hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レダン島2日目。午後からのシュノーケリングツアーについては前のエントリーで既に書いちゃったので若干順番が前後するけど、この日の朝から午後にかけて。
朝。コテージの窓から日が差し込んでくる。ガラッとドアを開けると、こんな風景。毎日こんななら、もうちょっと寝覚めがいいのにねえ。



これは、この日のリゾートでのランチ。ランチとディナーはだいたい毎回ごはん、スープ+おかず4品+デザートで、おかずは牛肉、鶏肉、魚、野菜、というのが典型パターン。味付けはだいたいおいしいのだが、牛肉が毎回けっこう固くて、食うのに疲れた。それなりに工夫して毎食違うメニューを出してはくれるのだが、やっぱり料理人のクセが出るものなのか、毎食ずっと同じレストランで食ってると不思議と飽きてしまうものだ。



いつもあまり混んでないので、窓際の席を確保できる。そうすると、こんな景色を見ながら食事ができる。極楽。



リスを餌付けしてるようで、年中そのへんをちょろちょろしてるのだが、この日はちょうどメシを食ってる席のところに登場。パンを細かくしてあげてみたら、手のひらから直接もっていった。だいぶ人慣れしてるのかな。



小さなパンのかけらをいつまでもカリカリ食っている。あーやっぱりリスってのは小さい動物なんだねえ、と手のひらにまだたくさん残っているパンくずを見て思った。果たしてリスにパンを食わせるのがいいのかはよくわからんが、まあ小麦だと思えばまずいことはないだろう。



これはリゾートから5分ほど歩いたところにある商店。お菓子とか飲み物とか、別にたいしたものは売ってないが、少なくともビールを売ってるので重宝する。ただ、リゾートのバーで頼むのと倍も値段が違うわけではないので、どうしてもここで買い置きしておくべき、というほどではない。
リゾートにも一応小さなショップがあるが、普段は鍵がかかっててて、スタッフに頼むと都度開けてくれる。ちょっとした菓子と、レダン島土産のTシャツと、日焼け止めやサングラスとかがある程度であまり期待はできない。



じゃあこの後は、隣近所のリゾートを覗いてみよう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。