hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪01月   2017年02月   03月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドバイメトロに乗って移動中。
メトロと言っても途中からは地上に出て、6車線のハイウェイと併走する。
ちょっと小さくて見えづらいが、赤いのはマクドナルドの看板。モスクの隣にマクドって、なんかドバイらしい光景だな〜と思って。

DSCN5074009.jpg


車内。朝夕は女性・子供専用車両があるらしいが、そうじゃない時間帯でも車内にはみごとに女性・子供の姿がない。まあその言い方も正確ではなく、老人の姿もない。おそらく、乗客の多くは、南アジアを中心とする各国からの移民や出稼ぎ労働者たちだ。今のドバイってゴールドラッシュの頃のカリフォルニアみたいなもので、働き盛りの男性比率がとても高いのだと思う。そもそもドバイの人口の7割はインドを中心とする南アジア人だと言うし。

DSCN5076001.jpg


車窓から見える左がブルジュ・アル・アラブ、右の変な形の(波をイメージしてるらしいが)建物がジュメイラ・ビーチ・ホテル。その手前は、まだまだ造成中の住宅街。

DSCN5080002.jpg


そしてやってきたのは、駅直結の巨大モール、モール・オブ・ジ・エミレーツ。
街の中心はだいぶ外れているのだが、ホテルまでの帰りのピックアップポイントが近くて、駅直結のモールということでここに目をつけた。

DSC_0947030.jpg


何しろドバイには世界最大級(少なくとも2008年開業当時の売場面積では世界最大)のドバイモールがあるので、こちらは「ドバイモールよりは小さいが」と常に枕詞をつけられてしまうが、まあそれでも十二分に広い。

DSCN5086003.jpg


最高級ではない中級ぐらいの一通りのブランドショップが入ってて... と、規模はでかいが、まあよくあるモールだ。世界最大のインドアスキー場が併設されてるのが特徴といえば特徴だが。
1階には巨大なカルフールがある。これは有り難い。が、まずは腹ごしらえ。

DSCN5091004.jpg


フードコートへ。昼はだいぶ過ぎているが、かなりの混雑だ。店舗数はそれなりにあるが、外資系チェーンみたいなのばかりで、アラブっぽいものが食えるのは一店だけ。連れとは違う店を選ぼうとぐるぐる歩いてメニューを吟味しているうちに、何だか疲れてしまい、結局連れが買ってきたケバブのセットを一緒に食って済ませてしまった。

DSCN5095005.jpg


休憩したら改めてカルフールへ。まあ、広い広い。アメリカっぽく、同じ商品をずらーっと積み上げる陳列。一つ一つのパッケージのサイズが大きいのも何ともドバイっぽい。

DSCN5112006.jpg


冷凍食品コーナーも肉がずらりと並ぶ。イスラムでは豚肉を別にすれば、適切に殺生処理された肉でさえあれば制約はないし、もともとケバブなど肉食の文化があるのだが、それでもやっぱりハンバーガーのパティに「Al Islam」という商品名ってのは何となく違和感を感じてしまう。ハラルのマークが大きくプリントされてるので、その部分を強調したいのかもしれないけど。

DSCN5182007.jpg


町中で見かけた紳士服の仕立屋。日本ならスーツを仕立てるところだが、こちらではトーブとかカンドーラと呼ばれるアラブ服だ。日本製の生地が最高級とされるらしく、高級品市場では東洋紡の独壇場なのだとか。

DSCN5202008.jpg


ホテル送迎サービスのピックアップポイントであるジュメイラ・ビーチ・ホテルまで、スーパーの袋を大量にぶらさげてタクシーで移動。
写真は、フロントロビー付近の、上層階まで吹き抜けになってる部分。ちょうどサンセットの時間だったので上の階まで行ってみたかったのだが宿泊者しか行けないようで断念。

DSC_0950036.jpg


ほぼ時間通りにバブ・アル・シャムスの迎えが来てくれて、夕暮れの砂漠の中をドライブしてホテルへ帰った。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
ご無沙汰しています!

どこの国行っても、
スーパーってその国の人達の生活が垣間見れるので、楽しいですよね。
私も良くいきます。
ですが、以前イタリアで写真とってたら怒られたことがあって、それ以来なかなか写真取りづらく思うようになっちゃいました…。

それにしてもドバイってあまり観光するところなさそうだし、
物価も高そうだし、
って敬遠していましたが、
やっぱりそんな感じなんですね^^;

それにしてもアブダビのモスクすごいですねー、
そっちに行ってみたくなりました^^;

では!
2015/06/06(土) 22:19 | URL | ぽっつ #-[編集]
Re: こんばんは!
ぽっつさま こんにちは!

コメント返信がたいへんたいへん遅くなって本当にすみません。
ちょっと体調を崩しまして、しばらく休養していました。

> どこの国行っても、
> スーパーってその国の人達の生活が垣間見れるので、楽しいですよね。
> 私も良くいきます。

僕も必ず行きます。実際に食い物やお土産を仕入れる実用的な意味もあるし、おっしゃる通り見てるだけで現地での生活を想像できて楽しいですよね。ただ、ドバイはやっぱり輸入品が多いので、そういう意味での楽しさはちょっと他国に劣るかな。

> ですが、以前イタリアで写真とってたら怒られたことがあって、それ以来なかなか写真取りづらく思うようになっちゃいました…。

基本、見つかったら咎められますよね。
その場で画像消させられたりとか...

> それにしてもドバイってあまり観光するところなさそうだし、
> 物価も高そうだし、
> って敬遠していましたが、
> やっぱりそんな感じなんですね^^;

そうですね、観光名所的なものはあまりないと思います。それもあって各ホテルが、ホテル内で過ごせるように豪華さを競ってるんでしょう。まあ、我々のような物好きじゃなければ、この炎天下でそもそも外へ出かけようなんて思わないのかな?

> それにしてもアブダビのモスクすごいですねー、
> そっちに行ってみたくなりました^^;

これは本当に見るべきだと思います。僕はこのモスクを見るためだけにアブダビに行き、このモスクを眺めたいというだけでホテルを選びましたが、大正解だったと思ってます!
2015/06/20(土) 10:14 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。