hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルコサ・セリ・ネガラに到着。
1904年に当時のマラヤ連邦の英国大使公邸として建てられた由緒ある建物が、今はわずか13室、全室スイートルームのブティックホテルとして営業されている。建物の歴史的価値だけでなく、広大な庭園やバトラーサービスなどあらゆる面でクアラルンプールの最高峰に位置するホテルだ。
が、なぜかKLってほんとにホテルが安い。リッツみたいな欧米系超一流チェーンでも2万円台で行けるし、実はこのカルコサも、2万円台で泊まれるのだ。
空港から市街地を抜け、大きな公園の周りを走る立体交差の高速道路を複雑にくねくねと回って、途中から丘を登りはじめる。山道をしばらく登るとカルコサの看板が現れ、5分ほど山を登ったところでカルコサが姿を現す。
門で守衛が番をしてるのは、なんか
ホテルに到着するや、まずは担当のバトラーが出迎える。そしてオーナーが登場して挨拶。入り口を入ると、まずこんな階段。なんか映画で見た貴族の家みたいな。というか実際のところそれも遠からずだ。



チェックインカウンターなんて野暮なものはなく、まずは部屋に通されて、部屋でゆったりチェックイン。



上の写真はドアから入ってすぐの位置からみたリビングルーム。ここだけでも、並のホテルの一室より広い。
続いて奥の部屋、ベッドルーム。リビングよりさらに広く、いったい何畳ぐらいあるのか目分量では計測不能。



ベッドルームと続いている洗面所。ここだけで8畳ぐらいある。頑張ればここに一部屋作ることも可能。写真で右手奥に行くとトイレと、これまたゆったり広いバスルーム。



そして、ベランダ。これも10畳ぐらいはあるだろうか。っていちいち貧乏くさいか。部屋から出てくるとむっと南国の熱い空気に包まれるが、なんだかとても居心地がいい。



ベランダからの眺め。町の喧噪とはまったく無縁で、一面の緑。丘のてっぺんなので遠くまで景色がよく見える…のだが、実際は高い木に囲まれているのであまり見えない。が、KLタワーやペトロナス・ツインタワーのような飛び抜けて高い建物は、さすがに見える。
なんか避暑地というか別荘地みたいな雰囲気だが、実はKL市街の中心地から車で15分ぐらいしか離れていない。



このホテルについては、本家サイトのほうにもっと詳しくたくさん写真も載せているのでそっちもあわせてご覧下さい。次のエントリでは町に遊びに出かけよう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。