hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドバイの砂漠リゾート、バブ・アル・シャムズでゆっくり過ごす一日。
ランチのあとはまたプールでのんびり。

DSCN5235005.jpg


一角がジャグジーのようにずっと泡が出ていて、けっこうみんなここに長居するので競争率が高い。
でもこの泡がかなりの勢いなので、あまりリラックスできないのが笑ってしまう。このあたりは欧米人基準か。ゴボゴボという水の音で、近くでは会話もままならない。

ところで唐突だが思い出したのでここで書いておくと、2014年からドバイでは、ドバイの観光振興・プロモーションのためにあてる費用とのことで、ツーリズム・ディルハムなる税金みたいなものを徴収される。まあ日本の入湯税みたいなもんか?とさして気にしなかったのだが、宿のランクごとに値段が決まり、ここみたいな5つ星リゾートだと1泊1室あたり20ディルハム=670円ぐらい取られる。敢えて文句を言うほどでもないが、やっぱり高いよなあ、という絶妙な値段設定だ。

DSCN5232006.jpg


おやつは、スーパーで買ってきたデーツ。
お土産用の、しっかりした箱に入ったやつとは違って、いかにも日常消費用という感じの簡素なパッケージなのだが、実は今回ドバイ旅行で買った色んなデーツの中で(ドバイは他に買うものがないんだよね)、これがいちばん美味かった。

DSC_0143004.jpg


夕方になって少し涼しくなると、砂漠エリアに人が集まり始まる。ラクダ体験の時間だ。今日は待ってる人が少なかったので一昨日に続いてまた乗せてもらった。

DSC_0157003.jpg


子供達は何周も乗っていたが、それでも今日は客足が少なく、ラクダたちも休憩中。
夕暮れの砂漠に、じっと身を横たえるラクダ。絵になる。

DSC_0168002.jpg


と、ここで鷹狩りショーの鷹が登場。これは鷲だっけ、鷹だっけ?と調べてみたら、実は両者に厳密な区別はなく、大型のものを鷲、中型・小型のものを鷹と言うんだって。英語のeagleとhawkも同様のようだが、実はこれ、たしかfalconと呼んでたんだよなあ。でもfalconは隼(ハヤブサ)だよなあ。と再度調べてみたら、やっぱりこれは隼で、しかもアラブ世界では「鷹狩り」には隼を使うのが一般的らしい。

DSC_0194001.jpg


お兄ちゃんがエサを紐にくくりつけて、ぶんぶん回している。相方が、ばっと隼を飛び立たせる。で、ぶんぶん回してるエサにさーっと飛んでくるのだが、なんだか上手くいってるのかどうかもよくわからない。まあ、何しろ隼が本気で急降下するときのトップスピードは時速400キロにもなるというから、そんなのを見てて何が起きてるか分かるわけがない。
テレビで効果音付きの、アップやスローを駆使した迫力ある映像を見慣れてしまっている弊害なのか、なんだか拍子抜けで終わってしまった。
で、早々にご褒美の肉を与えられて撮影タイム。でもこの生肉をガツガツと啄む姿は、やっぱり迫力がある。猛禽類、という漢字には何だか妙に迫力があるが、まさにこんなイメージだ。

DSC_0208018.jpg


何日か前、アブダビの金持ちの間で鷹を飼うのがブームだとか言って、町中を歩くにも鷹を連れてる様子が映されていたが、ドバイではそんなの見かけなかったなあ。やっぱりアブダビはドバイよりもう一段金持ちってことなのかなあ。
(なお、これも英語ではfalconと言っているので正確には鷹ではなく隼だと思われる。が、テレビでは鷹と言ってたので一応鷹としておく)

DSC_0180019.jpg


アトラクションが一段落すると、ちょうどいい具合に陽が傾いている。
今日はサンセットを見に、朝の散歩で目をつけた、砂漠へ延びる道を行ってみよう。

DSC_0216024.jpg


10分ぐらい歩くと、何やら建物群に到着。おそらくレストランだと思うのだが、客も店員も、人が全然見当たらないし、灯りもまばらにしか点いていない。もしかすると客が少ない平日は営業してないのか、それとも単に時間が早すぎただけなのか。

DSC_0252020.jpg


ちょっとした砂丘の上に登ると、まんまるな、真っ赤な太陽が見える。
どうせなら人工物がいっさい写り込まないように砂漠のサンセットを撮りたかったのだが、どうしても街灯?が写ってしまった。まあ今見てみればこれも悪くないかな。

DSC_0238023.jpg


こっち方面はどうやらリゾートの裏口にあたるようで、たぶんトラックとかが搬入に使うルートなのだろう、舗装されていない道がある。そこを、さっきのラクダがお勤めを終えて帰っていった。

DSC_0254021.jpg


そして太陽は沈む。
雲はまったく出ていないが、地平線に近づくにつれ太陽の光が何かに遮られるように弱まっていくのは、空気中に砂が舞ってるから?

DSC_0248022.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。