hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコクの王室寺院ワット・ラチャナッダーラム。黒い鉄塔の建物、ロハ・プラサットはなかなかの見所だが、観光客は少ない。ちょっと休憩しようと思って建物の脇に回ってきたら、誰もいなかった。

DSC_0394012.jpg


天使を模った鉄柵のふもとには、折り重なってひなたぼっこする猫たち。

DSC_0392013.jpg


建物の外にも、あちこちに猫がいる。ここは敷地が広くて人も少ないので、猫たちにとってはいい住処だ。たぶん僧侶からおこぼれのご飯ももらえるだろうし。

DSC_0397011.jpg


このお寺を建てさせたラーマ3世はとくに信心深い王様で、50以上の寺院を建てさせたそうだ。
本堂も、とくに華美なわけではないが、天井が高く、色使いのセンスがとても上品で、美しい空間だ。抑えた色味の青を基調にした壁画と、茶色い天井の配色、その中でご本尊がいっそう光り輝いて見える。見事な配色センスだ。床の真っ赤な絨毯はどうかと思うが、これは後の世代が勝手にやってることだろうからなあ。

DSC_0407010.jpg


一段高くなったところには僧侶が座り、信者たちに聖水を振りかけている。

DSC_0412002.jpg


大通り沿いの正門ではなく脇の門から出てみると、いきなりバンコクの下町らしい、運河沿いの生活風景だ。

DSC_0414001.jpg


運河沿いに大通りへ向かっていたら、向こうに丘の上のお寺が見える。ゴールデン・マウンテン(ワット・サケット)だ。よし、あそこまで行ってみよう。

DSC_0416009.jpg


目標が分かり易いので道には迷わないのだが、けっこう凄い道を行く。車通りの激しい道の、歩道だけがいつのまにか枝分かれし、路地に入り込んでしまった、左側は高架になった道路、右側は民家が建ち並ぶ。

DSC_0418008.jpg


途中にあった、ほとんど誰も気にも留めていないような祠。木の根元に仏像が埋もれているのはアンコールワットみたいだが、まあ、これは木が長い年月をかけて仏像の周りに根を張ったわけではなく、仏像を後から置いたものだろう。たぶん。

DSC_0420007.jpg


ワット・サケットのある通りまで来ると、なんだか凄いにぎわいだ。この辺りは地下鉄やBTSの駅もないのでバンコク滞在の強い味方「歩くバンコク」の掲載範囲外なのだが、普通の住宅街を抜けるといきなりにぎわってるエリアに遭遇する意外性があって面白い。バンコクって、もう何度来てるか分からないぐらい来てて、結構分かったつもりになってたけど、やっぱりでかい街だよなあ。

DSC_0422006.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。