hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガパリは、メイン通りから幾筋もこういう脇道が延びている。このあたりは海側にはリゾートホテルが並ぶが、陸側はいかにもローカルな村人の生活の場だ。

DSC01710017.jpg


200メートルぐらい入っていくと、集落になっている。広場で子供たちが遊んでいる。ちょっと眺めていたがどういう遊びをしているのかよくわからん。向こうもチラチラと微妙にこっちを気にしつつ、そのまま遊びを続ける。

DSC01726020.jpg


村のかなり奥のほうまで入り込んできて、さすがに迷い込んだと思われたのか、すれ違う村人がどこに行くの?と声をかけてきた。確か英語だったので観光関連の人だったのか。
ほんとは別にアテもなくぷらぷらしてただけなのだが、それは何か怪しい答えなのでw、そういえば大通り沿いにパヤー(パゴダ=仏塔)があるという看板が出ていたのを思い出して、パヤーだと答える。ああ、それならあっちだよ、と指さし、(多分)「案内してやんなよ」と近所の人に声をかける。ご指名を受けたのはこちらの一家。

DSC01736018.jpg


もちろんそんなやりとりの内容を我々がわかっていたはずはなく、どこからともなく現れたこの青い服の女の子が、こっちよ、と声をかけてくれて、なんとなく状況がのみこめてきた。

DSC01737001.jpg


おっと、どこからともなく次々と子供達が。先頭はいつの間にかさらに上のお姉さんに代わっている。
国が国ならこれは「たかられる」やばいパターンなのだが、今のミャンマーに限ってそんなことはない。子供達の雰囲気でそれは分かるので、その点はまったく心配せず、逆に、この子たちにあげる「お駄賃」を持ってこなかったことを後悔していた。
集落を抜けると、畑が広がる。その傍らに小高い丘があり、そこを登っていく。パゴダはどうやらこの頂上だ。足下のよくない登り道をゆっくり進んでいると、子供たちは少し進んでは振り返り、僕らのペースを気にする。なんか、お年寄り扱いされてる感じw

そして、丘の上に立派な仏塔。いつも思うが、(日本国内も含めて)こういう重機の入り込めないようなところに、こういうのをどうやって建ててるんだろう?

DSC01744002.jpg


傍らに何体か仏像が並んでいたので、そこでも日本流に(立ったまま)手を合わせた。
すると、後ろでは年長のお姉ちゃんがひざまづき、頭を地面につけるミャンマー式のお参りをしてる。むむ、なんかこっちが手を抜いてるように見える。。

パゴダまで案内してくれたご一行。最初に登場した、真ん中の女の子がいかにも聡明そうでかわいい。この子たちが大人になる頃、この国はどうなっているだろう。

DSC01749003.jpg


丘を下りると畑が広がるが、いまは休耕期なのだろうか、茶色っぽい光景だ。

DSC01759004.jpg


集落へ戻ると、子供達にありがとうと告げる間もなく、みなそれぞれの家にさーっと戻っていく。僕らが金づるだという発想など微塵もなく、困ってる人を助けてあげる、或いは親の言いつけにきちんと従う、というモチベーションで動いてくれた子供たち。
ああ、せめてキャンディでもいいからこの子たちにあげる物が欲しかった。なんか、現金をあげるのもちょっとイヤらしい感じがしたので、結局何もあげずに帰ってきてしまった。日本人の感覚ならそれでも別にOKだと思うが、ケチだと思われなかったかなあ。

DSC01764005.jpg


このときの経験があったので、帰国後、次の世界一周旅行に向けて、撮った写真をその場でプリントして渡してあげられる携帯型プリンターを探したのだが、意外とそういうものは世の中に少ない。ポラロイドのカメラと一体になったものはあるが、カメラはやっぱり愛用のやつを使いたいし。
例えば日本なら、プリクラ感覚で撮った写真をその場でプリントして配れるのって、それなりに需要がある気がするのだが。誰か造ってくれないものだろうか。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいなあ~、のんびりしているなあ~
困っている人の助けになる事、親のいう事を聞く事。
ミャンマーの子供達はごく自然に受け入れていると思います。
日本人も本来、少なくとも僕らの世代では当たり前に
教えられてきた事で、この子供達の行動に嬉しさを感じますね!

いつまでもその感覚を忘れずにいてほしいと思います!

この年末年始はミャンマー行きを考えてます!
まだ行った事のない、マンダレー周辺です。
ミャンマーはちょくちょく行きたい国ですね~~!

chempakaでした!
2013/07/18(木) 21:35 | URL | Chempaka #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま毎度です!

> いつまでもその感覚を忘れずにいてほしいと思います!

いや〜ほんとに。
やっぱりこれは親のしつけなんでしょうね。親が、外国人をだまして金を巻き上げてやろうなんて考えてれば、子供もそれを真似るでしょうし。そういう意味では南アジアの某国あたりはそういう連鎖になってしまってる(人が目立つ)のが残念です。
まーいずれにせよ、旅行者としては、たかられる心配がないというのはありがたいことですw

> この年末年始はミャンマー行きを考えてます!

おっとー!僕はまだ夏の旅行先さえ決まってないのに!
僕も行きたい!

> まだ行った事のない、マンダレー周辺です。

マンダレー1日、周囲(アマラプラやサガイン)に1日、そしてぜひ丸1日かけて、モンユワに行ってきて下さい!モンユワはほんとにぶっ飛べます!
2013/07/20(土) 19:18 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。