hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はセイシェルの離島ツアーに向かう。
客船ターミナルに到着。
だいぶ余裕をもって到着したようで、まだ客もまばらだ。
一応ツアーなのだが、自分でそれらしきオフィスを探し出し、申し込み書を手渡して、フェリーの乗船券と替えてもらわないといけない。

DSCN4663020.jpg


観光客に構われ慣れてるっぽい犬がいたので構って遊んでいたら、恰幅のいいおばちゃんが登場。私があなたのガイドよ。ついて来なさい。あそこに並んでなさい!と有無を言わせない指示をする。

DSCN4664021.jpg


これが僕らの乗るフェリー。僕らはほぼ先頭に並んでいたが、その後バスなどが続々と登場し、何十人かの長い列になった。おばちゃんに言われた通りまじめに並んでて良かった。

DSC_0243019.jpg


乗船開始。目をつけていた、2階最後部の席をゲット。他の席より足元に余裕があるし、はじっこなので景色もよくて風が気持ちいい。と、最初は思っていたんだけどね。

DSCN4678022.jpg


出港。マへ島には何だか不穏な雰囲気の雲がかかっているが、僕らの進路はきれいに晴れている。
写真ではちょっと外側のほうがわかりにくいが、二重の虹がかかっていた。

DSC_0259020.jpg


島を離れると雲もなくなり、気持ちのいい空が広がる。風がそれほど強いわけでもない。
が... 外洋に出ると、揺れる揺れる。けっこう大型の船だが、大きなうねりに揺られる。そればかりか激しい波しぶきが容赦なく飛んでくる。いちばん端っこを確保していい気になっていた僕はびしゃびしゃだ。
強い日差しで、濡れるそばから乾いていくので、服が濡れること自体はそんなに気にならないのだが、この揺れはかなり激しい。船内には売店もあるが、みんなそれどころではなく、売店に行っては吐くための紙袋をもらってくる始末。しかもみんながもらいにいくもので在庫切れ(笑)。
僕は最後まで大丈夫だったが、何だか周り中でぐったりしていて、壮絶な1時間の船旅だった。

DSC_0262021.jpg


そして到着したのは、プララン島。
なんだかカタカナで書くとずいぶんお気楽な感じの名前だが、綴りのPraslinというのを見るとちょっと印象が違うかな。

この島には世界のビーチランキングに登場するアンスラジオなどのビーチや、世界遺産のヴァレ・ド・メ自然保護区などの見所がある。
船を降りたらすぐにバスに乗り換えて、まっすぐヴァレ・ド・メ自然保護区に向かう。

DSC_0268022.jpg


さすがに世界遺産なのでしっかり保護されていて、自然遺産と言えど、大自然の中にいきなり放り込まれるわけではない。ちゃんとした受付があり、決められたコースを通ってこの自然遺産の「さわり」の部分だけをちらっと体験する、という感じだ。

DSC_0271023.jpg


こんな感じの山道を1時間弱ぐらいかけて歩く。リアーナ似の若いお姉ちゃんガイドに連れられ、10数人の一行がぞろぞろとついて歩く。
ヤシなどの植物や、鳥、カメレオンなんかがここの固有種だという。

DSC_0281025.jpg


中でも名物が、このフタゴヤシ(現地名ココ・デ・メール)。世界全体でも2万本ほどしか生息しておらず、その4分の1がここに生息するという。が、ここでも、実際にこの実が木に成っているところは見られず、こうやってサンプルを見るだけ。

かつてセイシェルが無人島だった頃、このフタゴヤシがインド洋を渡ってモルディブに漂着しているのが見つかっていたが、この実が成る木が見つからないので、こいつは海の底に生えてるんじゃないかと、「海のヤシ(ココ・デ・メール=フランス語)」と名付けられたんだって。重さは20キロにもなる。

DSC_0277024.jpg


ヴァレ・ド・メ自然保護区ではフタゴヤシのキーホルダーを買ったりなんかして、一行は再びバスに乗り込む。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。