hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミャンマー西岸、ヤカイン州というのは、観光地としては決してメジャーな地域ではない。ミャンマー観光本では完全無視されることが多く、「地球の歩き方」でも州全体で5ページぐらいしか割かれていない。
しかしその真ん中ぐらいに位置するガパリというのはビーチリゾートとしてヨーロッパ人にはそこそこ知られているようで、外国人を意識したリゾートホテルが建ち並ぶ一角がある。もともとはイギリス植民地時代にイタリア人が「ナポリに似ている」とナポリ・ビーチと呼び始めたのが、地元風に訛ってガパリになったのだとされる。カタカナだと全然違うじゃんという感じがするが、ガパリの綴りNgapaliを見ると、まあわからなくもない。

いきなり余談だがこの「Ng」というのは日本人には馴染みがない音だが、アジアでは普通に使われる音で、例えばバリの空港名は正式には「Ngurah Rai / ングラライ空港」と言う。何年か前の仕事関係者でシンガポール人のNgさんという人がいて、どう読んだらいいのか困ったものだ。えぬじー?

DSC01437002.jpg


ゴールデンウィークというのは東南アジア旅行には微妙な時期だ。バンコクあたりはちょうど乾期から雨期への移り変わりの時期で、ここミャンマーでもほぼ同じ。
なので、当初僕たちは最初にヤンゴンなどを観光して最後にガパリに来る旅程を希望していたのだが、雨期に入ってしまう可能性があるから先にガパリに行くべきだと薦められた(そもそも、その時期になるとホテルが閉まってしまうそうだ)。

おそらくは、そういう微妙な時期だというせいもあるのだろう、観光客はとても少ない。
何軒かリゾートホテルが建ち並ぶこの界隈で、僕らの泊まったアマタ・リゾート&スパはそのいちばん南端にあり、地元の村に近い位置だというせいもあり、ビーチを歩いているのはローカルの村人ばかりだ。

DSC01405015.jpg


ホテルのプールにも人はまばら。
まあ、それはそれで有難い。部屋が近いこともあり、ほとんど貸し切り状態で、プライベートプール感覚だ。

DSC01419001.jpg


(ここまで3枚の写真は、カメラの上に防水カバーをつけて撮っているので色合いが暗くて全体的に美しくないのが残念)

ビーチでダラダラしていると地元のおっさんが近寄ってくる。ほとんど物売りが声をかけてくることもなく、ガパリ滞在中向こうから勧誘してきたのはこのおっさんが唯一だった。
明日シュノーケルツアーに行かないかという。たしか昼飯もついて2000円ぐらいのオファーだったのでその場でOK。じゃあ明日9時にここでね。とさっさと立ち去るおっさん。なんと適当な約束だ。

ところでこのビーチ、恐るべきはその粒の細かさ。
たぶん、粒が細かいので、水が染み込むのに時間がかかる。なので、波が引いたあともしばらくは砂の上に水の膜がある。そこに、見事に、空が写る。我々はこれを「ウユニ現象」と名付けた。ことある毎にウユニ塩湖に行きたがっていた僕に、連れは「これでわざわざウユニまで行かずに済んだね」と言う。いやそうではないのだが。
いま改めて過去の、モルディブやタイやフィリピンやマレーシアや沖縄のビーチの写真を見てみたが、こんなビーチは今までなかった。

DSC01449003.jpg


ウユニ現象に気がついてから、しばらくは夢中になって撮影大会。

DSC01483005.jpg


これって、なんでもないようで、実はなかなか撮れない絵だと思う。
ガパリがこういうビーチだとは知らなかったので、思わぬ拾い物をした気分。

DSC01488005.jpg


いい気になって夕焼けの赤味を写し込もうとするが、太陽は海の向こうに沈む感じなので、ちょっと位置関係が遠すぎて、なかなかうまく撮れない。

DSC01490006.jpg


そうこうしているうちに日が沈む。
昨日の夜羽田を発って、バンコクを経由してヤンゴンでちょっと観光してからガパリにやってきた、実に中身の濃い1日だった。
沈む夕日にカメラを構えていたら、何やらビーチを走ってくる奴がいる。ちょうどど真ん中で、捕らえた!

DSC01469004.jpg


日が沈んでからも、それなりに人の往来がある。頭の上に物を乗せて運ぶのはアフリカの人という漠然としたイメージがあったけど、ミャンマーでは頭の上に物を乗せてる人(特に女性)を非常によく見かける。

DSC01500007.jpg


さあ今日は疲れたし、到着初日ということもあるので、ホテルのレストランでディナーといきますか。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
夕暮れ時のウユニちっくな光景!
すごいきれいですね-!

それにしても、
なかなか私達日本人がいかなそうな、
マイナーなビーチいかれましたね。
私も行ってみたいですが、
ただでさえ不便なミャンマーの移動を思うと、
なんかアクセスが大変そうで、
二の足を踏んでしまいます…。

アジアビーチいいですよねー、
今のところ予定はないんですが、
ビーチでゆっくりしたいですっ(>_<。)

ではー♪
2013/06/25(火) 22:44 | URL | ぽっつ #-[編集]
Re: こんばんは!
ぽっつさま こんにちは。

> 夕暮れ時のウユニちっくな光景!
> すごいきれいですね-!

キレイでしたよ〜 
ウユニのような全面鏡、というわけではなく、しょせん波打ち際だけではあるんですが。。

> それにしても、
> なかなか私達日本人がいかなそうな、
> マイナーなビーチいかれましたね。

ミャンマーに行くことがまず決まり、その中で、ビーチが楽しめるのはどこだろう?と選んだ感じですね。
ミャンマーで海遊びと言えば、タイとの国境付近(に、タイ側から行く)のがポピュラーだったようですが、これからはガパリビーチもガンガン有名になると思いますよ〜

> 私も行ってみたいですが、
> ただでさえ不便なミャンマーの移動を思うと、
> なんかアクセスが大変そうで、
> 二の足を踏んでしまいます…。

いや、案外そうでもないですよ。
空港降りて10分から20分でリゾートに到着できます。
もちろん、バガンあたりから陸路で来ようと思うとえらいことでしょうけど。。

> アジアビーチいいですよねー、
> 今のところ予定はないんですが、
> ビーチでゆっくりしたいですっ(>_<。)

僕も今は具体的な予定がないんですが、早く行きたい!
2013/06/29(土) 10:20 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。