hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の旅は、セイシェル。
と周囲の人間に話すと、まあセイシェルという名前自体はそこそこ知られているが、どこにあるのかは、ほとんど知られていない。そういう僕も今回調べるまで正確なことは分かっていなかった。
インド洋のリゾートのうち、インド南端から1000キロぐらいのところにあるのがモルディブ。その西に2000キロ、どちらかというとアフリカ大陸寄りにあるのがセイシェル、さらにその南に2000キロ、マダガスカルの隣にあるのがモーリシャス。(↓地図は、拡大しないとセイシェルという表記が出てこないかも)



セイシェルはたぶん、日本人にとっては松田聖子やサザンが歌のタイトルにしてるので知っている、というだけで、実際に行ったことのある人はかなり少ないと思われる。そんなところになぜ行くことにしたかというと、世界のビーチランキングみたいなのを見ると、必ずセイシェルのプララン島やラディグ島のビーチがいくつもランクインしているから。特にアンスラジオというビーチは世界一美しいとの評判もある。これは、行くしかないでしょ。
今みたいに中東情勢が不安定になる前だったので、ドバイ経由もまったく抵抗なく、ドバイでは砂漠ホテルにとまってビーチと砂漠を両方楽しむぞ!という旅にした。

出発は羽田。ラウンジは満席(この写真は後で撮ったので空席もあるけど)。なんかもう日本の空港のカード提携ラウンジって実質誰でも使える感じで、全然くつろげないし、特にお得感があるわけでもないし、どこか普通のお店に陣取ったほうがいいのかもしれない、と最近思う。

DSCN4276016.jpg


フライトはエミレーツ航空。まずはドバイへ、深夜0時半発。現地に朝の6時に到着するので、乗ってすぐに夜食を食って、寝て、起きてすぐに朝食を食ったらもう到着、というフライトだ。
満席で横にはなれないが、座席は割と広くて、あまり辛くない。通路の天井にはエミレーツのお約束の星空が。

DSCN4285001.jpg


さて、早速夜食。この時間帯に出発する便は本当に軽い食事しか出ないこともあるので心配して空港でおにぎりとか買っておいたが、しっかり一食分のボリュームで出てきて安心。

DSCN4287002.jpg


しかし、まあ、普通はどこの会社でもこうなので仕方ないのだが、上のビーフと、下の魚で、メインのおかず以外はすべて同じ付け合わせ。和風のおじや?にさえ、味気ない丸いパンがつく。こういうメニュー構成に、本当に航空会社の担当者は疑問を感じていないのだろうか?僕がいつもしつこくガルーダを推すのは、ガルーダが、手間をかけてまでこの点に配慮したメニューにしてくれているからなのだが、あまり賛同してもらえない。

DSCN4290003.jpg


数時間後の朝食。卵メインの洋食は、あったかいクロワッサンも出てきていい感じだが、

DSCN4292004.jpg


和食の、この組み合わせを、関係者はどう思っているのか。外国人はコメが主食という感覚がないから、別に違和感もないのか?でも中東でもそれなりにコメを食うはずだけどなあ。

DSCN4293005.jpg


ドバイ空港に到着。ここはどんなに変な時間帯でも人で溢れていて、店も全開で営業中だ。イスラムの白い衣装で全身を覆う人がいれば、短パンTシャツの小汚い格好でうろつく白人もいて、実に雑多な人たちが行き交うのも、なんだか未来都市っぽい。

DSCN4295006.jpg


セイシェル行きのフライトは隣のターミナルなので、けっこうな距離を移動する。
これは空港の案内映像を3Dで流してる機械。まあ本当は3Dって言うほどのものではなく、人間の形をしたスクリーンに後ろからプロジェクタで映像を写してるだけなのだが、現物を見るとけっこうリアルに、人がしゃべってるように見えた。

DSCN4299007.jpg


一見するとエレベーターが並んでるみたいだが、実はこれがターミナル間を移動する電車乗り場。
成田のやつみたいに歩いたほうが早いんじゃないか?という距離ではなく、普通に地下鉄の一駅分ぐらい、けっこうなスピードで走る。

DSCN4301008.jpg


こっちがエレベーター。わざと骨組みを剥き出しにした構造で、この無機質な感じがまた未来都市っぽい。
この後もう少しドバイ空港で時間をつぶし、セイシェルへ向かう。

DSCN4304009.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
エミレーツの機内食、
それでも一食目、お肉選択だとビーフなのですね!
他社だと、ケチってビーフ以外が多いような気がするので、
メインのおかず以外はすべて同じでも、
気前がいいほうなのかも(笑)。

二食目の、卵メインの洋食、卵がトロトロでおいしそう♪

ドバイも、いつか行ってみたいと思いつつ~
2015/03/02(月) 08:36 | URL | キュウ親 #-[編集]
Re: タイトルなし
キュウ親さま こんにちは!

> エミレーツの機内食、
> それでも一食目、お肉選択だとビーフなのですね!

そうですね、これ単品で、ちゃんとお皿に盛りつければビジネスクラス並?

> 他社だと、ケチってビーフ以外が多いような気がするので、
> メインのおかず以外はすべて同じでも、
> 気前がいいほうなのかも(笑)。

そういう意味ではエミレーツはやっぱりリッチな会社ですからねえ。機体はみんなピカピカだし、スクリーンは大きいし。映画のラインナップはなぜかイマイチでしたが。

> 二食目の、卵メインの洋食、卵がトロトロでおいしそう♪

しかし実際には飛行機に積み込んで8時間ぐらい経ってるわけでして...

> ドバイも、いつか行ってみたいと思いつつ~

行くべきです!キュウ親さまのグルメな旅スタイルにも応えられます!
ちょっと今は時期がよくないですけどね...
2015/03/07(土) 10:27 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。