hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪03月   2017年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤンゴン観光、チャウッターヂー・パヤーの次にやってきたのはカンドーヂー湖。
下調べもまったくしてなくて、ドライバーの兄ちゃんに、はい行ってきな、と送り出されたらいきなり係員がやってきて入場料とカメラ持ち込み料をとられる。金額を忘れてしまったのだが、案外高かった気がする。まあ、あくまでもミャンマーの物価にしては、という程度だが。

見渡す限り湖とその周囲の公園で、ここを見てこいと放り出されてもかなり困る。後で知ったところでは湖は周囲8キロあるらしい。歩いてみようなんて思わなくてよかった。また、道路をはさんだ反対側には動物園なんかもあって、そういう意味では上野公園的な存在か。まあとにかく広い。そして綺麗だ。景色が美しいのと、ゴミとか落ちてないというのと、両方の意味で。

P1210074013.jpg


いったいこの公園のウリが何なのかいまいちつかみきれないが、とりあえずこの物体が目をひくので、近づいて行く。
ミャンマービールのラベルに描かれる、あれだと思われる。

P1210068014.jpg


近づいてみると、ものすごく巨大な建物だ。
湖に浮かぶ船をを再現しているが、実際にはこうやって地面の上に建っている。
入り口にとくに看板らしきものもない。いったいこれは何?

P1210087012.jpg


入り口をウロウロしていたら、向こうから、いかにもそれらしい人が歩いてくる!

で、聞いたところ、ここはレストランだそう。
後で調べてみるとカラウェイ・パレスという有名なビュッフェ・レストランで、湖の向こうにあるシュエダゴーン・パヤーを観光したあと、ここにランチやディナーに連れてこられる、というのが観光コースの定番らしい。建物は豪勢で民族舞踊も見られて値段も高いが、味はたいして美味くないらしい。

P1210088011.jpg


さっきお姉さんが歩いてたのが橋の上の、いわば表玄関で、脇から回りこむと、その下に通用口的な入り口がある。いや、だからどうしたということはない。この、船の舳先部分をアップにした写真が撮りたくて降りてきたんであって、別に通用口を覗きにきたわけではない。

P1210094010.jpg


建物の正体はわかったので、湖をもっと堪能しなきゃ、と来た道を戻るのだが、やっぱりあくまでも湖と公園。とくにこれといった見所があるわけではなく、のんびりと自然を楽しむところ。観光コースの中にわざわざ入れなくてもいいと思うが、慌ただしい観光が続いてホッとしたいときに来るといいかもしれない。
というか、この写真、後から見ても和むわ〜(笑)

P1210103009.jpg


なんか遊園地の中にでもありそうな、コテコテのフライドポテト屋に群がる若者たち。伝統衣装のロンジーを着ない、イマドキの若者は、やっぱりこういう食い物に憧れるか。今は外資系のファストフード店はまったく進出してないけど、今後マクドやケンタッキーが進出したら、やっぱりすんなり受け入れられちゃうんだろうなあ。

P1210117008.jpg


例の水上レストラン。「こっから写真を撮らなきゃ」と、帰りがけにドライバーがわざわざ車を停めてくれた。ドライバーの兄ちゃんにも、僕が写真好きだということがだいぶ伝わって、色々気を使ってくれる。いいヤツだ。
これはミャンマーの「カラウェイ」という伝説の鳥をかたどった船。カラウェイは神様を運ぶ鳥らしいので、ガルーダと同じ?ミャンマービールのラベルに描かれる船と同じものだ。
日本のキリンといい、タイのシン(シンハー)やチャーンといい、ビールには伝説の生き物をブランドやロゴにするのがアジアでは定番だったのだろうか。

P1210119007.jpg


今思うと、慌ただしいミャンマー旅行の実質最終日にこの公園や、この後行くヤンゴン川沿いのゆる〜い空気が流れるボータタウン・パヤーに行けたのは良かった。旅行会社がそこまで考えて日程を組んでくれたのかはわからないが、初日にスーレー・パヤーとか街歩きに行っておいて、最終日はゆったり過ごすというのは、これからミャンマーに行く人にもお薦めできるプランだ。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
hungrykazさん、こんにちは!
写真が美しくてしばし見惚れてしまいました
そして私の知らないアジアの世界に好奇心が掻き立てられます!
タイ側の国境の町へ行った時にミャンマーは覗いたことはあるんですが(笑)
このカンドーヂ湖などミャンマーは湖が多い所なんでしょうか?
インレー湖は本当に鏡のように映し出して美しくとても神秘的な場所ですね
ホテルの巨大なウッドデッキから見る朝もやの景色がちょっとウブドの渓谷沿いのホテルの雰囲気にも似て
とても惹かれるものがあります
現地の人々の表情も豊かで写真を見ているだけでアジアを旅している気分になりました^^
2012/08/08(水) 11:17 | URL | suku #WGv/JGO2[編集]
このレストラン、金ピカで立派で、
まるで本当に寺院みたいですね~(笑)!!
うまく演出すれば、香港のJUMBOみたいな名所にできそう。

味は...?でも、おいしくても、
こういうベタな観光レストラン、決してキライじゃないので、
ベタな民族舞踊を見ながら...ベタな料理を食べてみたいかも~!

のどかな湖に似合わない...フライドポテト型のお店、
これも最近のミャンマーを象徴してる気がします(笑)。
2012/08/08(水) 13:26 | URL | キュウ親 #-[編集]
Re: タイトルなし
sukuさま こんばんは。

> 写真が美しくてしばし見惚れてしまいました
> そして私の知らないアジアの世界に好奇心が掻き立てられます!
> タイ側の国境の町へ行った時にミャンマーは覗いたことはあるんですが(笑)

ありがとうございます。
まだ今のところミャンマー観光に訪れた人は少ないでしょうが、今後必ずやメジャーな観光地になるでしょう。それだけのポテンシャルは確実にあると思います。

> このカンドーヂ湖などミャンマーは湖が多い所なんでしょうか?

とくに湖が多いわけではないですね。僕が紹介するネタに水系が多いだけ?(笑)
実はカンドーヂー湖というのは、近くに建つミャンマー寺院の最高峰、シュエタゴーン・パヤーを建てる丘をつくるために土を掘り出した穴が、そのまま湖になったんだそうです。そういう意味ではここもシュエダゴーン・パヤーと同じぐらい神聖な土地、という気が... しないでもありません。

> インレー湖は本当に鏡のように映し出して美しくとても神秘的な場所ですね
> ホテルの巨大なウッドデッキから見る朝もやの景色がちょっとウブドの渓谷沿いのホテルの雰囲気にも似て
> とても惹かれるものがあります

たしかにプライベートヴィラに比較的安く泊まれるあたりも、あの雰囲気も、バリに通じるものがありますね。

> 現地の人々の表情も豊かで写真を見ているだけでアジアを旅している気分になりました^^

そうおっしゃっていただけると嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。
(sukuさんのサイトをリンクさせていただきました)
2012/08/08(水) 23:15 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: タイトルなし
キュウ親さま こんばんは!

> このレストラン、金ピカで立派で、
> まるで本当に寺院みたいですね~(笑)!!
> うまく演出すれば、香港のJUMBOみたいな名所にできそう。

僕も中はいっさい見てないんですが、それなりに立派なところみたいです。
まあ何しろ雰囲気は圧巻なので、観光客向けには今後ますますメジャーな存在になっていくでしょう。

> 味は...?でも、おいしくても、
> こういうベタな観光レストラン、決してキライじゃないので、
> ベタな民族舞踊を見ながら...ベタな料理を食べてみたいかも~!

ね。どうせツアーで連れていかれるレストランなんて始めからみんな味なんて期待してないでしょうから、雰囲気さえ良ければそれで良しという気もします。

> のどかな湖に似合わない...フライドポテト型のお店、
> これも最近のミャンマーを象徴してる気がします(笑)。

いやー観光客の勝手な郷愁で、ミャンマー人には素朴なままでいてほしいですけどね〜 そういうわけにもいかないですからね〜
なので、欧米資本が進出する前の姿をちゃんと見ておきたい!と、今年2回連続でミャンマーを訪れたのでした。なかなか、こういう、国の大変革の時期を見ることはできませんからね。
2012/08/08(水) 23:26 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。