hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガパリの村で子供達に案内されてパゴダ参りをして、リゾートへ戻る。さっきとは違う道を通るが、こっちは完全に徒歩とせいぜい自転車用だ。現にこうやって重そうなものを一生懸命人力で運んでいる場面によく出くわす。

DSC01774006.jpg


通りがかりの家で、蹴鞠をしている(正しくはチンロンと言う)。ミャンマーのお土産屋で定番の、あの毬だ。
あれは単なるお土産用の飾り物ではなく、こっちの人は本当にあれで遊んでいる。
但し、お土産屋で売っているものは「未完成」の状態なのだそうだ(→ネタ元)。

DSC01779007.jpg


メイン通りに戻ってきた。夕方だからなのか、妙に人通りが多い。

DSC01785008.jpg


で、ホテルへ戻ってくると、やっぱり別世界。
地元の人達はこれをどう思ってるのか、ちょっと考えてしまう。

DSC01819009.jpg


夕方。雲は多いが切れ間から赤い空が見えるので、写真を撮りにビーチへ出てみる。。が、昨日は全然気にならなかった虫がやたらと多い。
うーん、だめだ、耐えられない!と走って逃げたくなるほど、大量発生。別に刺したりするわけではなく、ひらひらと飛んでるだけのカゲロウのようなヤツなのだが、周り中を取り囲まれるとかなりイヤな感じだ。どうも、雨季の初日に一斉に孵化するようだ(あとでググってみたらアジア各地にこういう、一斉に孵化して1日で死んでしまう虫がいるみたい)。

DSC01837010.jpg


そんな状況なのでホテルのオープンエアのレストランではメシどころではない。
海から離れれば大丈夫かも?とさっきの大通りへ行ってみると、虫も気にならないし、レストランには普通に客が入ってる。大丈夫そうだ。なんとなく目についた一軒でメニューを覗き込んでいると、入りなよ、入りなよ、とおっちゃんが何故かまず厨房に案内するw よく分からないがなんとなく大丈夫そうだったのでw ここでメシ。

DSC01856011.jpg


やっぱり漁村なのでお薦めは?と聞けばシーフードとの答え。
ミャンマー風の、辛くなくて汁よりも具がメインのカレーで。

DSC01862012.jpg


野菜炒め。これはまあ、中華にもタイにもよくある感じのやつ。
こういう炒め物とか、インドのカレーとかではけっこうカリフラワーが多用されるが、東南〜南アジアではカリフラワーって安いのだろうか?

DSC01867013.jpg


そしてトマトベースのエビカレー。
すごく美味い!ってほどでもないが、田舎町の道端の店にしては洗練された感じがする。やっぱり客はほとんどヨーロッパ人観光客なのだろう。

DSC01870014.jpg


店の外観。看板が明るすぎて文字が写ってないが、ZAW (II)という店。ゾーさんのお店の2号店、ということらしい。

DSC01877015.jpg


このあとホテルへ戻るのだが、ドアを開けた隙に入ってしまった虫が、そこかしこに入り込んでしまい、寝室にまで。蚊帳を吊っても既に遅く、布団の中にまでもぞもぞと入り込んでくる始末。これには参った。
ちょうど季節の移り変わりを体験できたのは面白かったが、やっぱり乾期の天気がいいときに、ちゃんと堪能したいな〜 発展しすぎて雰囲気が変わってしまう前に、もう一度来ないといかんね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。