hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリランカの文化三角地帯めぐりの拠点に僕らが選んだのは、ヘリタンス・カンダラマというホテル。
この一帯は観光資源が豊富な割には大型ホテルが少なく、マリオット系やヒルトン系といった外資系大型ホテルなどはひとつもない。大自然を活かし、広い庭のあるリゾート系のホテルが町から離れたところに点在し、それ以外は各観光地の拠点となる町に小規模な宿がある感じ。

DSC04428 (1)14


文化三角地帯のちょうど真ん中に位置する町ダンブッラから、ぐるっと湖の反対側へ、山の中の一本道をひたすら進み、しまいには舗装がなくなって、対向車も来ないような鬱蒼とした森の中のガタガタ道を進み、不安でいっぱいになったところでようやくホテルの入り口らしきところへ到着する。
この時はもうどっぷり陽が暮れていたのでよくわからないが、完全に自然の中に溶け込み、一体化したホテルだ。

DSC04425 (1)13


スリランカにはジェフリー・バワという著名な建築家がいた。
「トロピカル・アーキテクチャーの第一人者」と言われても門外漢にはぴんと来ないが、高級リゾート・アマングループの創始者がバワ信奉者で、おおいに影響を受けているという。まあ、スリランカ政府から国会議事堂の設計・建築を依頼され、それができあがったタイミングでスリランカの首都をコロンボから現在のスリジャヤワルダナプラコッテへ移した、というエピソードのほうが凄いか(笑)。

バワ建築のホテルに泊まるためにスリランカへ旅するという人さえいるらしい。
そんな彼の代表作品のひとつが、このヘリタンス・カンダラマだ。

DSC04433-(1)15.jpg


ここまで載せた写真では、シャープでモダンな印象だと思うが、それでいながら自然と一体化していることが、随所で感じられる。ロビーの壁は突然、天然の岩がむき出しになっていたりする。ロビーや通路には基本的に壁はなく、外の空気がそのまま通り抜ける。
大型ホテルなので宿泊客も多いのだが、ものすごく広いので、人の気配を近くに感じない。

DSC04444 (1)17


ここも他のスリランカのホテルと同様、夕食はホテル内のレストランで食べるのが基本。もっとも、ホテルの外に出てもひたすら森が広がるだけなので、他に選択肢がないとも言える。
大げさではなく、あまりにも広いのでレストランが探せずスタッフに聞いて、ようやくたどり着く。やっぱり宿泊客全員がここに集中するので、ここだけは雑然とした雰囲気だ。
またもやカレーを食う(笑)。うまい。

DSC04439 (1)16


外は完全に真っ暗なので、食後は部屋でゆっくり。
すごく豪華というわけではないが、落ち着く。風呂がジャグジー付きで豪勢なのがいい。

一晩明けて、朝。
昨日は真っ暗で分からなかった、部屋のベランダからの景色をはじめて見る。ホテルの壁じたいが植物で覆われ、周囲の森と一体化している。窓から見える景色は森と湖。人工物はひとつもない。
バワが自らヘリコプターに乗り込んで建設地を選んだという、こだわりのロケーションだ。

DSC04447 (1)19


朝食を食いにレストランへ来ると、こちらも前の晩よりもだいぶ様子が分かる。
朝早い時間帯は日本人をはじめアジア系が多い。我々は旅行日程が短いので、朝早く観光に出発する。
欧米人はここに何泊もするので、慌てない。
下手するとこのままホテルの全容がよく分からないままチェックアウト、なんて事にもなりかねないが、そこは考えて、このホテルには2泊することにしている。

DSC04463 (1)21


典型的な洋食にしてみた。森の中の不便な土地だから、という妥協は料理の品揃えにも、質にも一切ない。

DSC04461 (1)20


この写真の右側が、今まで居たレストラン。外に出たところでシェフが卵料理とかを作ってくれる。さらに外へ出て来ると、庭になっている。

DSC04480 (1)23


庭を少し進んで、レストラン方向を振り返る。写真中央に黒い屋根部分だけが見えて、あとは木々の中に姿を消してしまった。これが、「自然と一体化した」と言われる所以だ。
もちろんそういう表面的なことだけでなく、すぐ隣の湖には排水せずにすべてリサイクルするとか、1階は雨水や動物が通り抜けられるような構造にしているとか、環境面でもまさに自然と共生する配慮がされている。

DSC04472 (1)22


部屋へ戻る途中の通路からの眺め。
これはぜひ、ゆったりと連泊して、丸一日をのんびりホテルで過ごしたい。が、我々は朝から観光に出かける。
また来なきゃいかんね、これは。

DSC04490 (1)24



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!
このホテル気持ちよさそうですね。
写真を見ていて、見ている私が深呼吸をしたくなりました。
緑がとても綺麗でそれでいてモダン。
ホテルのHPを見たのですが、
お風呂は外の景色が見えるようになっているようにお見受けしましたが…
朝入ったら気持ちよさそうだろうなーと。
2014/02/09(日) 20:59 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんばんは!

いいホテルでしたよ〜 2泊とは言え、日中は全然居られなかったので、もったいなかったです。

> 写真を見ていて、見ている私が深呼吸をしたくなりました。

そうそう、そんな感じ。森と一緒に、生きてる感じです。

> ホテルのHPを見たのですが、
> お風呂は外の景色が見えるようになっているようにお見受けしましたが…
> 朝入ったら気持ちよさそうだろうなーと。

ホテルのウェブサイトに載ってる部屋は、あまり外に草木が生い茂っていない部屋ですね。
僕らの部屋の外はかなり茂っていたので(ベランダの写真を見ていただくと分かります)、景色がいいと言うよりは、草木で目隠しをされている感じでした。
あと、湯気で曇っちゃったりして、結局、朝風呂にも入りましたが、あまり景色を堪能した記憶はありません(笑)
2014/02/09(日) 23:15 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。