hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョグジャカルタのヴィラ・ポンドク・テラで迎える2回目の朝。
今日も気持ちのいい朝だ。しかしこれ、僕が今まで泊まった「プライベートプール付きの部屋」の中でこれが最大のプールだ。こんなところが1泊1万円ちょいなんて、世界中を探してもそう多くないのではないか。

DSC_0221012.jpg


今日も明確な計画はなく、町をうろうろする。まずは朝食がてら、朝の散歩に出る。
幹線道路からずいぶん奥に入った路地なのだが、ぽつぽつと駄菓子屋みたいな小さい商店があるのが、また楽しい。

DSC_0226013.jpg


昨日の夜も通りがかったモスク。
住宅街の中のローカルなモスクとしては充分立派だ。

DSC_0228014.jpg


ホテルの位置をGoogle Mapで探すと一応表示されるが、これが本当に正しい位置なのか、正直わからない。航空写真で見れば大きいプールを目印に分かるだろうと思ったんだけど、プールは見当たらないし、地図上は行き止まりになってるけど実際はそんなことなかったし...



ご近所にあるホテル。なかなかいい雰囲気だが、1泊2000円台で泊まれるらしい。なるほど、こういうのを基準に考えると、昨日、僕らが泊まってるところは1泊1万ちょっとだとファミリーに告げた時の彼らの反応も分からなくもない。

DSC_0230016.jpg


ジョグジャの繁華街からは数キロ離れているが、王宮からは1キロ圏内ぐらいなので、やっぱりこの辺はいい土地柄なのだと思う。細い路地を入っていっても、決して豪華ではないまでも、小綺麗な家がどこまでも建ち並ぶ。NHKの番組でジョグジャの特番があって、この町の人たちが、王室と、この町の歴史をとても誇りに思って暮らしている様を描いていたが、本当にそんな感じが伝わってくる。やっぱり思った通り、いい町だ。

DSC_0229015.jpg


ジョグジャカルタは人口60万人ほどの静かな町だが、インドネシアの歴史においてとても重要な町だ。
インドネシアはおよそ300年に渡ってオランダに支配されていたが、1942年に日本軍が侵攻し、オランダ軍は降伏した。日本の戦局の悪化、そして敗戦に至り、インドネシア共和国は独立を宣言するが、日本軍の武装解除や移送を目的に進駐してきたイギリス軍、そして再びインドネシア侵略を試みたオランダ軍により再び国土は蹂躙され、政府は1946年、首都を荒廃したジャカルタからジョグジャカルタへ移した。

DSC_0241018.jpg


インドネシア国民の抵抗を受けつつ、オランダ軍は武力では圧倒的に優位だったが、国連が介入し、国際世論がオランダ批判に傾く一方、オランダ自身も戦費の負担に耐えられず、1949年に正式にインドネシア共和国へ主権が渡された。
そんなわけで、ジョグジャカルタがインドネシアの首都だったのは戦時の混乱中、わずか3年ほどのことだった。しかし戦中・戦後の苦しい時期にジョグジャカルタ王室(スルタン)がインドネシア共和国に一貫して協力的だったことから、他の地域とは違う「特別州」の地位を与えられ、スルタンの存続が認められた。

DSC_0244019.jpg


こうしてジョグジャカルタはその伝統文化と価値観を守り抜いた。戦争によるリセットがなかった分、近代化は遅れているが、市民の誇り高さと、古都と呼ばれるに相応しい豊かな文化が残されたからこそ、この町はこんなにも魅力的なのだと思う。

DSC_0252020.jpg


ぷらぷら歩いていても、しつこい物売りが絡んでくるわけでもない。
インドやマニラやホーチミンのように僕らをカモだと思うわけでもなく、シンガポールやバンコクのように、僕らと目さえ合わせない大都会とも違う。
僕らの存在を認め、すれ違いざまに目をあわせ、笑顔を見せたり、軽く会釈したりなんかする。

DSC_0398020.jpg


ぶらぶらと歩き回って、昨日も通った市場までやってきた。

DSC_0255021.jpg


その裏手にある、こんな超ローカルな店での朝食にチャレンジ。
ただ単に料理をガラスケースに入れてあるだけなのだが、まだ朝なので、作ってからそんなに時間が経ってないだろうと、衛生面では問題ないと想定した。
おばちゃんに言われるがまま、自分で好きなだけご飯をよそって、そこに何品かおかずをのっける。

DSCN3605022.jpg


おばちゃんは全く英語は通じないが、店の前にいたおっさんはしゃべれたので、おっさんを介して会話していたのだが、どうもおっさんは近所のお茶屋の人だったようで、お茶も注文させられた。まあ、本場のジャワティーということで、これはこれでOK。たしか2人分全部込みで400円ぐらいだったか。おっさんの小遣いに多少は回されてるだろうから実際はもっと破格に安いんだと思う。

DSC_0263022.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うん!街歩きが楽しそうです!
ジョグジャにの王宮周辺ってこんな風な街並みなんですねえ~

歩いていて楽しめる街って貴重ですし、リピートしてもいいですもんね。パダン料理も種類豊富で新鮮そうだし、スーパーに市場、ロスメンもたくさんあって長期滞在には良い所かも!

現地の人々との出会いも旅を思い出深いものに
してくれますねえ~

chempakaでした!
2014/12/25(木) 00:30 | URL | Chempaka #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま 毎度!

> うん!街歩きが楽しそうです!
> ジョグジャにの王宮周辺ってこんな風な街並みなんですねえ~

趣があります。あと、人が穏やかな感じがします。

> 歩いていて楽しめる街って貴重ですし、リピートしてもいいですもんね。パダン料理も種類豊富で新鮮そうだし、スーパーに市場、ロスメンもたくさんあって長期滞在には良い所かも!

そう、そこそこ便利ですし、やっぱり警戒しなくていい、ってのは大きいですね。バリも似た感じかもしれませんが、こっちは外国人がぐっと少ないので、その分不便でもあり、一方で現地の風情がある、という感じでしょうか。

> 現地の人々との出会いも旅を思い出深いものに
> してくれますねえ~

写真をお互い撮るぐらいならまだしも、その後も連絡をとりつづけるような関係になるとは思ってませんでした。先日も娘からメリークリスマスのメッセージが来たんですが、君んちムスリムだろ、という突っ込みはしないでおきました(笑)。家の中では誰も言う相手がいなかったのかも(笑)
2014/12/28(日) 09:45 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。