ああいう感覚だろう。

P1480025.jpg


次は、街中よりもむしろ空港で見かけることが多いので、タイに行ったことがある人にはお馴染みかも。
ブルーエレファント印のナッツ。ブルーエレファントというのはタイ料理の高級レストラン。実はもともとはベルギーあたりでオープンした店だが、バンコクに逆進出して、今はすっかりタイのブランドとしても知られている。
カレーペーストとか、ドライマンゴーとかこのブランドでいろいろ売られているが、このナッツが美味い。ナッツ自体は普通のピーナツとかカシューナッツなのだが、乾燥したレモングラスや、コブミカンの葉(トムヤムクンに入ってるあれ)などを混ぜて、たしかにタイ風の味になっている。若干高いが、タイ料理の香りが好きならこれはお勧め。

P1480500.jpg


こちらはまたスーパーで買った物。
何年か前にサムイ島で初めて買って以来、タイに行く度に買っている。これは、インスタントのラープ・ガイ(鶏挽肉のサラダ)。肉料理のはずなのにやけに軽い箱を、振ってみるとカサカサと乾いた音がする。インスタント麺の具の部分だけ、という雰囲気だ。レンジを使って調理するわけでもなく、お湯を注ぐだけ。
お湯を入れて30秒かき混ぜる。パッケージ写真からはほど遠いが、まあ、確かに少しふっくらした感じにはなる。どうしても美味そうには見えないが、香りはそれなりにそそる。そして、食ってみると、うまい。これには誰もが驚くと思う。こんなに適当で、手軽に作れちゃうものが、こんなに美味いとは。肉の味、ハーブの味がしっかりする。タマネギのぴりっとした辛さ、汗腺を刺激する唐辛子の辛さ、どれも本物の味だ。観光客向けではなく普通に地元向けのスーパーで何年にも渡って売られているものなので、当然タイ人にも認められた味ということだ。これは安いし軽いしお土産にもいいと思う。ただ紙のやわいパッケージなので荷物の中でつぶれてしまいがち。

P1480509.jpg


最後に、滞在中の新聞の一面。最後のシェラトン・グランデ・スクンヴィットでは気を利かせて日経新聞をくれたが、それ以外のところではやっぱりタイの英字紙、バンコク・ポストが主流。
12月31日は、1年を総括する感じで、国王の健康問題も含め、色々と大変な年だったが国王が来年も我々を導いて下さる、みたいなことが書いてある。

P1480519.jpg


1月1日号も国王が一面。大晦日の夜8時に国王が行ったテレビ演説を伝える形だ。
このテレビ演説ってのが凄くて、31日の8時になるとタイの全チャンネルがこれを生中継し、その後それぞれに王室特集みたいな番組をやっていた。王室の影響力の強さを改めて実感すると共に、プミポン国王の健康も気になった。あまり書くと不敬になりそうだから書かないが、相当なご高齢であることが滲み出てる演説だった。

P1480521.jpg


ちょっと間がとんで1月4日。
試合でタイに来ていたシャラポワさんが偉いお坊さんを訪ねた、という写真が各紙1面で使われていた。この日はアビシット首相がオンライン賭博に懸念を表明する記事も一面になっているが、それよりも目立つ位置をシャラポワに取られてしまったことを皮肉るコメントもあった気がする。シャラポワのワイ姿は、そんなに相手を直視してはいかん、とか、手を合わせる位置が低い、とか突っ込みどころはあるものの、なんとなく好感がもてる。同じ試合のため一緒にタイにいたヴィーナス・ウイリアムズが一切報じられていないのも、まあ、あれだ。

P1480522.jpg


こんなところで、今回のバンコク旅行はおしまい。
実はもう2010年年末~2011年正月のバンコク行きのチケットも手に入れてしまったので(笑)、変な政情不安とか起こしてくれないよう祈るばかりです。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。