hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーギリヤ・ロックの中腹から、いよいよ頂上に向けて出発。
最後がいちばんの難所で、この階段を登る。まあ、この角度で見るとそれほど怖くないのだが、実際は...

DSC04859004.jpg


こんな風に、何もない空に向かって階段を登って行く。本当に、空に向かって歩いているようで、かなりスリリング。風も吹いているので、さすがに誰もがしっかりと手すりを握りながら歩く。

DSC04786-(1)026.jpg


途中から上りと下りで階段は分かれる。どっちにしても一人分の幅しかないので、前でお年寄りがゆっくりゆっくり進んでたりするといつまでもここで風に吹きさらされないといけない(下りがそうだった)。

DSC04790 (1)027


これを登りきると、頂上だ!
かつての王宮の跡、といっても建物は何も残っておらず、基礎があるだけ。マチュピチュや、最近流行の竹田城跡(の画像)なんかで見た光景だ。あと、「天空の城ラピュタ」がよく引き合いに出される。

見渡す限りの森、山。ここに都が築かれたという1500年前と、きっとあまり変わらない風景だろう。
ここに都を築いたカーシャパ王について。アヌラーダプラに都があった時代。ダートゥセーナ王にはカーシャパと、その弟モッガラーナという2人の息子がいた。しかしカーシャパの母親は平民の血筋なのに対し、弟モッガラーナの母親は王族なので、モッガラーナが王位を継承するのではないか... とカーシャパは恐れ、父親を監禁して王位を剥奪する。
弟モッガラーナは身の危険から、いったん南インドへ亡命した。

DSC04805 (1)028


カーシャパは、隠してある財産をすべて差し出すよう父親に要求するが、父親がそれに応えなかったため、殺してしまう。その後カーシャパは狂ったのか、あるいは弟の復讐を恐れたのか、アヌラーダプラから離れ、陸の孤島とも言える切り立ったシーギリヤの岩の上に宮殿を築き、都を置いた。

DSC04813 (1)029


11年後、軍勢を整えた弟モッガラーナが南インドから攻めてくるとカーシャパの軍は破れ、カーシャパは自害した。
モッガラーナはシーギリヤを仏教施設として寄進し、都をアヌラーダプラに戻した。

もともとは「シーギリヤ・レディ」が描かれる岩肌以外にも、色々なところに壁画があったのだが、仏教施設として使われた時代に、修行の妨げになるからと意図的に削られて消されてしまったのだそうだ。

DSC04833 (1)031


「王のプール」は今もなみなみと水を湛える。雨が少ない地域なので雨水ではなく、「岩」の上なので湧き水というわけでもなく、なぜ水が満ちているのかは謎、なのだそうだ。

DSC04830 (1)030


頂上を一通りうろうろして20分ぐらい。180メートル×100メートルほどの敷地が、かなりしっかり整備された状態で残っている。ここにびっしりと宮殿が建っていたら、それはさぞかしインパクトのある光景だったことだろう。

何でこんな都から離れたところに宮殿造るんだよ... と家臣たちは不満をもっただろうし、ここに宮殿を造らされた労働者たちは命懸けで働かされて不満をもっただろうし、弟に攻められるまでもなく滅びる運命だった気はするが、何にしろ、ここに都を造ってしまったという実行力は、凄い。

さて、下りは、またあの階段だ...

DSC04842003.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
今回はてっぺんですねー
上はやっぱり見てみたいなぁ~。
で、でもこの階段は…や、やっぱり無理かも…。
途中で渋滞で風邪に吹かれる→待つというのが厳しそう~。
名前に反してすごい岩だなぁ。
おとなしくこちらで堪能させていただきます~
2014/04/13(日) 23:18 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんにちは!

> 上はやっぱり見てみたいなぁ~。
> で、でもこの階段は…や、やっぱり無理かも…。

ここがいちばんの(心理的な)難所でしたね。
あいにく僕のときは天気もイマイチで、ときどきぱらっと小雨が降るような感じで、雲が空を覆い、風も吹いて。。。という感じなので、空へ向かって登る階段は迫力がありました。

> 途中で渋滞で風邪に吹かれる→待つというのが厳しそう~。

さすがに僕は帰り道にはちょっと慣れてて、その待ち時間に写真を撮るという余裕が出てましたが(笑)

> おとなしくこちらで堪能させていただきます~

はい、ぜひ。シーギリヤ・ロックにエレベーターが設置されるまでは。
2014/04/19(土) 09:30 | URL | hungrykaz #-[編集]
心理的な難所(笑)
ここ確かに風が強いと怖そうですね!
手摺を持つ手に力が入ります(笑)

かつての王の実行力も凄いけど、建造に携わる
人々の気持ちをも掌握できる威厳とパワーに
脱帽です。

ほんと何で水が涸れないのかなあ~~

chempakaでした!
2014/04/20(日) 00:46 | URL | Chempaka #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま 再び毎度!

> 心理的な難所(笑)
> ここ確かに風が強いと怖そうですね!
> 手摺を持つ手に力が入ります(笑)

いわゆる山登りに比べれば別にどうってことないんでしょうが、一般人向けの観光地としては怖い部類ではないかと思います(笑)
何と言っても手すりや階段の類が、見るからに年期が入ってて、サビサビだったりするところが不安を煽ります。

> かつての王の実行力も凄いけど、建造に携わる
> 人々の気持ちをも掌握できる威厳とパワーに
> 脱帽です。

いま改めて思ったんですけど、ここにしても、エジプトやマヤのピラミッドにしても、それを建てさせたという王様は、どこまで直接的に関与したんだろうな、って。例えば東京スカイツリーって、1000年後には、誰が建てたと伝えられるんだろう。実際には民間のプロジェクトなので、明確に「誰」って言うのが難しいんですが。当初は石原都知事も建設に批判的だったみたいだし、そうなると開業当時の首相か?(←野田さん 笑)
いや、まあ、当時の王様にはもっと絶対的な権力も威光もあったとは思いますが。
2014/04/20(日) 09:36 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。