hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪03月   2017年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前中の水中寺院ツアーからいったんホテルへ帰って、少し休憩して、夕暮れ時になってきたので、シュエタゴォン・パヤー参拝へ出発。
地図で確認する限り、ホテルからは徒歩20分という感じ。
カンドーヂー湖沿いの道をずっと歩くのだが、道の片側は湖(有料の公園なのでフェンスがあって、湖のすぐ近くは歩けない)で、もう片側は東京の港区みたいな雰囲気とでも言うのか、大きな敷地で、しっかり警備された立派な建物(たとえば日本大使館)が立ち並ぶエリアで、あまり歩いていて面白いエリアではない。
そんな道を15分ほど歩いて、ようやく参道へつながる門前町の入り口にたどり着く。さらに5分ぐらい歩いて、シュエタゴォン・パヤーの姿が間近に見えてきた。やっぱ遠いや。僕は歩くの好きだからいいが、皆さんにはお薦めしない。

DSC_0917018.jpg


参道沿いにはお寺の関係施設が立ち並ぶ。ミャンマー語が読めないとどれが何なのかはわからないが、お坊さんが出入りしてたりするので、どれもお寺関係のようだ。こんな、見た感じちょっと西洋風の建物も、そのひとつ。

DSC_0919019.jpg


結局25分ぐらい歩いて、参道の入り口に到着。シュエタゴォン・パヤーに来るのはこれが4回目だが、この参道から入るのは初めてだ。
広々とした通路の両脇を、びっしりと店が埋め尽くす。仏像を売ってたり、土産物だったり、お供え物だったり、もともとそんなにじゃんじゃん儲かるような店ではないと思うが、それにしてもこっちが心配してしまうぐらい、みんな暇そうだ。
この参道はとてもいい感じなのだが、途中で一カ所ぶちっと途切れ、普通に道路を渡らないといけない箇所があるのが残念。こっちは裸足だし。

DSC_0922020.jpg


えっちらおっちらと参道を登り、やっと頂上へ。視界が開ける。ああ、あの光景だ。
ここの入場料徴収小屋はわかりにくくて、よく素通りして入ってしまうのだが、結局後で声をかけられて払わされるので、今回は自分から探して払いに行った... が、値上がりしててちょっとショック。前回、2012年5月に来た時は5ドルだったが、今は8ドルだって。個人的にはそれだけの価値があるとは思うが、ちょっと高いよなあ。

DSC_0923021.jpg


シュエタゴォン・パヤーにはいつも夕方ぐらいから来ているが、こんなに人が多いのは初めてだ。ミャンマー人の参拝客も多いし、外国人観光客もかなり多い。さも疲れたように祠の前に座り込んでいる観光客が多いのは、明るいうちからここに来ていて、暗くなってライトアップされるのを待ちくたびれた人々か。

DSC_0936023.jpg


まだ青みの残る空。パゴダの頂上に、一筋の光。100メートル弱もある頂上が光り輝いて見えるように、ひときわ強いスポットライトが当てられる。

DSC_0943024.jpg


人が少なくて静かなお寺もいいが、このお寺はやっぱり大勢の参拝客でにぎわっているのがサマになる。
そこかしこが黄金色に輝き、人の活気で満ちあふれ、なんだか幸せな気分になる。

DSC_0952026.jpg


無数に立ち並ぶ祠も、どれも人が大勢お参りしている。我々には区別がつかないが、それぞれに違うご利益があって、祈り分けているのだろう。

DSC_0947025.jpg


珍しく誰もいない祠を発見。大勢の仏像がいるけど、建物の装飾は質素だし、ご本尊っぽいのがどれだかわからないし、こういうところで人気の差が出るのかも。

DSC_0934022.jpg


さて、この1年ちょっとの間、ミャンマーは着実に「開放」が進んでいて、それをいたく実感したのが、ここシュエタゴォン・パヤーだった。入場料の大幅値上げもそのひとつだろうけど、境内のあちこちに、コレが進出!ATM!
この写真のは銀行の出張所の両替カウンターだが、あちこちにこういう小さな小屋が作られていた。何もこんな神聖なお寺の境内に作らなくてもいいじゃないか!と思ったが、実はここが空港と並んで外国人がいちばん集中する場所、つまり需要の高い場所だと考えることもできる。ミャンマー人ってのは案外そういう、非常に合理的な発想をする人たちなのかもしれない。

DSC_0960027.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
ミャンマー確実に変わりつつあるんですね。
境内にATMがあるんですね。
便利だとは思いますが、荘厳なお寺とATM。
なんだかミスマッチのような???
でも確かに合理的かも!
ここの境内の仲見世、ちょっと見てみたいです。
2014/02/01(土) 13:13 | URL | prego #-[編集]
入場料値上げ
hungrykazさん、こんにちは〜♪

シュエダゴォン・パヤーに四回参拝されて羨ましいです☆

エレベーターで上まで行きましたが、入場料の案内看板が張り替えられて8$になっていたので、値上げされたんだろうな〜なんて思いましたが、以前は5$だったんですね。

広すぎて一度だけではじっくりと見れなかったです(泣)
夕方〜ライトアップされてまで長めに滞在したんですが、時間が足りません・・・がボーッと眺めているだけで幸せな気分♡になりました。
また、日曜日生まれなので日曜日の祭壇にガイドさんに教わりながら、ミャンマー風の参拝をしてきました♪ また、サクセススポットで正座して瞑想体験してきました。瞑想後は、頭と身体が軽くスッキリ!! しました☆

今度は長い参道の階段を登ってみたいですよ〜。ミャンマーならではのディープな縁起物お土産もゆっくり見てみたかったです。

いつも記事アップを楽しみにしていま〜す♡
2014/02/01(土) 15:07 | URL | たーりん #-[編集]
感動してしまいすね!
こんにちは。
今でもシュエタゴォン・パヤー思い出すと幸せな気持ちになれます。
目の前に広がる煌びやかな祠や仏陀を前にした時の感動は、今でも忘れません。まるで雲の上の楽園にいる様な、そんな解放感がありました。
とても懐かしく記事を読ませて頂き、又幸せな気分になりました~!
2014/02/01(土) 16:36 | URL | evelyne #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんにちは。
そうですね、今回は時間がなくてヤンゴンのダウンタウンには行ってないのですが、ちょっと都心を外れたエリアでも確実に変化は感じました。以前は「ヤンゴンって車が少ないなあ」という感想でしたが、今回は何度も渋滞にはまりました!
境内のATMは明らかにミスマッチと言いたいところですが、実はもともとキラキラのライトアップで、仏様の後光にネオンをキラキラさせてるようなところなので、それほど違和感はない、というのが正直なところです(笑)
シュエタゴォンの仲見世は、次か、その次あたりで何枚か写真を載せますね。
2014/02/02(日) 10:18 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: 入場料値上げ
たーりんさま こんにちは!
シュエタゴォン・パヤー。ヤンゴンに行って、ここに行かないなんて、もったいなくて、考えられません!
エレベーターで上がったんですか。僕はまだ乗ったことがないです。よその寺では乗りましたが、案外、健康そうなミャンマー人でいっぱいでしたね(笑)
そう、1回ではとても見切れませんよね。だから何度も通うんです(笑)裏手のほうにある地味な祠も、どれも味があっていいですよ。20軒ぐらいのお寺を一か所に寄せ集めて見せてもらってるような感じですよね。

> また、日曜日生まれなので

お、僕も日曜日生まれです!年齢の数だけ水をかけろと言われ、え、そんなに?とめんどくさそうな反応をしたら、年齢÷10でもいいよと言ってくれました(笑)

あの参道は、僕もいつも通っていながら、露店を真面目に見て回ったことは、あまりないんですよね。帰り道はだいたいみんな店じまいしてるから、というせいかもしれません。
2014/02/02(日) 10:25 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: 感動してしまいすね!
evelyneさま こんにちは!

> 今でもシュエタゴォン・パヤー思い出すと幸せな気持ちになれます。

おお、感動を共有できてうれしいです。
お寺で厳かな気分になったり、立派な建築物や仏像を見て、すげえなあと思ったりすることはありますが、シュエタゴォン・パヤーで味わえる不思議な高揚感は、ちょっと他とは違うんですよね。

> まるで雲の上の楽園にいる様な、そんな解放感がありました。

なるほど。確かに丘の上で、視界に他に何も入らないし、ある意味それは事実かも。
そういうところにATM置いちゃいかんですね〜

evelyneさんの台湾ブログも楽しく拝見。リンクさせていただきました。僕も台湾好きですが、今のところ台北周辺のお決まりスポットしか行ったことがないので、もう少しディープな台湾旅行も、そのうち行ってみたいです。
これからもよろしくお願いします。
2014/02/02(日) 10:30 | URL | hungrykaz #-[編集]
ミャンマーのお寺にはあちこち行きましたけど、圧倒的にあらゆる意味でここが一番ですね~~。
僕も何周したかわからないけど、hungrykazさんも相当ぐるぐるしましたねえ~写真の内容で良くわかります(笑)

2周目からはガイドブックをカバンにしまって、のんびり座ったりしながら人間観察、電飾グルグル仏像観察で・・・

そうですか、値上げしましたか~入場料・・・
しかもATMも?WI-FIも?なんだか寂しいなあ~

chempakaでした!

2014/02/12(水) 00:14 | URL | Chempaka #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま毎度!

> ミャンマーのお寺にはあちこち行きましたけど、圧倒的にあらゆる意味でここが一番ですね~~。
> 僕も何周したかわからないけど、hungrykazさんも相当ぐるぐるしましたねえ~写真の内容で良くわかります(笑)

何しろこの2年ほどの間で4回目ですからね、もう見るポイントがわかってるというか(笑)
おっしゃる通り、ミャンマーに限らずタイも日本も含めて、いちばん幸せになれるお寺ですね。

> そうですか、値上げしましたか~入場料・・・
> しかもATMも?WI-FIも?なんだか寂しいなあ~

我々がたかが数百円のことでガタガタ言っちゃいけないんですが、あちらの物価水準を考えると8ドルってのはかなり堂々たる値段ですよね。
ATMやWi-Fiは、僕は割り切って許すことにしました。って何を偉そうに(笑)
このお寺はもはや単なるお寺ではなく、黙っていても人々や、外国人が集まって来る、渋谷や新宿のような場所なのだと。
今度行ったときは、入場料をスマホで電子決済ぐらいやってもらいましょう!
2014/02/12(水) 22:24 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。