hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンユワ。ポーウィン山とタウンボッデー寺院という濃い2か所の見学を終え、3か所目が、これまた濃い。
まず、そこに向かう途中。
木々の中に、無数の仏像が等間隔で並ぶ。なんとその数は1万体に及ぶという。このあと登場する巨大仏を建てるにあたり用地を整備し、伐採していたところ、一本だけどうしても切れない木があった。これは聖なる木に違いないと、その木を中心に1万体の仏を並べてしまったという。どうにも、モンユワの人というのはやることが極端だ。

DSC03533013.jpg


そして、見えてきた巨大仏
遠近感を間違えた合成写真に見えなくもない。

DSC03539014.jpg


じゃーん。立像はレーチョン・サチャー・ムニという。体長116m、台座部分まで入れれば129m。これってもしかしてミャンマーの最高層建築物ではないだろうか。
日本で最大の牛久大仏は台座を含めて120mというから、それよりさらに10mほど大きい。単純に高さで比較すると、38〜39階建てのビルに相当する。

これも仏様に違いないので、敷地内には裸足で入る。見ての通り地面には陰などどこにもないので、焼ける地面をぴょんぴょん飛びながら足早に移動する。とにかくまずは立像の中に逃げ込むしかない。

DSC03547015.jpg


立像は、いわば外観が変わってるだけであって、中は普通のビルだ。まあ普通と言っていいかどうかはさておき。
一応仏教施設らしく仏像や仏画が並ぶが、正直とても薄っぺらな感じがして、つまらない。お寺で魂を込められ毎日拝まれている仏像と、仏像屋の店頭に転がっている仏像ではありがたみが違う、この差だ。ここの仏像は、ただどこかから調達されてきて、ここに置かれた。それだけのような印象を受ける。

DSC03559016.jpg


案内図によると上層階までずっと何かしらで埋め尽くされているようだが、こんな感じだし、今日はすでにかなりお腹いっぱいなので、2フロア分ぐらいぐるっと見て、退散。

DSC03572019.jpg


途中、仏画をまさしく書いてる最中のおっさんに遭遇。物珍しくてしばらく眺めていたが、別に仏画だから何か特殊なことが行われるわけではなく、淡々と絵が描かれているだけだった。当たり前か。

DSC03571017.jpg


さらっと調べてみたが、日本で40階建てビルを建てると建設費として200億円ぐらいかかるようだ。
こちらは建築基準も厳しくなく、人件費も安いんだろうけど、それにしても莫大な金がかかっていることは間違いない。さっきのタウンボッデー寺院にしても、どうしてモンユワにはこれだけの金があるのだろう。

DSC03585022.jpg


例によってあまり参拝客もいないので、ミャンマー人一家が通りがかったところをすかさず1枚。彼らにとっては遊園地感覚かな?

DSC03578021.jpg


で、もう一体。
寝釈迦はシュエターリャウンと呼ばれる。体長111メートル。
これまたバンコクのワット・ポー(46m)、ヤンゴンのチャウッターヂー・パヤー(70m)、バゴーのシュエターリャウン(55m)を遥かに凌駕する。ミャンマー南部モウライミャンの郊外に建設中で、できあがれば体長180mを超える寝釈迦があるらしいので「最大」とは言い切れないが、まあ、とにかくでかい。

DSC03592023.jpg


足元のほうから見ると立像のレーチョン・サチャー・ムニも一緒に見えて、絵になる。
この近くに、この一角では唯一の売店があった。電気も通ってなくてクーラーボックスで飲み物を冷やしてる... というかもう夕方近いので冷えてさえいないし、缶ジュース1本に1ドル以上とられた気がしたが、たまらず購入。ここでレッドブルを飲んだのが、なんだかやけに記憶に残っている。

DSC03608024.jpg


寝釈迦の中に入ることもできるのだが、何だか、もういいや、という感じのほうが強くて、帰ることにした。モンユワに一泊するんだったらもう少し時間にも気持ちにも余裕があったかもしれない、ちょっともったいないことをした。
それにしても寝釈迦の頭を支える構造物、こんなにモロにビルの形にしなくてもいいのに...
ヤンゴンのチャウッターヂー・パヤーはちゃんと自分の手だけで支えてるし、バンコクのワット・ポーでは枕に見立てた構造物で支えている。

DSC03619025.jpg


ちょっと最後は文句ばっかり言ってる気がするが、この日は他が盛りだくさんすぎて、1日の許容量を超えてしまっていた感がある。モンユワ観光はぜひ1泊してゆっくりと。
その後マンダレーのホテルに帰り着いたのは9時頃だったかな。
近所にめぼしいレストランがないのは分かってたし、そもそも出かける気力もないので、スーパーで買い込んであった食料で晩飯を済ませた。

DSC03628026.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うんうん!間違いなくミャンマーで一番の高層建築物なんじゃないですか?ここ!
カメラに全体を収めるのが大変でしたしね(笑)

僕は上に登れるだけ登りましたけど、中は世界中から寄進された仏像が安置されてましたね~。
僕はそれよりも壁に描かれた地獄絵図とかがリアルで、今までの自分の行いを悔い改めるのでした(爆)

涅槃仏の枕!気付きませんでした!
こういうちょっと「外れた」所がミャンマーらしいですね!

ちなみにこの場所で僕の「ミャンマー裸足時間」の
最長を記録したと思います!(笑)

chempakaでした!
2014/08/11(月) 02:24 | URL | Chempaka #-[編集]
こんばんわ!
この写真を見て、私も牛久大仏を思い出しました。
初めて牛久大仏見た時、本当にびっくりしました。SF映画かなんかみたく、動き出しそうで。
しかし、これはキンピカ!もっとスゴイ!!
地震がきたら…大丈夫かしら。本当映画の見すぎかもしれませんが、色々想像してしまいます。
涅槃像もすごいですねー。
というか、記事を拝見しているとミャンマーは全体にキンピカで大きなものが多いように感じました。
2014/08/13(水) 21:18 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま 毎度です!

> うんうん!間違いなくミャンマーで一番の高層建築物なんじゃないですか?ここ!
> カメラに全体を収めるのが大変でしたしね(笑)

そうですよね!そのうちヤンゴンに高層ビルが建って、抜かれちゃうんでしょうけど、こんな国他にあるでしょうか?国内最高層建築物が、仏像!(笑)

> 僕は上に登れるだけ登りましたけど、中は世界中から寄進された仏像が安置されてましたね~。
> 僕はそれよりも壁に描かれた地獄絵図とかがリアルで、今までの自分の行いを悔い改めるのでした(爆)

へえ〜 あんなにたくさんのフロアを何で埋め尽くしてるのかと思ってました。
世界の仏像コレクションというのは面白いかも。

> ちなみにこの場所で僕の「ミャンマー裸足時間」の
> 最長を記録したと思います!(笑)

あれれ、そんなに長時間滞在でしたか!?僕はやっぱりシュエダゴオン・パヤーが最長だろうな〜
最近たまたま読んだ本なんですが、日本国内も色々変なのがあるんですね。Chempakaさん、巨大仏好きならいかがですか?→<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DRDHAWS/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00DRDHAWS&linkCode=as2&tag=meantime-22" target="_blank">「晴れた日は巨大仏を見に」</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=meantime-22&l=as2&o=9&a=B00DRDHAWS" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
2014/08/16(土) 11:23 | URL | hungrykaz #-[編集]
↑あ、うまくリンク貼れなかった... 上の行のアマゾンのリンクをどうぞ。
2014/08/16(土) 11:30 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんにちは!

> この写真を見て、私も牛久大仏を思い出しました。
> 初めて牛久大仏見た時、本当にびっくりしました。SF映画かなんかみたく、動き出しそうで。

うわ、牛久大仏見に行ったんですか!? pregoさんも巨大仏好き?だったら上のコメントの本「晴れた日は巨大仏を見に」をどうぞ。

> 地震がきたら…大丈夫かしら。本当映画の見すぎかもしれませんが、色々想像してしまいます。

いやー耐震設計とかしてないでしょうね〜
まあ、そのままゆら〜っ、バタン、と倒れても、周囲には何もないので被害はあまりなさそうですが。

> 涅槃像もすごいですねー。
> というか、記事を拝見しているとミャンマーは全体にキンピカで大きなものが多いように感じました。

金ぴかは間違いないですね。本当にありがたいもの(仏塔、仏像)には惜しげも無く金を使い、そうでないものは慎ましく。
大きいものが多いのは、僕がそういうものを好んでご紹介するせいかもしれません(笑)。やっぱり観光で行くからには、そこいらへんのごくありふれた寺よりは、巨大仏で有名な寺!とかに行っちゃいますからね。
2014/08/16(土) 11:35 | URL | hungrykaz #-[編集]
いや~巨大仏、ほんとにビッグですねぇ(笑)!!
個人的な顔の好みは、立像よりも寝釈迦かも~♪

ず~っと昔、茨城に転勤してたことがあって、
クルマで牛久のあたりを通ることが多く、度々牛久大仏を見かけましたが、
やっぱりゴールトのこっちのほうが、断然ありがたみを感じます(笑)!!
2014/08/17(日) 17:20 | URL | キュウ親 #-[編集]
Re: タイトルなし
キュウ親さま こんにちは!

> いや~巨大仏、ほんとにビッグですねぇ(笑)!!
> 個人的な顔の好みは、立像よりも寝釈迦かも~♪

おや、そうですか。寝釈迦さまのほうが、なんとなくおかしな顔をしてる気がしますが、そこがいいのでしょうか(笑)

> ず~っと昔、茨城に転勤してたことがあって、
> クルマで牛久のあたりを通ることが多く、度々牛久大仏を見かけましたが、
> やっぱりゴールトのこっちのほうが、断然ありがたみを感じます(笑)!!

おっと、キュウ親さまも牛久大仏見てましたか!
グレーっぽい落ち着いた感じよりも、ゴールドにありがたみを感じるというキュウ親さまは、ちょっとアジア的な感覚をお持ちなんですかね?日本で金ぴかをやっちゃうと、下品だとか趣味が悪いとか言われる気がします(笑)
2014/08/23(土) 09:26 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。