hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼飯の後は、町の東に向かう。こっちのほうが観光地っぽく、店も人も多くて少しゴミゴミしている。
イアの町は、よく古い町の旧市街がそうであるように車が通れる道が決まっていて、観光客向けの店やホテルが建ち並ぶエリアには入ってこない。日本の観光地もこうだといいんだけどねえ。
まずは昨日の晩飯を仕入れたスーパーを通りかかる。昼間見るとまたずいぶん印象が違う。

P1140938002.jpg


この町ではかなり大きな教会。基本的に高い建物がなく、見上げるような建物は教会ぐらいしかない。
島の最大の町であるフィラにはもっと大きな教会もあるようだが、人口千人そこそこ、斜面にはりつくように広がるこのイアの町には、比較的大きな教会は2つか3つぐらいしかない。
「ブルードーム」と呼ばれる青いドーム屋根はこの町のお約束の風景だ。どうも、ギリシャ正教の教会はみんなこういうスタイルというわけではなく、サントリーニ島に独特のスタイルのようだ(ミコノス島などにも一部あるが、そうではない形のほうが主流のようだ)。

P1140933032.jpg


この町が斜面にへばりつくように広がっているのがよくわかる画を1枚。
あわせて、前回書いた「誰の敷地かわかるように道や階段の『柄』を変えている」のも分かりやすいと思う。
ずっと右後方、海の向こうの崖の上に見えているのが、島で最大のフィラの町。

P1140942003.jpg


土産物屋に入ってみる。やっぱりこの景観を売りにするものがほとんどで、Tシャツや絵はがきといった定番のほかは絵皿やカップ、建物のミニチュアが多い。それも建物の白と、空と海の青、それに夕焼けの色、と色使いもほとんど同じなので、カラフルでごちゃっとしているようで、実は妙に統一感がある。

P1140944004.jpg


こちらは普通のスーパーの一角。小さな島だがさすがに歴史が古いだけあって、色んな酒を島内で造っている。ワイナリーもいくつもあるようだし、いかにもお土産用の、島の形をした小さな瓶に入れられてるのは、ギリシャの定番のリキュール、ウゾだ(時々テレビで紹介される、透明なんだけど、水を足すと白く濁るやつ)。
独特の香りがけっこう強くてあまり美味くはない。まあ、飲み慣れればまた違うのだろうけど。

P1140949005.jpg


だいぶ町の東のほうまで来たのでカフェに入る。店自体はどうということはないのだが、この眺めは素晴らしすぎる。
ここでコーヒーを頼むが、汗をかいて喉がかわいた時に飲むものではない、と痛感。
ギリシャコーヒーはトルコなどと同じで、小鍋にコーヒー豆を挽いたのと砂糖を入れて煮立てて、そのまま上澄みだけを飲むスタイル。すごく濃くて甘くて、粉っぽい。ただ、これが健康にはいいらしく、ギリシャのイカリア島という世界有数の長寿の島での調査で、長寿の秘訣はコーヒーらしいという結果が出されている。

P1150002010.jpg


このカフェを外から見たところ。自然と足が吸い寄せられていくお洒落な雰囲気w

P1150011012.jpg


休憩中に何やらカランカランと賑やかな音がするので覗いてみたら、ロバたちが荷運びをしていた。
この断崖の下に船着き場がある。このあたりでは車が使えないので、決して観光客向けの見世物というわけではなく、普通に、何百年前と変わらずロバが荷運びに活躍している。
ちなみにイアの町の東側はこんな感じだが、観光客が寄りつかない西側のほうはもう少し普通の町で、車も走ってるし、もうちょっと近代的な港もある。

P1150006011.jpg


夕方っぽい雰囲気になってくると、この辺りは人が増えてくる。
「世界一の夕日」などと言われることもあるイアの夕日を見に、フィラなど他の町からも観光客がやってくるのだ。まあ夕日は夕日でいいのだが、島のいちばん西端へ行って海へ沈む夕日だけを見ても、なんだかつまらない気がする。せっかく美しいこの町の景色とあわせて見ないと意味がないのでは?などと考えて、敢えて我々は、観光客がみんな向かう島の西端からは離れることにした。まあ単に人混みが嫌いなせいもあるけどw


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。