hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マニラ到着初日。フィリピンは近いので、ホテルについてもまだ日本時間の5時、現地時間だと4時。移動日に目的地に着いてもまだ明るいと、なんかちょっと得した気分になれる。
さっそくホテル周辺を散策するが、歩いて3分ほどのところにでかいモールがあるのはわかっていたので、まずはそこへ向かう。
例によってあまりに巨大なモールで、一通り歩き回るだけで疲れる。さっき通ったあの店はどこだっけ?なんて曖昧な記憶をもとに探し始めるともう駄目で、一期一会と思って寄りたい店にはその時寄っておくべきだ。



何はともあれ、フードコートでメシ。フードコートは単に安いというだけじゃなく、地元の庶民が食事をするところなので、現地の人が美味いと思って食ってるものが食える。私はレストランでガイジン向けの高級な料理なんて出していただく必要はなくて、普通の人が普通に美味いと思ってるものを食いたい。なので、どこの国に行っても、何はともあれフードコートなのである。もちろん屋台メシってのも魅力的だが、後でも書くつもりだがフィリピンには不思議なぐらい屋台メシ文化というものがない。だからやっぱりフードコートなのである。



さんざんうろついたら暗くなったので、とりあえずスーパーで食料を買い込んでホテルに戻ることにする。
まずは連れが大好きな青マンゴー。青って、黄色いじゃん、と言われそうだが、ここで言う青とは、まだ熟していない、青い果実という意味。実際のところ、皮はうすい緑色で、果肉は黄色い。ちょっと旅行用ナイフで下手に切ろうとすると危険かも、というぐらいの堅さ。なので丸のままのやつを買わずに、総菜売り場にあるカット済みのやつを買ってくる。かじるとパリッとした食感で、固い柿とか、生のニンジンぐらいな感じ。
で、これが猛烈にすっぱい。
実は品種が色々あって、それほどすっぱくないのもあるのだが、今回のこれは激しいすっぱさで、私もレモンぐらいなら食えるのだが、これは何口か食っただけで断念した。唐辛子入りの塩とか、ミソ的なものをつけて食うのが定番のようで、これはエビみそがついてきた。
なお青マンゴーについては本家サイトのほうにも色々書いてるのでこちらで。



やっぱマンゴーはとろけるぐらい甘くないとね、ってことでこっちは甘いマンゴー。
日本のスーパーで売ってるフィリピンマンゴーってなんかちょっと小ぶりで、タイマンゴーと比べると有難みもないし味も劣るようなイメージがあるのだが、現地のはそんなことなくて、大きさも甘さもタイ物にまったく遜色ない。口の中で溶けるようなトロトロに熟れたやつなんて、もうこれはヤバいでしょ。これなしでは生きられなくなるというか。



アジアはどこの国でもインスタント麺が豊富だが、フィリピンには明確な特徴がある。スープなしタイプが、かなり多いのだ。日本で言うところのカップ焼きそばみたいな、お湯をそそいで3分待ったら、お湯を捨ててから味をつけて食うタイプ。
チリ・クラブ風味の焼きうどんなるものを食ってみたが、まあこの手のものの常道として、言われないとチリクラブの味はしない。言われれば何となくそんな味がするような気が、しないでもない。しかしパッケージにこんなモロにYakiudonと書いてあるってことは焼きうどんはフィリピンでは一般名詞として通用するんだろうね。



飲み物は、珍しいスイカ100%ジュース。スーパーのオリジナル商品だった模様。東南アジア各国では普通に飲めるスイカ・スムージーは絶品だが、あれはやっぱり甘みをだいぶ足してる、ってことがこの100%ジュースを飲むとよくわかる。なんというか砂糖水みたいな、味わいに物足りなさがある。果実そのものを食うときの、或いはスムージーとして飲むときの、あのシャリシャリした食感が、実は大事なのだろう。そして、同じことがナシにも言えるのだろう。



次のエントリでは翌日、本格的に街歩き。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。