hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロンボ、グランド・オリエンタル・ホテルの外観。正面玄関の上の「GOH」というロゴが、ホテル内のタオルから食器まであらゆるものにプリントされている。
右側の青い看板は、警察署本部。なので写ってないけど、高いところで銃を持った警官がこっちを監視してるw
それにしてもこの空の色!さっきまでザーザー降ってたくせに。

0008.jpg


ホテルがあるのは、フォート地区のいちばん港側。この地区には警察本部のほか中央銀行や大統領官邸もあり、この国の中枢とも言える。かつては国会議事堂もあったが、首都は1985年に南隣のスリジャヤワルダナプラコッテに移されているので、今は政治機能はない。
ちなみにスリジャヤワルダナプラコッテという無茶な名前だが、その意味がわかれば覚えやすい。
「スリ」=スリランカのスリと同じで、「光り輝く」
「ジャヤワルダナ」=遷都を決めた大統領の名前であり、この街のかつての名前。1415年にコーッテ王朝の首都としてジャヤワルダナと呼ばれた。ジャヤワルダナの意味は「勝利をもたらす」
「プラ」=街
「コッテ」=元々の街の名前
さらにちなみに、ジャヤワルダナ大統領は1951年のサンフランシスコ講和会議に当時のセイロン代表として(大蔵大臣として)出席し、ソ連などにより日本分割統治案が出される中、Hate ceases not by hatred, but by love という仏陀の言葉を引用して参加国に寛容の精神を求め、日本を救ってくれた恩人である。

コロンボ市の人口は約75万、都市圏人口は200万。バンコク、マニラ、ホーチミン、KL、さらにはインドの諸都市といったアジアの大都市に比べるとかなり小ぶりで、高層ビルが建つのもこの一角だけ。手前に写る電話の像は、謎だ。

0009.jpg


フォート地区から、一般庶民でにぎわうペター地区へと足を進める。
日曜日の朝なので閉まっている店が多い。路地を歩いていて感じるのは、ここはインドよりは東南アジアの街に近い、ということだ。我々のように明らかに異質な人間が下町を歩いていても、人々の視線が(インドのように)グサッ!とこないのは、有難い。
建ち並ぶビルに混じっていきなりヒンドゥ寺院が出現(右手)。

0010.jpg


そうは言ってもやっぱりインドの影響は避けようもなく、とくにヒンドゥは、この国の仏教の中に溶け込んでいるとも言える。ここは完全なヒンドゥの寺院だが、仏教寺院に行ってもヒンドゥの神様が祀られていたりする。

0011.jpg


もう少し行くと、今度はイスラムのモスク。ジャミ・ウル・アルファー・モスクと言って、観光地の少ないコロンボでは有名な観光スポットだというが、ちょっと路地に入ったところなので場所はわかりにくい。まあ、この外観なのでちょっと遠くからでも分かるんだけど。ミナレットを増設しようとしてるのか、工事中でちょっと残念な状態。
それにしても、このデザインのインパクトは凄い。

0014.jpg


ペター地区のメイン通りはこんな感じ。小規模な商店がずらっと並び、派手に看板を掲げる。シンハラ語とタミル語が公用語だが、看板はほとんどが英語だ。道を走るのはほとんどがバスか、トライシクル(トゥクトゥク)の公共交通機関で、アジアの都市に多い「バイクの洪水」は見られない。その意味ではヤンゴンに、雰囲気が似ている。
ほとんどの店が閉まってるので人がまばらだが、普段はもっと人で溢れてる状態なのだろう。
右端にちらっと写ってる、すれ違いざまににやっと笑顔を向けるお兄ちゃん。これがインドとスリランカの最大の違いのような気がする。人の視線と、表情が柔らかい。決して多くはないが、一部日本人に熱烈なスリランカファンがいるのは、こういうところに居心地の良さを感じるからかな〜と思う。

0013.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
霞が関のような場所に立地する超老舗ホテル、
外観の雰囲気はさすがですね~。

旅行の時、クラッシックホテルに泊まるか、新しいホテルに泊まるかは、
(全体の雰囲気重視か、客室の機能性重視か!?)、
なかなか悩んでしまうところですよねぇ。

街中の人達の雰囲気や視線が穏やかなのは、
旅行者にとっては、気疲れしなくていいですよね♪

そして、ジャヤワルダナさん@サンフランシスコ講和会議
のことは、初めて知りました!!
東京裁判のパール判事もそうですが、有難く思います~。

前の記事のPOWER8.8ビール、
缶にSTRONGって書いてあるし、アルコール分高めでおいしそう!!
リアルにガツンとした飲み味なのでしょうか(笑)?
2013/09/29(日) 15:31 | URL | キュウ親 #-[編集]
Re: タイトルなし
キュウ親さま こんばんは。

> 旅行の時、クラッシックホテルに泊まるか、新しいホテルに泊まるかは、
> (全体の雰囲気重視か、客室の機能性重視か!?)、
> なかなか悩んでしまうところですよねぇ。

そうなんです。このあと、スリランカ3カ所めのホテルはその両方を兼ね備える素晴らしいホテルだったんですが、やっぱりたいていはどちらかに偏ってしまいますよね。

> 街中の人達の雰囲気や視線が穏やかなのは、
> 旅行者にとっては、気疲れしなくていいですよね♪

マニラとか、小遣いをせびりにくるガキやらタクシーやら馬車の呼び込みやら、もういいから放っておいてくれ!ってなるし、チュニジアでは呼び込みを警戒するあまり、思う存分観光ができませんでした。なんで旅行に来てるのにこんなに気疲れするんだ?ってなりますよね...

> そして、ジャヤワルダナさん@サンフランシスコ講和会議
> のことは、初めて知りました!!
> 東京裁判のパール判事もそうですが、有難く思います~。

大恩人なのに日本ではほとんど知られていない、と、こないだテレビでも言ってました。慰安婦だの何だのと自虐史観を教えるより先に、教えるべきことがありますよね。

> 前の記事のPOWER8.8ビール、
> 缶にSTRONGって書いてあるし、アルコール分高めでおいしそう!!
> リアルにガツンとした飲み味なのでしょうか(笑)?

案外飲んでも違いはわかんないんですよね。まあ、後からくるのでその分危険ですがw
ヨーロッパのビールで、ワイン並のアルコール度のやつとかありますが、あれは飲んで、いかにも強いってわかるじゃないですか。それだけに飲み口が普通な8.8%は危険ですw
2013/09/29(日) 19:43 | URL | hungrykaz #-[編集]
すごい青空!!
建物も美しいし素晴らしいです。
「ふしぎ世界発見」スリランカの回で日本を救ってくれた事をしりました。
もともと興味はあったスリランカですが、それを見て更に行ってみたくなりました。

>人々の視線が(インドのように)グサッ!とこないのは、有難い。

これ気になっていたんですよー。
かなり見られたりするのかなぁと不安でした。
インド行った事ないのですが、なんか見られるイメージがあり嫌だなぁと思っていたもので。

モスクもすごく目立つ柄で素敵ですね。ぜひ見てみたいです!
2013/09/29(日) 21:37 | URL | prego #-[編集]
う~~ん、街の雰囲気がヤンゴンに似てますねえ~
ヤンゴンのインド人街そのままという感じも受けます。

コロニアル風のホテル、いいですねえ~~
僕はホテルの機能性よりも雰囲気優先かな?

スリランカに旅行した人は大抵『良かったよ~』って
言うんですよね~、非常に気になる国ですね~

早く行きたいです!

chempakaでした!
2013/09/30(月) 00:11 | URL | Chempaka #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんばんは!

> 「ふしぎ世界発見」スリランカの回で日本を救ってくれた事をしりました。
> もともと興味はあったスリランカですが、それを見て更に行ってみたくなりました。

僕もその回、見ました。スリランカ行きを決めて、スリランカ関連の本を読んでにわか知識を得て、ジャヤワルダナさんのことを知って間もなかったので、おお!こんなメジャーな番組で取り上げるか!と喜んでました。

> >人々の視線が(インドのように)グサッ!とこないのは、有難い。
> これ気になっていたんですよー。
> かなり見られたりするのかなぁと不安でした。
> インド行った事ないのですが、なんか見られるイメージがあり嫌だなぁと思っていたもので。

グサッ!という表現は違いましたね。鋭くグサッとくるというよりは、じーーーーっとひたすら見られるので、どちらかというと鈍痛系ですねw

> モスクもすごく目立つ柄で素敵ですね。ぜひ見てみたいです!

一応コロンボを代表する観光スポットではあるようなのですが、完全に庶民の町の雰囲気で、町中探しても外国人なんて僕らしかいないような雰囲気だったので、モスク内に入るのは躊躇してしまいましたw
イスラム諸国にはこんな柄のモスクはなかなかないと思うんですが、誰が何を思ってデザインしたのか、興味深いです。
2013/09/30(月) 21:29 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま 毎度!

> う~~ん、街の雰囲気がヤンゴンに似てますねえ~
> ヤンゴンのインド人街そのままという感じも受けます。

うん、随所でミャンマーに通じる雰囲気を感じました。人々の雰囲気も、似たところがあると思います。

> コロニアル風のホテル、いいですねえ~~
> 僕はホテルの機能性よりも雰囲気優先かな?

こういうところって外観やロビーはいい感じなんですが、部屋の中がもう一歩!ってところが多いんですよねえ。コロニアル系で100%満足できたのは<a href="http://hungrytravelog.blog107.fc2.com/blog-entry-51.html" target="_blank">KLのカルコサ・セリ・ネガラ</a>だけかも。

> スリランカに旅行した人は大抵『良かったよ~』って
> 言うんですよね~、非常に気になる国ですね~

良かったよ〜w

> 早く行きたいです!

これから徐々にレポートしていきますのでぜひご参考になさって下さい!
2013/09/30(月) 21:34 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。