hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケープタウンからヨハネスブルグ経由でやってきたのはHoedspruitと書いてフットスプリットみたいな感じに発音する、小さな空港。
周囲には町も何もなく、飛行機の乗客も全員がサファリの客という、観光用の空港だ。

DSC03225014.jpg


南アフリカの北東部、モザンビークとの国境あたりには、南北360キロ、東西65キロという超巨大なクルーガー国立公園がある。東京〜大阪間が直線で400キロほどだから、その巨大さがわかろうというものだ。さらにその周辺にはいくつもの保護区や私有地が隣接しており、今回滞在するのはそんな私有地のひとつ、カパマ・ゲーム・リザーブ。空港の敷地を出て、目の前の道路を渡ったら、もうカパマの敷地。
カパマの敷地に入って10分ほどドライブしたところで、早くもキリンが出迎えてくれた。車を警戒するでもなく優雅にゆっさゆっさと歩き、林の中へ消えていく。いや〜これは期待できそうだ。

DSC03236015.jpg


カパマ・ゲーム・リザーブの場合、空港からの送迎、ホテル代、食事代、1日2回のゲームドライブが全部込み込みで、1泊いくらという価格体系。なので普通に他のホテルとは比較できず、ちょっとグレードを見誤っていた。これは最高グレードだ。部屋が超きれい。大自然の真ん中で、こんなんでいいの?という、何不自由ない環境。バリ島のヴィラみたいな雰囲気だが、ここは、一歩外に出れば動物が闊歩するアフリカの大地だ。
なおホテルの建物周囲には電流の流れる柵が張られていて動物が入ってくることはない、ということになっているようだが、少なくとも鹿みたいなのと猿みたいなのは、敷地内でも見かけた。

DSC03241016.jpg


昼過ぎにホテルに到着して、まずは昼飯。
その後少し休憩して、4時半から、初のゲーム・ドライブに出発!
なお「ゲーム」という英語には「猟の獲物」という意味があり、こうやってサファリで動物をみつけに車で出かけることを「ゲーム・ドライブ」という。
ずらっと四駆が並び、自分の担当のレンジャーから声をかけられる。レンジャーとは運転手兼世話焼き係で、彼が動物の説明から晩飯の相手までしてくれる。もう一人車に同乗するのがトラッカー。彼は動物を探すことに徹し、車の進路をレンジャーに指示する。
勉強して資格を保有し、「知識と技術」を我々に提供するレンジャーはほとんどが白人で、身体能力の高さ、「経験と勘」のトラッカーは全員が黒人というのは、何やら象徴的だ。
なお車は、日本が誇るトヨタ・ランドクルーザー。さすがの乗り心地で、悪路でも尻が痛くなるようなことはない。本当に、いやーさすが日本車だ!と痛感した。チュニジアのドライバーもトヨタが最高だと言ってたし、この後メキシコで出会ったアメリカ人も、ずっとトヨタ車に乗ってて一度だけ韓国メーカーに浮気したがもう全然ダメだ、やっぱりトヨタが最高だ、と言っていた。

DSC03272017.jpg


アフリカのサファリでは「ビッグ5」、すなわちライオン、豹(レパード)、サイ、象、バッファローが珍重される。なんでキリンやチーターが入ってないのかは知らないが、とにかくビッグ5というのは常識的に使われる定義のようだ。
で、最初に出会ったビッグ5は、バッファロー。
でかい。迫力だ。ライオンとかは、まずガオーと吠えて威嚇してから相手を襲うが、バッファローは予告なしにいきなり襲ってくるから、実はいちばん警戒しないといけないらしい。

DSC03310019.jpg


そして本日の目玉は、豹。
ビッグ5の中でいちばん出会うのが難しいのは、豹だという。
そういえばケープタウンのバスツアーで一緒になったドイツ人も、サファリに行ったら豹が見られるといいね、僕も、僕の友人も豹だけは見られなかったよ、と言っていた。初ゲーム・ドライブであっけなく出会ってしまうと有難みがわからないが、レンジャーもしきりに「いやー君たちはラッキーだよ!」と興奮していた。Wikipediaによると、クルーガー国立公園全体で、豹は2000頭生息する。約2万平方キロの中に2000頭だから、10平方キロあたり1頭。それが草むらの中に潜んでたりするんだから、そりゃ見つからないわけだ。
しっかりカメラ目線いただきました!

DSC03343020.jpg


基本的にお目当ての動物は夜行性なので、ゲーム・ドライブは朝と夕方。ホテルでだらだらしてる分には半袖でちょうどいいぐらいだが、ゲーム・ドライブに出ると日も沈むし、風も強いので、長袖を2〜3枚重ね着しないと、かなり寒い。例によって欧米人は半袖半ズボンだったりするが。

ホテルに戻ると夕食の時間で、夕食だけはゲーム・ドライブと同じメンバーで、レンジャーと一緒に食う。
別に悪い人たちではないのだが、居合わせたメンバーが全員ブラジル人で、みんなでポルトガル語で盛り上がってしまうので参る。
実はこのメンバーだけではなく、ここに来る客の半分はブラジル人だそうだ。何人かに理由を尋ねたところ「最近ブラジル経済は好調なので海外旅行を盛んに宣伝してる」「だって近いじゃない」「下手にブラジル国内を旅行するより安い」といった感じの答えだった。たぶん、感覚的には、日本人がハワイとかタイとかに遊びに行く感じなのだろう。
※その後、「ジェトロセンサー」最新号にもブラジル人の間で海外旅行が流行っているという記事があるのを発見

メシの後は大自然の中、何不自由ないホテルの部屋でゆっくり南アフリカワインでも… と行きたいところだが、翌朝は5時起きなので、さっさと寝る。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

濃厚な世界一周ですね~!!
イスラムあり、深夜の爆走あり、砂漠あり、動物ありで....、
帰国された時にはもうホント、「世界を見てきた~っ」て感じに
なりそうですね(笑)!!

カパマ・ゲーム・リザーブのゲストルーム、
大自然の中とは思えぬ、とってもモダンなリゾートそのものですね。
豹の顔つきも、ねこっぽくてかわいいですね~♪

旅を楽しむには健康が第一、ということで、
よい体調を維持されて、旅をお続けくださいませ~!
2013/01/20(日) 17:17 | URL | キュウ親 #-[編集]
Re: タイトルなし
キュウ親さま こんにちは!

ご無沙汰してしまいすみません。

> 濃厚な世界一周ですね~!!
> イスラムあり、深夜の爆走あり、砂漠あり、動物ありで....、
> 帰国された時にはもうホント、「世界を見てきた~っ」て感じに
> なりそうですね(笑)!!

いや、ほんとに、そんな気分ですw
ほんとは南米大陸がまるまる未制覇なんですが、今回もサンパウロとボゴタの空港には降り立ったし、南アやメキシコで南米人といっぱいコミュニケーションしたので、案外南米にも行った気になってますw

> カパマ・ゲーム・リザーブのゲストルーム、
> 大自然の中とは思えぬ、とってもモダンなリゾートそのものですね。

まー金かけてるなーという感じ。たぶんあんな「サファリ」は南アフリカならではなんでしょうね。

> 豹の顔つきも、ねこっぽくてかわいいですね~♪

おっと猫系(?)のキュウ親さまはそういう評価ですか。
ぜひ次の記事のチーターと比べてみて下さい。ヒョウはやっぱり、ちょっと怖いですよ。

> 旅を楽しむには健康が第一、ということで、
> よい体調を維持されて、旅をお続けくださいませ~!

お気遣いの言葉、ありがとうございます。が、もう帰国してますw
といいますか、やっぱり日本でのサラリーマン生活のほうがよほど体力的にはきつい気がしますね〜
2013/01/26(土) 09:55 | URL | hungrykaz #-[編集]
素敵なホテル!お風呂に入りながら外が見られるんですね。大自然で、星も沢山見えるんでしょうね~
豹、バッチリカメラ目線ですね。
バッファローも迫力ありますね。
本物を見たいけれど、野生だからちょっとドキドキ、怖い気持ちもありそう~
2013/01/26(土) 21:17 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんばんは!

> 素敵なホテル!お風呂に入りながら外が見られるんですね。大自然で、星も沢山見えるんでしょうね~

風呂から外が見えるのですが、実はここの自然はけっこう木が生い茂っているので、「目の前」しか見えません。そうは言っても、日本では聞いたことのない鳴き声でなく鳥がいたりとか、やっぱりひと味違いますけどね。
星空もずいぶん見ましたが、僕は星は全然わからないので、ただ、うわ〜すげ〜よく見える〜 というレベルの感想だけでした。どうも、見ていた中には、ここからでは見えない南十字星とかもあったようですが、どれがそれだったのかは分かってません。

> 豹、バッチリカメラ目線ですね。
> バッファローも迫力ありますね。
> 本物を見たいけれど、野生だからちょっとドキドキ、怖い気持ちもありそう~

レンジャーが脅かすこともあり、バッファローは「いつこっちに向かって襲ってくるかわからない」という迫力がありました。サファリの客をライオンとかヒョウとかが襲うことってまずなくて、バッファローとかサイとか象のほうが危険なんだそうです。
でもやっぱり写真やテレビで見るのとは全然違うし、動物園で見るのとも違います。ぜったいにサファリは一度経験の価値アリです!
2013/01/27(日) 00:07 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。