hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大晦日から元旦を過ごしたバンコク旧市街のザ・ブートーン、いよいよチェックアウトの時間になった。
3、4人の若いスタッフが交代で働いているようだが、今まで顔を見かけなかった男性スタッフが一緒に外に出て、タクシーを拾ってくれる。が、なかなかつかまらない。日が照りつけて暑い。あまりにもつかまらないのでスタッフにも焦りが見える。ようやくつかまって安堵、ご苦労さんとチップを20バーツ渡そうとしたら、いやいやいやと丁寧に断られた。すごく一生懸命で、生真面目なスタッフたちだ。

DSC_0626019.jpg


なぜか僕はあまり落ち着かず、また泊まるかと問われればきっと泊まらないと思うが、古くて建て付けが悪いので、多少蚊が入って来ようとも、こういう雰囲気が好きだという人にならお薦めする。TripAdvisorので評価は物凄く高いし、スタッフも感じがいいし、そもそもバンコクでこういう建物に泊まるという経験じたいは、とても貴重だと思う。

DSC_0623020.jpg


タクシーは一路、高層ビルが建ち並ぶシーロムエリアへ。
サラデーン通りのソイ1。この近所には小綺麗なサービスアパートメントがいくつもあるが、その中のひとつ、シリ・サトーンというのが、今日からの宿。
とにかく、今まで居たのがああいう宿だったので、ロビーの雰囲気でいきなり舞い上がってしまう(笑)。少し到着が早かったので15分ぐらい待たされるが、定刻前に部屋に案内してもらえた。

DSC_0628017.jpg


あーこれこれ、やっぱりこのほうが僕は落ち着くなあ〜。

DSC_0647012.jpg


広いキッチンつき。

DSC_0634016.jpg


角部屋なので一面が全部窓で、とても明るい。ベッドルームは2面採光だ。

DSC_0639015.jpg


そして何と言ってもこの部屋のウリは、このバルコニー!
バンコクでバルコニーのあるホテルと言ったらチャオプラヤ川沿いのシャングリラやルブア@ステイト・タワーチャトリウムあたりが定番だろうけど、こんな庭っぽい広々としたバルコニーは、スイートルームとかは別とすれば、なかなか他にないと思う。
これで1泊15,000円もしないのはとてもお値打ちだ。

DSC_0642014.jpg


まあ、都会なので、特別に眺めがいいというわけでもないのだけど、やっぱり南国の空気に触れるのは気持ちいい。ソイ沿いなので大通りと違って滅多に車も通らないのがいい。
右を向けばルンピニー公園があって、都心にしては緑が豊かだ。
正面やや左に見えるとんがり屋根がドゥシタニ・ホテルで、その近くにMRTと地下鉄の駅がある。

DSC_0643013.jpg


さっそく10分ぐらい歩いて、駅方面へ出て、腹ごしらえとスーパーで食材買い出し。
店名がタイ語表記なので何というのかわからないが、スイカジュースとソムタムとパッタイという定番コースを注文。ああ、うまい....。

DSCN2500010.jpg


このシーロム・コンプレックスの飲食店街はやけに日系の店が多く、やよい軒、吉野家、ペッパーランチから、シュークリームのビアードパパまであった。

DSCN2506009.jpg


さすがにバンコクのスーパーでは一年中マンゴーが手に入るのだが、やっぱりこの時期のものは酸っぱい!オフシーズンなので仕方ないんだけど。
この日の夜は買ってきた食材で適当に済ませ、明日に備えて早寝する。

DSC_0657007.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~
すごい! キッチンつきでベランダでもゆっくりできるホテルが15000円とは!
本当にお値打ちですね。
紹介されているザ・プトーンのようなホテルもおっしゃるように貴重な体験だと思いますが、私もずーっとはちょっと疲れてしまうかも(^^;)
2015/02/11(水) 08:55 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんにちは!

> すごい! キッチンつきでベランダでもゆっくりできるホテルが15000円とは!
> 本当にお値打ちですね。

ホテルじゃない、ってところがミソですね。あくまでもサービスアパートメント(サービスレジデンス)なので。でも、ここはスタッフの数も質も、ホテルに遜色ありませんでしたが。強いて文句を言えばプールがしょぼかったことかなあ。以前マリオット系のサービスアパートメントに泊まりましたが、そっちは目に見えてスタッフの数が少なくて、経費節減してるなあと実感できましたが、プールは豪華で良かったです。

> 紹介されているザ・プトーンのようなホテルもおっしゃるように貴重な体験だと思いますが、私もずーっとはちょっと疲れてしまうかも(^^;)

僕らのように現代的な生活に慣れてしまってると「古民家」ってなんとなく憧れますが、1泊かせいぜい2泊ぐらいがちょうどよくて、それ以上居てしまうと現代的な生活が懐かしくなってしまう気がします(笑)。
これが、他に望みようもない田舎ならまた違うんでしょうけど、バンコクの街のど真ん中、他にいくらでも選択肢がある中で、なぜ僕はここに泊まってるんだっけ?という疑問がついつい(笑)
2015/02/11(水) 11:15 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。