hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この旅行の通算7日目、カルコサで迎える最初の朝。
やっぱりこの緑で囲まれた環境、外で食べる食事は気持ちいい。



「イングリッシュ」「コンチネンタル」「カルコサ」「セリ・ネガラ」と4種類のチョイスがあったので、私と連れで「カルコサ」と「セリ・ネガラ」を注文。よくわからないが、とにかくホテル名を冠したやつのほうが地元っぽくておいしいのだろう。
一品ずつ手間をかけて作ってる様子で、いちいち出てくるのに時間がかかる。ゆったりと時間が流れるこの空間には、こういうペースが相応しい。パンが焼きたてで何とも言えずおいしい。その他のものはけっこう独特のもので、ヨーロッパ風の食事が100年かけて徐々にマレーシアの地元料理の影響を受けて変化した姿なのだろう。下の写真左は、細かく砕いたシリアルをつぶしたバナナであえたもの(と思われる)。素材そのものの味だけで、淡泊だがすごく健康的な感じ。これだけで腹一杯になっちゃうぐらいのボリュームで出てくる。
真ん中は野菜ディップだが、マヨネーズみたいなソースが実はナンプラー風の魚の風味がついた独特のものだった。



間に何品かあって、メインがこのナン+カレー。というか、これはナンと呼んでいいのかわからない。食べた感じは、パイだ。さくっと軽く、焼きたてでホロホロした感じが何とも美味い。かなり油っこいので完食は苦しかったが、これは美味かった。



朝飯の後は、プールへ!雨期とは言え晴れてる時間のほうが長いので屋外プールもOK。カルコサから庭を通って数分歩いたところにテニスコートとプールがある。プールのあたりはまったく無人だが、朝飯のときバトラーに「あとでプールに行くよ」と言っておくと、しっかりバスタオルが用意されている。そして、これまた貸し切り状態。



そんなに広いプールではないが、しかしプライベートプールにしては広すぎる。いやいや贅沢だ。
下の写真で向こう側が深くなっており、足が届かないぐらいの深さがある。他に人もいないことだし、遠慮なく飛び込んで遊ぶ。



プールで半日ぐらい過ごしてもよかったのだが、今日がこの旅行の実質最終日。まだまだ見て回りたいところはたくさんある。ってことで1時間で切り上げて、出かける支度をする。下の写真は、泊まってる部屋のあたりを外から見たところ。2階の左端あたりが(木に隠れてるけど)うちの部屋。



なおカルコサ滞在の詳細は本家サイトに詳しく書いてるのでそちらもあわせてご覧下さい。この後は、また徒歩でKLの街へ出る。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。