hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のバンコクの旅では、王宮近辺の旧市街をじっくり堪能するのと、郊外にちょっと出かけてみるのをメインイベントと考えていた。
「郊外」の候補としては地獄寺を考えていたのだが、どうもいいツアーがない。ようやく見つかったと思ったら、正月は催行していないという。何も正月から地獄に行かなくても、ということか。どうしてもバスとトゥクトゥクを乗り継いでいかないと行けないような田舎にありがちなので、自力で行くのも面倒だ。ということで地獄寺は諦め、何か面白いのないかな〜と探した結果、これにした。メークローン線路市場。テレビで何度か見た、電車が通るたびにさーっと片付ける、あの謎の市場だ。

DSC_0660006.jpg


早起きして、集合場所のインターコンチネンタルに向かう。
BTSはガラガラで、まだエラワン廟も人がまばらだ。

DSC_0664005.jpg


色んなツアーがほとんど同時刻に出発するので大混雑だが、客のほどんとが日本人ということもあってあまり混乱もなく、10人ほどの一行でマイクロバスが出発。
寝ていたので途中の風景はよくわからず、気付いたらバンコク中心から約80キロ西、メークローン川のほとりに居た。

DSC_0666004.jpg


バスを降り、川沿いを5分ほど歩くと、駅舎が見えた。タイ国鉄メークローン線の始発/終着駅だ。

DSC_0670003.jpg


ここはサムットソンクラーム県の県庁所在地だという。駅も1907年、日本で言うと明治時代の開業というから、単なるローカル駅ではない。

DSC_0673002.jpg


とは言え、1日3往復。のんびりしたものだ。
終着駅なので、ここに入ってきた電車はしばらく停車し、また折り返し出発する。

DSC_0676001.jpg


ガイドさんから簡単な説明を受け、電車が到着するまで1時間以上あるので、それまでの間いったん解散。
線路沿いに少し歩くと、さっそく市場が広がる。観光客目当てではない、本気の市場だ。

DSC_0683027.jpg


知らなければ、地面に伸びる線が線路だとは思わないだろう。誰もが電車の存在など意識せずに、普通に商売し、買い物をしている。

DSC_0680028.jpg


道路と交差するが、踏切もない。さすがに電車が通るときは係が出てきて交通整理するようだが、一日3本しかないので踏切設置よりそのほうが安いということだろうか。

DSC_0677018.jpg


そもそも、電車が通るたびに片付けなくてはいけない線路に、なぜ市場を出すのか。
ちょっと歩いていて、すぐにその疑問は解決してしまった。
流石に県庁所在地だけあって、このメークローン市場はかなり大規模だ。駅に隣接する市場は、当然ながら線路からは離れたところから、もともと始まった。それがどんどん広がり、線路脇ギリギリにまで出店するようになった。それが観光資源になるにつれ、わざわざ線路沿いを選んで出店する人も出てきただろうけど、たぶん当初は、そこしか場所がないから、仕方なく線路沿いに出店したのだと思う。

DSC_0698026.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。