hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコク、シーロムエリアのサービスアパートメント、シリ・サトーン滞在3日目。
サービスアパートメントというものにはバンコクでしか泊まったことがなくて、以前マリオット系のところに泊まったときは明らかにスタッフの数が少なかったりして、なるほどこうやって経費を抑えてるから安いのか、と分かりやすかったが、ここはそんなに目立ってスタッフの数が少ないわけでもなく、普通のホテルに居るのとほとんど感覚的に変わらない。そんな中、明らかに違いを感じたのがプールの質素さと、朝食だ。
このクラスの宿にしては、朝食が寂しい。

DSCN2518017.jpg


朝食会場もだいぶガヤガヤしていて、ホテルのゆったりした朝の雰囲気よりは、町中の普通のレストランに近い。タイ人ビジネスマンが利用するのか、ばりばり商談をしてるテーブルもある。
別にそれに文句を言う筋合いもなく、そういうことを理解した上で泊まればいいだけなのだが。

さて、今日は何もしない日にした。
年末年始のバンコク滞在中、毎日炎天下をめいっぱい出歩いているので、ちょっと今日はのんびり過ごそうと。せっかく部屋も快適だし。

バルコニーに出て本を読んだり、部屋で音楽聴いたりネットを見たり、ゴロゴロしたり。
昼過ぎにはメシ&気分転換で近所に出かける。

昨日はグアバのソムタムを食ってみて、なんかリンゴみたいだと思ったところだが、今日は実際にリンゴを使った、スパイシー・フルーツ・サラダ。果物の切り方もソムタムみたいに細切りと言うかささがきではなく、角切りだ。他にぶどう、パイナップル、トマトなんかが入って、これはこれでおいしい。

そして、僕にとっては定番のカオパット・サパロット(パイナップル炒飯)。
初めてバンコクに来たのは、会社の出張だった。一緒に来た人が、ガイドブックによると定番みたいですよ、と頼んでいるのを横目で見ていたのだが、一口分けてもらうと美味くてびっくり。以来、日本のタイ料理屋でもメニューに見かけたら必ず注文する定番になった。

DSCN2524015.jpg


食ったのはこちらのバナナ・リーフという店。バンコクに何店舗もあるようだ。

DSCN2528014.jpg


で、買い物したりして、宿へ帰って、また、何をするでもなくのんびり過ごす。

晩飯は買っておいた冷凍食品。これが、冷凍食品といって侮れない。
クンオップウンセン(エビの春雨蒸し)で、レストランでは土鍋の底にエビを入れて蒸した状態で出される。エビの風味が春雨に染みていて実に美味い。この冷食は前に食ってみてやけに美味かったので印象に残っていたのだが、今回食ってみてやっぱり美味かった。

DSC_0840013.jpg


さて、今日はのんびり過ごしたし、明日はまたがっつり歩こう!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。