hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じゃーん。ついに人生初のファーストクラスに搭乗。
実に無駄に広い。1席1席が完全に独立して、ぽつんぽつんと点在する感じだ。ここまでやるんなら、パーティションみたいなものを立ててもっとプライベート感を出せばいいのに、と思う。

P1080943.jpg


真ん中の列の最前部に新聞置き場があり、周りのおっさんたちはみんな乗り慣れてるようで、機内に入ると真っ先にそこから日本語の新聞や雑誌を持って行く。後から行っても残ってるのはタイ語と英語の新聞ばかり。まあこっちは初めからWall Street JournalかFinancial Times狙いだからいいんだけどさ。

座席の前には置き台がある。上の写真だと枕が置いてあるやつ。
ふだんはえらい離れてて足を置くどころかつま先も届かないのだが、それは私の足が短いせいではない。
使うときは、この台をリモコン操作でういーんとこっちに引き寄せる。なんちゅう無駄なことにエネルギーとコストをかけているんだとたまげるが、これがファーストクラスというものだ。

足置き台の操作のほか、座席自体も実にきめ細かい操作ができる。もちろん背中にはマッサージ機能も。
コントローラーの青いボタンで「寝る」とか「起きる」とかおおざっぱな操作をし、紫色のボタンで個々の箇所を微調整する感じ。
テレビのリモコンはごく普通のやつだった。

P1080942.jpg


今回、せっかく人生初のファーストクラスなのに実にもったいなかったのは、これが夜行便だったということだ。
寝て過ごしてしまうので機内を満喫できない。まあこれは自分の努力しだいでどうにでもできることだが、フルボリュームの食事が出ない、これは悔やまれた。まあ悔やむというのも変な話なのだが。
23時過ぎのフライトなので、飛び立つとすぐに軽食が出てきて、あとは着陸の1時間前ぐらいに朝食が出る。どちらも軽めだ。

IMGP3366.jpg


これが夜食。
下が朝食。バンコクから東京は行きよりも飛行時間が短いこともあり、夜食から朝食の間は4時間もなかったと思う。それだけに朝食もフルボリュームという感じではなく、パン、シリアル、フルーツという簡単なもの。
まあ、実際のところは、空港のラウンジでもそれなりに食ったり飲んだりした上に睡眠時間も全然足りてなくて胃が気持ち悪い状態なので、これ以上のものは食えない状態ではあった。

IMGP3372.jpg


雲の上の夜明け。
この高さまで陽が昇ってくるということは陸上はもうすっかり明るいということだろうか。
雨が降っているときのフライトで、ぐんぐん高度を上げていって雲の上に出たらぱーっと青い空が広がって太陽がさんさんと輝いてるのは何とも気持ちいいが、日の出もなかなか爽やかな感じで気持ちがいい。

P1080954.jpg


こちらは家に帰ってから、機内でもらえるアメニティキットを広げてみたもの。
まずは往路のビジネスクラスでもらったほう。

P1480510.jpg


布製の青いポーチに納められているのはこんな感じ。真ん中の青いのは靴下、右の紫のはアイマスク。
そして、これがファーストクラスのアメニティキット。ブラウンだがゴールドのようにも見えるポーチは、もちろんタイシルク製。でも中身は実はあまり変わらず、ウォータースプレーなど2品増えるだけ。このポーチは、後々まで使えそうだ。

P1480512.jpg


いよいよこの旅もほぼ最終回。次回は土産物をいくつか紹介しよう。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。