hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仏歯寺見学を終えてホテルへ徒歩で戻る。もうすっかり夜なので、すぐメシの時間だが、少しキャンディの町を散歩してみようかと歩き始める。が、思いのほか暗い。スリランカ第二の都市と言っても、夜は静かなものだ。たぶんそれは仏歯寺を中心とするこの辺の旧市街だけの話で、新しいエリアに行けばそんなこともないんだろうけど。

DSC0397820.jpg


クイーンズ・ホテルへ戻って、晩飯。ブッフェスタイルで、もちろんメインはカレー。
今回のスリランカ旅行は全行程同じガイド&ドライバーで全食事付き。で、朝食だけでなく晩飯もすべて泊まるレストラン内での食事。スリランカではそれが一般的なスタイルのようだ。
ツアーによってはせっかく泊まってるホテルに良さげなレストランがあるのに、わざわざ飯を食いによそに連れて行かれる(で、たいしたことない)ことがあったりするのがストレスだが、今回は良かった。レストランに外れがなかったこともあるけど。
やっぱり豆カレーがうまい。割とどこで食っても肉や魚よりも野菜系のカレーのほうがうまかった。肉や魚はぱさぱさしてることが多く、こういう場合はカレー自体がインドのように脂っこいほうが美味いかもしれない。

DSC0398921.jpg


客は少ない。時間帯がやや遅いせいもあるのだろう。
そこへ、ゴソゴソとバンドが登場。なぜメキシコ風なのか謎だが、ステージで何曲か披露。そしてお約束通り、個々のテーブルを回り始めた。よそのテーブルでは冷たく断られてるので、僕らのところでは、スリランカの歌を1曲歌ってくれと頼んだ。ベタベタだが、目の前で、僕らのためだけに歌ってくれるというのは、ちょっといいものだ。

DSC0399222.jpg


部屋へ帰る。ちょうど階段を昇ったすぐ前の、角部屋の近くなので、廊下がちょっとしたロビー並に広い。こういう、公共スペースが充実してるところは、伝統的なホテルらしい感じがする。

DSC0399823.jpg


ガイドのナンダナ氏は、翌朝はまた仏歯寺に行って5時半のプージャー(お祈りの時間)に参加すると言っていた。
僕らも一応5時起きを目標にしたのだが、起きてみたら雨ということもあり、断念。
でも7時近くなると雨はあがったので、町へ出てみる。その間、部屋のベランダから、仏歯寺前の停留所へひっきりなしにバスがやってくるのを、なんとなく眺めていた。まだ薄暗いうちから、交通量も人の往来も多い。

DSC0400224.jpg


クイーンズ・ホテルの外観。左の赤い屋根部分はたぶん後から増設したのだろう、レストランやショッピングモールが入っており、この辺もホテルの一部。

DSC0400725.jpg


キャンディ湖と仏歯寺の間の道を、みんなが通る。学生さんの制服は、お祈りの正装と同じ真っ白な服だ。なぜかリュックは随分と今風だが、これも学校の指定があるようで、みんな数種類の決まったやつを背負っていた。

DSC0401026.jpg


湖のほとりに人が集まっているので何だろうと思ったら、魚にエサをやっていた。
仏歯寺のすぐ隣で、白い正装の人々がやっているということは、ここで魚にエサをやるのは、徳を積む行為ということなのだろう。

DSC0401927.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ホテルの部屋の前の廊下、スゴイ広い!!
ここに一部屋できそうな…?!
インドのプージャーをテレビで見た事があるのですが、とても神秘的というか…
ぜひ見てみたいと思ったものです。
スリランカのも同じような感じなのでしょうか?

あ、前回質問の回答ありがとうございました!
全てカレーとのことで、若干私の胃大丈夫かしら?と不安になりましたが(^^;)
インドのものより脂っこくないというのが救いです。日本でインドカレー食べて胃もたれしている感じなので…(決して嫌いではないのですが)
2013/10/20(日) 21:16 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんばんは〜
ご覧になられたインドのプージャーというのはヒンドゥの儀式ですか?
スリランカのは、なんか意外と神秘的ではないですw でも庶民の生活に根差した泥臭い感じがして、あれはあれで面白いですよ。
スリランカのカレーは毎食カレーと言いつつ実質は毎食煮物料理だと思えばいいので大丈夫ですよ。
2013/10/21(月) 20:46 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。