hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンユワ郊外の小宇宙、タウンボッデー寺院の続き。
あまりにも気に入ったので、前回と同じような絵が続くが...

これ、同じ場面を何枚も写真撮ってるわけではない。一辺が30メートルぐらいはある、かなり大きな本堂なのだが、その中がびっしり、どこを切ってもこの状態なのだ。それはもう圧巻としか言いようがない。

DSC03481002.jpg


仏像たちの顔にも統一感があり、それぞれの存在やその配置に並々ならぬこだわりを感じる。
ちょっと見ていたら、やっぱりこの寺はあまりに異質なので、こんなに仏像がたくさんあっても有難みを感じないという意見を見かけた。まあ確かにそうとも言えるのだが、この寺は違う味わい方をすべきだろう。
建物全体をひとつの仏教芸術作品だとみなせば、誰もがこの凄さに圧倒されるはずだ。

DSC03476004.jpg


さて、外観。これがまた、凄い。人によってはこっちによりインパクトを感じるだろう。
塔の少し緑がかって見える部分、ここにまた小型仏像がずらりと並ぶ。
いったいこの形になってどのぐらい経つのか分からないが、古びた感じはまったくしない。あまりにも個性が強すぎて年齢不詳な人、みたいな感じ。

DSC03517010.jpg


で、このお寺、この建物だけではない。いくつもの建物が周囲に建ち並ぶ。
それがいちいち派手で立派な洋館風なのだ。

DSC03487004.jpg


こんなの、普通に「立派な家」だ。まあ、こんな色にはしないにしても。
これらは扉が閉められていて中が何なのかわからない。まさかここに坊さんが住んでるわけじゃないよな...

DSC03493005.jpg


何軒もある。それぞれに(弱そうではあるが)門番の像が立っているので、何かしら仏教的な意味のある建物ではあるのだろう。中には秘密の仏像

DSC03496006.jpg


この塔は登れるらしいのだが、この時はそれに気づかなかった。というか、どう行けば階段のふもとへたどり着けるのかわからない。なんかもうテーマパーク気分だ。

DSC03501007.jpg


比較的、普通のミャンマーの寺に近い建物も一角にあるが、この建物群の中では格段に地味だ。
手前にずらっと並ぶ仏塔の装飾の細かさは、どちらかというとミャンマーよりもタイ風を思わせる。

DSC03502008.jpg


で、本館に戻って来る。やっぱりこれは凄い。
中は細かく壁で仕切られて全体の構造がわかりにくいが、外から見ると、2つの建物を間でつなげたような構造になっている。

DSC03526012.jpg


奥にあるほうは一層外観が派手で、もうこれは仏塔群というより針山だ。
仏塔や仏像という、ひとつひとつは有難いモノを、とにかく数集めて幾何学的に並べることで不思議な、ある種不気味な存在感を醸し出してしまうのは、建物の中も外も共通したセンスだ。
さすがの僕もこの外観はちょっとやり過ぎだと思うが(笑)、建物の中は期待通りの凄さで、とても良かった。タウンボッデー寺院。

DSC03521011.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
す、すごいですねー。
細かい仏像がイッパイなのもそうですが
建物の装飾や色、なんかインドっぽいような…(ってインド行った事無いんですがwシンガポールのインド人街等参考…)
圧巻です…ミャンマーのお寺、本当スゴイですね。
そして色々なデザインというか形があるのだなぁと想いました。
2014/08/03(日) 22:13 | URL | prego #-[編集]
何かもう、ミャンマー国内に仏教芸術ランキングみたいな暗黙の競争があるんじゃないですかね?(笑)
ヤンゴンのシュエダゴォンパヤーは別格として、各地域の有名所の寺院と張合ってるみたいな。そう、ライバル意識みたいな。

それに僕とかhungrykazさんのような外国人観光客の方が絶対に地元のミャンマー人よりも国内の有名な寺院を観まくってると思うんですね。
やはりまだまだ自由にあちこちの寺院を巡るだけの経済的な余裕がないと思うんです。ミャンマー中の有名な寺のミニチュアを集めた場所もあったりしますからねえ~

だからこそ、地元にミャンマーで一番の寺を!!って意識が働くという・・・考えすぎかな?(笑)

それと日本の一国一城の感覚じゃないけど国(地域)の象徴と言うか領主(その地域の高僧)同士の面子みたいな物もあるんじゃないかと・・・

やはりあの洋館群は謎ですね~~

chempakaでした!
2014/08/03(日) 22:23 | URL | Chempaka #-[編集]
タウンボッデー寺院...、
内部の壁が、なんだか音を吸収する防音壁みたいと思ったら、
ミニ仏像が規則的に配置されているのですねぇ(驚)!!

本館の外観デザインは、何だか押し出しが強くって、
アジアンだけどアジアン離れしているような、
そんな感じがします~(笑)。
2014/08/04(月) 20:27 | URL | キュウ親 #-[編集]
こんばんは!
相変わらずhungrykazさんのページに来ると、ディープなミャンマーに出会えて、
はやくミャンマーに行っておかないと、
こんな景色がなくなっちゃうかも!?
という焦燥感に駆られます(笑

それにしてもものすごい建物ですねー。
4枚目のオレンジの洋館風のと、
最後の針山みたいな2枚が気になります!

私ごときがおこがましですが、
なんか結構ミャンマーっぽくない気がしますが、他の地域にもこんな風味の建物あるんですかね??

では♪
2014/08/04(月) 23:29 | URL | ぽっつ #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんにちは!

> す、すごいですねー。
> 細かい仏像がイッパイなのもそうですが
> 建物の装飾や色、なんかインドっぽいような…(ってインド行った事無いんですがwシンガポールのインド人街等参考…)

たしかにヒンドゥ寺院は細かい装飾がごちゃっとしててカラフルで、通じるものもありますが、やっぱりこの寺は独特ですね。とくに「ミャンマーらしい」というわけでもない、本当に独特のセンスだと思います。

> 圧巻です…ミャンマーのお寺、本当スゴイですね。

発想が自由というのもありますが、資金力が凄いなあと思いました。メインじゃない建物の洋館だって、けっこうなコストがかかってますよ。

> そして色々なデザインというか形があるのだなぁと想いました。

ミャンマーやタイは、信者を集められてなんぼ、というところが、ちょっとあるように感じますね。
まあ、真面目な仏教徒が「変な寺だから行ってみよう」と考えるかどうかは分かりませんが...
2014/08/09(土) 09:16 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま 毎度!

> 何かもう、ミャンマー国内に仏教芸術ランキングみたいな暗黙の競争があるんじゃないですかね?(笑)
> ヤンゴンのシュエダゴォンパヤーは別格として、各地域の有名所の寺院と張合ってるみたいな。そう、ライバル意識みたいな。

ライバル関係ってのは、あるかもしれませんね〜

> それに僕とかhungrykazさんのような外国人観光客の方が絶対に地元のミャンマー人よりも国内の有名な寺院を観まくってると思うんですね。
> やはりまだまだ自由にあちこちの寺院を巡るだけの経済的な余裕がないと思うんです。ミャンマー中の有名な寺のミニチュアを集めた場所もあったりしますからねえ~

それはある!と思います。
彼らにとっては基本的に寺ってのは地元のに行くもんであって、わざわざ出かけるとしたら、せいぜいシュエダゴオン・パヤーぐらいなもんなんでしょうね。
何だかそれだけに、モンユワみたいな土地に、これほどの資金力をもつ寺がぽっとあるのが不思議で。

> やはりあの洋館群は謎ですね~~

何なんでしょうね〜
やっぱもう一回ゆっくり行きたいなあ、モンユワ。あの寺で一日過ごしてもいいです(笑)
2014/08/09(土) 09:21 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: タイトルなし
キュウ親さま こんにちは!

> タウンボッデー寺院...、
> 内部の壁が、なんだか音を吸収する防音壁みたいと思ったら、
> ミニ仏像が規則的に配置されているのですねぇ(驚)!!

音を吸収する壁!たしかに!実はそんな効果も兼ねてたりして(笑)

> 本館の外観デザインは、何だか押し出しが強くって、
> アジアンだけどアジアン離れしているような、
> そんな感じがします~(笑)。

そうですねえ、もう「なんとか風」という表現を許さない、独自の世界観ですよね。
ただ、外観は「変」ではあるけど、僕はあまり美しいとは感じなかったんですよね。その一方で内装は、もう興奮してしまうぐらいハマりました。あれだけインパクトのある空間が、広い建物の中に隙なく、完全に統一感を保って展開されるさまは、それはもう圧巻でした。この細かい仕事の徹底ぶりは、やっぱりインドとか中国とか、「アジア的」なものなんですかね?
2014/08/09(土) 09:26 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: こんばんは!
ぽっつさま こんにちは!

> 相変わらずhungrykazさんのページに来ると、ディープなミャンマーに出会えて、
> はやくミャンマーに行っておかないと、
> こんな景色がなくなっちゃうかも!?
> という焦燥感に駆られます(笑

そうだ!早く行きましょう、モンユワへ!(笑)
タウンボッデー寺院はなくならないとは思いますが。

> それにしてもものすごい建物ですねー。
> 4枚目のオレンジの洋館風のと、
> 最後の針山みたいな2枚が気になります!

ぽっつさんは外観派ですか。僕は圧倒的に内装派です。この寺の楽しみ方に限っての話ですが。

> 私ごときがおこがましですが、
> なんか結構ミャンマーっぽくない気がしますが、他の地域にもこんな風味の建物あるんですかね??

いやいや僕が言うのだっておこがましいですが(笑)、こんなのは他にないんだろうな、と思います。そういう僕だってミャンマーはいくつかの主要なエリアを見て回っただけですから、この国のディープさはまだまだ理解できてないだろうと思ってます。
バンコクには何度行ったかわかりませんが、それでもタイの寺事情なんて何も分かってないですから、それと同じなんだろうな、と。
2014/08/09(土) 09:37 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。