hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正月をバンコクでゆっくり過ごす旅。
早くもこれが最終日だ。レイトチェックアウトをお願いしておいて、15時頃にチェックアウトすればいいので、それまでの間また歩き回る。今日の目的地は、市街地からほんのちょっと入ったところを流れるセンセーブ運河沿いの下町散歩。

まずは朝飯、今日はプールサイドの屋外席に出てみた。朝なのでそれほどの暑さでもないが、やっぱり東南アジアの湿気がまとわりつく。まあ、暑くてもいいや、今日は最終日だからこの暑さを味わっておこう。

DSCN2531011.jpg


僕の滞在中、誰も利用しているのを見かけなかったロビー。とてもきれいだが、なんかもったいない。

DSCN2536010.jpg


朝食を終えていったん部屋に戻っても、まだ朝の雰囲気。
さあ、さっそく出かけよう。

DSC_0843012.jpg


まずは最寄りのサラデーン駅へ。バンコクのBTSはしっかりホームドア設置。しかも広告映像が流れる液晶ディスプレイつき。しかし今ドアが開いてちゃいけない気がするが。
陽差し、暑さ対策のためだろう、BTS車両の窓は網目状になっているのでこういう車両全体ペインティング系の広告も、窓を気にせずに全面にデザインできる(これはエア・アジアの広告)。

DSC_0846009.jpg


そんなに早朝というわけでもないのだが、社内はガラガラだ。

DSC_0847008.jpg


やってきたのは、BTSシーロム線の終着駅、ナショナル・スタジアム。
ショッピングセンターのMBKやチュラロンコーン大学がある側には人の流れも多いが、繁華街がちょうど途切れるあたりなので、その反対側の出口へ向かう人は希だ。
小規模なホテルが建ち並ぶソイを奥へ進むと運河にぶつかる。ちょうどそこに、シルク王ジム・トンプソンがかつて住んだ家が建つ(写真右側の茶色い建物)。

DSC_0849007.jpg


しかし今日の目的地はジム・トンプソンの家ではなく、この運河だ。

DSC_0850006.jpg


キラキラのショッピングモールが建ち並ぶあたりから歩いて10分か15分ぐらいなのだが、運河沿いはどっぷりと下町の雰囲気が漂う。

DSC_0853005.jpg


こんな道だけどけっこう商店とかあって、公道なのか私道なのかよくわからないことになっている。

DSC_0855003.jpg


下町の雰囲気たっぷりだが、決して建ち並ぶ家がボロいわけではない。どちらかというと逆なので侮れない。
まあ、これだけバンコク繁華街から近い一等地なんだから当然と言えば当然だが。

DSC_0854004.jpg


時々、ブォーッとエンジン音をあげ、凄い波飛沫をあげながらボートが通り過ぎる。
観光用ではなくバンコク都民の足なので、水避けで景色は見えないし、郷愁も何もない猛スピードで通り過ぎていく。

DSC_0869001.jpg


川の両岸を結ぶ歩道橋のど真ん中に寝ていた猫。僕が通り過ぎようとすると起き上がって足元にすり寄ってくる。が、こっちが歩いてるのに何の遠慮もなく足元にからみついて来るもんだから、つい足を踏んづけてしまったりする。フギャッと声をあげつつ、それでもまとわりついてくるので、しょうがないのでこっちもしゃがんで、しばし構ってやることにした。
今日はもう最終日だから、と焦って歩き回る僕に、まあゆっくりしていきなよ、と声をかけてくれたのかな。

DSC_0859002.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。