hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サントリーニ島、イアの町。
今朝は町の東のはじっこまで行っていたが、今いるのは西のはじに近いあたり。小さな町ではあるが、島の地形に沿って細長く町が続くので、はじからはじまでは結構な距離がある。

P1150015014.jpg


猫も多いが、犬も多い。
彼らもいたってマイペースに暮らしている。鎖でつながれてるわけでもなく、人間と同じ「ひとり」として町を行き交う。

P1150039017.jpg


斜面にへばりつくように町が広がっているのがよくわかる絵を1枚。
どこまでが誰の敷地なのか、どこが公道なのか、全然分からない。本当に不思議な町だ。

P1150023015.jpg


今回僕らは飛行機とホテルと送迎だけを手配してもらい、日中の行動はすべてフリー、というツアーを申し込んだ。サントリーニ島へくる途中、アテネで乗り換えるときに日本人の現地スタッフが出迎えて、ギリシャの観光情報のパンフレットをくれたりした。「この店は安心」という情報をもらえると、やっぱりちょっと安心する。
そんなわけでお薦めされていたお土産屋の一軒へ。サントリーニ島の建物を模したミニチュアを自ら作って、販売しているお店。ついつい大人買いしたくなるが、やっぱり手作りでそれなりのお値段なので、厳選して購入。写真だと大きさがわからないけど、手のひらに2つ〜3つ乗っかるぐらいのもの。

P1150047018.jpg


配られたお薦め店マップを店のおっちゃんに見せて、ほらこれ見てきたんだよ、と教えてやるが、どうもそういうのに載ってることを知らなかったようで、嬉しがっていた。

P1150048019.jpg


かなり日が傾いてきた。
「世界一の夕日」などと言われることもあるイアのサンセットが、もうすぐ始まる。

P1150067021.jpg


周囲より一段高くなっている古い砦が、夕日鑑賞スポット。
ずいぶん前から人が集まっている。なんか、ウェディングドレス姿のカップルまでいる。

P1150080001.jpg


こちらは少し違う方角にあるカフェ。やはり夕日待ちで、いったいどこにこんなに人がいたんだ?というぐらい、溢れている。実際のところ、夕日を見るためにフィラなど周囲の町からも人がやって来るようで、この町がいちばん賑やかになる時間だ。

P1150081002.jpg


ホテルの施設の一部なのか、金持ちの別荘なのか、こんな夢のような夕日鑑賞スポットもある。
左手後方に見えてるのが、さっきの砦。

P1150060020.jpg


雲ひとつない、最高の天気なので、素晴らしいサンセットが見られるのは分かっていたが、どうも人混みは苦手なので、人がみんな集まる西のはじっこからは遠ざかることにした。
そもそも西のはじっこに居たら、海に沈む太陽しか見えない。この町の景色を楽しみに来たんだから、島の風景と一緒に夕日を楽しむべきで、そのためには少し町の中心へ戻るべきじゃないか。などともっともらしい理屈をつけてw、人々がみんな向かう方向とは逆方向へ向かって、サンセットを待つことにした。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。