hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪03月   2017年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュエダゴォン・パヤーの奇跡の夕焼けに感動した後は、夜のお寺を満喫。
ほかの回で夜のシュエダゴォン・パヤーの写真はたっぷり載せているので(その1その2その3)、ここでは簡単に。

ミャンマーのお寺は、祈りの対象である仏様だけでなく、仏様に対して祈っている僧侶とか、場所によっては一般人までが像になってジオラマのようになっているのが面白い。

DSC02279014.jpg


本当にここは何時間居ても飽きない不思議な魅力がある。

DSC02276013.jpg


帰り道の階段。やっぱりここの階段は全然露店がない。
それにしても、これだけで立派な建築物だよなあ。これが単なる入り口の通路で、東西南北それぞれにあるってんだから、凄いよなあ。

DSC02295015.jpg


シュエダゴォン・パヤーからカンドーヂ・パレス・ホテルまでの道のりには、ほとんど店らしきものはないので、ホテルに戻ってから晩飯。ルームサービスでカレーやら炒め物やら頼む。ホテル価格だが、味もそれに見合って美味い。

DSC02301016.jpg


さてヤンゴンは1泊だけの慌ただしい滞在で、翌朝はまだ暗いうちに起き出してチェックアウト。これからマンダレーに向かう。
マンダレーのあとまたヤンゴンに帰ってきて1泊する、というちょっと変則的なコースだが、これもミャンマーの旅行会社に行きたいところを伝えて日程を調整してもらった結果だ。

DSC02309018.jpg


ヤンゴン空港国内線ターミナル。やっぱりここは朝いちが一番混雑してる。

DSC02313019.jpg


ホテルの朝食時間はまだ始まってなかったので弁当ボックスを持たせてもらった。
日本でケーキを買った時に入れてくれるような、かなり高さのあるデカい箱だが...

DSC02314020.jpg


中身はちょっと寂しい。リンゴがゴロって。別にいいけどさ。

DSC02316021.jpg


ようやく明るくなってきた頃、乗り込む。まあ、これだけ朝早く行動すれば一日が有効に使えるので、いいことだよね。

DSC02320017.jpg


またパンだけど、据え膳は食う。

DSC02322001.jpg


マンダレーには前回も行ったけど、今回はマンダレーを拠点に周囲の町にも足を伸ばしてみる。とくに、ちょっと怪しげなモンユワに行くのが楽しみ!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お弁当の箱、素敵ですね。
ただの白い箱かと思いきや、こんな写真入りの箱なんですね。
中身の重かったものはリンゴとは!
意外な展開で笑えました。リンゴは食べましたか?(^^)
2014/06/14(土) 13:48 | URL | prego #LGMymBuo[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんにちは!

> お弁当の箱、素敵ですね。
> ただの白い箱かと思いきや、こんな写真入りの箱なんですね。

まあ写真入りできれいなんですけどね、でかいんですよ。ケーキが丸いまま入ってるんじゃないかという大きさで、これを連れと2個持たされるとけっこうな荷物で。

> 中身の重かったものはリンゴとは!
> 意外な展開で笑えました。リンゴは食べましたか?(^^)

なんかゴロゴロするなーとは思ってたんですけどね(笑)
リンゴはおいしくいただきましたよ。
ところでリンゴってアジアも含めどこへ行っても(少なくともホテルでは)定番の果物ですが、寒いところで採れるものですよね?あちらで採れるのかな?もしや中国あたりからの輸入物?
2014/06/15(日) 09:20 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。