hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリ島北東部観光、ブサキ寺院とスマラプラの旧王宮を見物。
町ではあちこちにチャナンと呼ばれる神への捧げ物、そして人々が祈る姿が。
チャナンというのは椰子の葉っぱで作った皿に線香やお菓子などを載せた、お供え物。家の前とか道ばたとか、どこにでも置かれる。道ばたに無造作に置かれているのは悪魔に対する捧げ物で、悪さをしないでね、という意図があるんだとか。

DSC_0036004.jpg


チャナンは、お祈りが終わればもう用済みで、ゴミになる。だから道ばたのチャナンを踏んづけてしまっても、別にいいらしい。この、祈りが終わったらもうそれはゴミ、という感覚はちょっと面白い。

さて、次にやってきたのは11世紀のものだというゴア・ガジャ遺跡。
観光地らしく、入り口には土産物屋が並ぶ。

DSC_0039005.jpg


木々に囲まれた階段を降りていくと、地上より20メートルぐらい低いところが広場になっており、まずそこに沐浴場がある。随分年期が入っているように見えるが、1954年に発掘されるまでは、埋まっていたそうだ。

DSC_0044006.jpg


そしてこちらがゴア・ガジャの洞窟。
悪魔?の口から中に入ると、洞窟になっている。

DSC_0049007.jpg


中はそれほど広いわけではなく、両端に石像がある。一方はヒンドゥーの三大神(ブラフマ、ウィシュヌ、シヴァ)を表す「リンガ・ヨニ」像、もう一方がガネーシャ像。
薄暗くじめっとした空間は、僧侶が瞑想や修行をする場だったのではないか、と言われているが、結局よくわかっていないらしい。

DSC_0051008.jpg


鬱蒼と木が茂る一帯はけっこう癒やしの空間で、独特の清々しさがある。
観光地としてはそれほどでもないが、なんかいい感じの場所ではある。って適当だな(笑)。

DSC_0058009.jpg


フライトの接続待ちにしてはずいぶん充実したバリ島観光を終え、車はデンパサールへ向かう。
途中のこんな田園風景、やっぱり「懐かしい」という表現を使いたくなる。石垣島の景色を思い出した。

DSC_0065010.jpg


石像工房に飾られる像も独特だ。いい奴なのか悪い奴なのかもよくわからない(笑)

DSC_0069011.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。