hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリランカの旅もこれで終わり。ヘリタンス・カンダラマをチェックアウトし、一路コロンボへ向かう。

DSC05006015.jpg


ヘリタンス・カンダラマは文句なしの高級ホテルだが、そこへ通じる道は、こんな心細い、舗装もしてない一本道。なんか後から写真を見ると、緑の中をオレンジ色の一本道が貫く絵は、ちょっとオシャレにさえ見えるが、現場では心細いガタゴトの道、という印象。

DSC05011017.jpg


途中、スーパーに寄ってもらった。スリランカでは幹線道路沿いにどこでも見かけたフードシティ

DSC05044018.jpg


日本のスーパーのように品数重視ではなく、同じ商品をずらーっと並べるアメリカンなスタイル。
インスタントラーメンは各社とも黄色やオレンジが基調で、売り場が鮮やかだ。スリランカのレストランで麺を食べる機会はなかったが、インスタントラーメンはかなりポピュラーな模様。その中でも、チーズ味を多用してるのが面白い。チキンチーズ味とか、カレーチーズ味とか。感覚的にパスタに近いのかも?

DSC05031019.jpg


途中、ちょっと眺めのいい湖畔で、結婚式の撮影をしていた。
暑い国だけど、正装だと(特に男は)それなりに着込むんだなあ、と思ったが、やっぱり袖は半袖だったりする。

DSC05051001.jpg


町の風景。
この国にはとにかくバスとトゥクトゥクが多い。だから東南アジアの国にありがちな、バイクの洪水というのは、ほとんどない。もしかすると、「所有欲」をあまり善しとしない仏教の教えと、公共交通機関の普及度には相関関係があるのかも?

DSC05058002.jpg


家具屋の前でなぜかスイカを広げて売ってるあたり、若干混沌としてるようにも見えるが、しかし注目すべきは、道にゴミが一つたりとも落ちていないこと。道路などのインフラがまだまだ整備されてなかったりするが、それでも我々日本人がそれほど違和感を感じずに、むしろこの国に居心地の良さを感じるのは、こういうところにもあると思う。

DSC05068003.jpg


で、空港に到着。ガイドさんには1日あたり1000ルピー(800円)ぐらいチップを渡すのが相場、と複数の本に書いてあったのでそれを信じて結構な額のチップをあげてしまったが、正しかったのだろうか。こちらの物価を考えると、ちょっとあげすぎな気がするのだが。

DSC05088008.jpg


空港ロビーに仏像があるのも、最初は面白いと思ったが、こうしてスリランカ各地で仏像を見まくってきた後だと、ごく自然な存在に感じられる。

DSC05097010.jpg


空港内にはもちろん(?)仏教グッズを扱う店も。お祈りに実際に使う道具から仏像やお経のCDなど興味深い。日本のこの手の店はお線香とかお数珠とか扱って、まあ普通は店内がかなり渋い感じなのだが、こちらは金を多用し、仏教の五色旗も原色を使っているので、とにかく色鮮やかで、華やかだ。店員さんも満面の笑みで流暢に英語をしゃべる。

DSC05090009.jpg


自然たっぷりで、どちらかというと垢抜けない印象ばかりお伝えしてきたスリランカだが、このODELというブランドはなかなか洗練されている。伝統的な柄とか象の絵とか、題材は観光客向けなのだが、それをいかにもお土産風ではなく、普段でも着られるような洗練されたデザインにしている。各国に、もっとこういうブランドがあっていいと思う。

DSC05087007.jpg


こちらは薬屋。アーユルヴェーダの国だけあってスーパーにも仙人の絵がパッケージに描かれた風のちょっと不思議な薬とか売っていたが、この黄色い箱の風邪薬がどこでも大々的に売られている。お湯に溶かして飲む漢方薬で、生姜の味が強い。って実はこれ、前回スリランカに来たときに空港であまりにもよく見かけるので試しに買って帰ったら、風邪の引き始めに飲むと案外効く気がするので、今回は大量に買って帰った(笑)。

DSC05084006.jpg


さて、いよいよスリランカを離れる。とてもいい国だ。今回はゴールや東海岸など、海を全然見られなかったので、次回は海系で、ぜひまた来よう。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
結婚式の写真、きれいですね。
男性の服のデザインが凝っていて面白い。
手前のサリーを着たワカメちゃんカットの子は男の子のようにも見えます(ごめんなさい~)

空港はきれいですね。新しいようにも見えますがちがうのでしょうか?
お土産物も興味深いです。見た事無いようなものが沢山ありそう。
薬屋さんの風邪薬買ってみたいなぁ。

やはり次の旅の目的地はスリランカかなぁ~(^^)
2014/05/10(土) 13:38 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま まいど。

> 結婚式の写真、きれいですね。
> 男性の服のデザインが凝っていて面白い。

この点はやっぱりインド文化に通じるものを感じましたね。
東南アジアには公式な場であっても、こんなごっついものを着る文化はあまりないですよね。

> 手前のサリーを着たワカメちゃんカットの子は男の子のようにも見えます(ごめんなさい~)

なんかこの子は、おなかがぽっこり出てるのがかわいいです。

> 空港はきれいですね。新しいようにも見えますがちがうのでしょうか?

きれいではありますが、そんなに新しくないと思います。

> お土産物も興味深いです。見た事無いようなものが沢山ありそう。
> 薬屋さんの風邪薬買ってみたいなぁ。

仏教国で、土産物によく使われる題材としては象、なんだけど、やっぱりタイとはひと味違うんですよね。
怪しさ満点のもありますが、まあ植物が中心の漢方だとわかれば(パッケージにそういう絵が描いてあれば)なんとなく安心ですかね。

> やはり次の旅の目的地はスリランカかなぁ~(^^)

お。きましたね。
アーユルヴェーダとか紅茶とか、西海岸に点在するバワが建てたリゾートホテルとか、そういうのをメインにした女子旅の本なんかも出てるし、「世界遺産めぐり」だけじゃない旅もいろいろできると思います。
2014/05/11(日) 09:47 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。