hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本を発ってほぼまる一日、ようやく到着したジョグジャカルタの宿。
じゃーん!庭付き・プール付き一戸建て!

DSC_0093016.jpg


もう暗いので、外観の写真はまた明るいときに。
内部も広くて、リビングダイニングは完全に一戸建ての広さ。キッチンなんかうちより広々としてて、ちょっと羨ましい。冷蔵庫の中は空っぽだが、左手にウォーターサーバーがあるので、水の心配はなし。

DSC_0081014.jpg


ベッドルームは2つ。マスターベッドルームの裏手に、広々としたシャワールームがある... が、何とも惜しいことに、バスタブがない。これだけ広ければスペース的な問題ではなく、ニーズがないということなのだろう。この点だけは本当に惜しい。日本を発って約24時間、ゆっくり風呂に入りたい!という気分が高まっていただけに。

DSC_0089015.jpg


とりあえず食料が何もないので10分ほど歩いてコンビニへ買い出しに来た。静かな住宅街の中を通り抜けてくるので、危なそうな感じはまったく無し。
やはり物流システムが整備されていないせいだろう、日本のコンビニの主役である弁当・総菜がない。その分、スーパーみたいにワゴンセールのコーナーがあったりする。あと、やっぱり「水を買う」ことの意味が日本とは違うので、巨大なタンクの水がところ狭しと並べられる。

DSCN3552014.jpg


そして、このコンビニからの帰り道に、この旅で最大のイベントが。
静かな通りで屋台なんかもあまり出ていないのだが、1軒の薄暗い屋台で買い物をしている若い男女がいた。何気なく通り過ぎたのだが、ちょっと気になって、戻って屋台を覗く。何を売ってるのやらさっぱりわからない。いま買い物をしていた女の子に、これ何?と聞く。幸い英語ができる子だったのでここから話が広がる。
一緒にいたのは弟で、更に隣に停めていた車の中にいたお母さんも会話に加わる。
お薦めの観光スポットはどこ?とか何だかんだと話が盛り上がり、明日うちに遊びにいらっしゃいよ、とお母さんからお誘いをいただいた。娘さんの電話番号とLineのアカウントを交換し、別れる。
とまあ、この時はここまでだったのだが、この出会いが、このあと「ファミリー」にまで発展する。
で、結局この屋台はパンケーキ屋だった。娘さんのおすすめ通りチョコレート&バナナ味を買って帰った。

DSCN3562015.jpg


買ってきたパンケーキはこんな、意外とふっくらしたやつ。夜食にはちょっとヘヴィな感じがするが、こんな時間に屋台を出してるってことは、需要があるんだろうなあ。

DSCN3564016.jpg


で、昼から汗をかいたジーパンを洗いたいし、風呂にも入りたくて、どうにも耐えられないので、服のままプールへじゃぼーんと。あああ気持ちいい。もちろん寒いなんてことはないし。
ようやく、旅の目的地に着いたという安堵感が出てきた。

DSCN3566018.jpg


実は翌日から具体的な計画があるわけではない。宿だけは押さえてあるが、あとは町をぶらぶらして過ごそうというだけ。普通ジョグジャカルタに来る観光客はボロブドゥールとプランバナンとジョグジャカルタ王宮に行くだろうけど前回見てるからそれもパス。ビーチリゾートではいつもこんな感じだが、町で、こうやって計画もなく何日か過ごすのは初めてかもしれない。
なんか早速いい人っぽい人たちと出会えたし、明日から楽しみだ。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。