hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとうバンコクを去る時間になった。シェラトン・グランデ・スクンヴィットを出たタクシーはがんがんかっ飛ばして、30分でスワンナブーム空港に着いてしまった。
タイ航空の場合、ビジネスクラスのチェックインカウンターはエコノミーからは遠く離れているので、ビジネスのあたりはがらんとしている。ふふふ、目論見通り。ビジネスクラスにした甲斐があった。

IMGP3351.jpg


タイ航空のウェブサイトでも売り文句にしている通り、椅子に座ってゆっくりチェックイン手続きできる。で、ここで衝撃の「ファーストクラスにアップグレード」を受け、有頂天で書いたのがこの時のエントリー。もう2ヶ月以上も経っちゃったか。
チェックイン自体は5分で終わり、パスポートチェックへ。これも、タイ航空のビジネスクラス以上だと「Fast Track」という別レーンになっており、まったくの渋滞知らず。

IMGP3353.jpg


出国審査、手荷物検査を終えるのに5分とかからず。
空港への移動時間も見積もりよりだいぶ短かっただけに、ものすごく時間が余ってしまった。

IMGP3354.jpg


タイ航空のロイヤル・シルク・ラウンジへ。
ものすごく広い。出発するときに成田空港のユナイテッドのラウンジに行って相当広いと思ったが、さすが本拠地だけあってここは広い。しかしかなり混んでおり、席を探すのに苦労している人は多かった。実はソファ席ではないものの、別室になっているインターネットユーザ用の部屋のほうが一人一人のデスクが仕切られててプライバシーも高いので、一般のソファ席のほうが混んできたら私はそっちのほうに移動した。

飲み物・食い物は特筆するようなものはなし。

IMGP3355.jpg


とくに食べ物は、タイっぽいものが何も置いてないのはがっかりだ。パイみたいな洋菓子のほか、写真の緑のやつはあんまんみたいなもの。タイ料理は割と作り置きがおいしくない(作りたてこそが美味い)ものが多いし、匂いの強いものとかは置きづらいだろうから仕方ないとして、ココナッツを使ったお菓子とかは置いて欲しいものだ。

IMGP3360.jpg


これが、黄金に輝くファーストクラスの搭乗券。
今回はオーバーブッキングということでビジネスからファーストに変更してもらえたわけだが、もし、ファーストが満席でエコノミーに空きがあったりとかしたら、どういう扱いを受けてたんだろう。
以前JALの国内線でプレミアムエコノミーを予約してたら、オーバーブッキングなので、座席代の差額は返すからエコノミーに変えてくれと言われたことがある。何を思ったかこの時は受け入れてしまったのだが、こっちはいい席を取りたくて随分前から予約してたのに、と帰りのフライトじゅう煮え切らない思いをしてしまい、もう金輪際こういうオファーは受け入れまいと思ったことがある。

何だかんだ言いながらラウンジでは快適に過ごせたし、巨大なスワンナブーム空港では見て歩く店がいくらでもあるので、あっと言う間に時間は過ぎ、いよいよ人生初のファーストクラス搭乗に向かう。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。