hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インレー湖でのサンセット。
ここからだと太陽の姿が直接は見えないが、せっかく居心地のいい部屋なので、ここからの景色にこだわる。というか、もうビール片手で、出かけていくのも面倒くさくなってる。

P1200795010.jpg


雲に当たって、太陽の光線が見える。
いつからか、僕は、この現象を「神」と呼ぶことにしている(笑)。なんか、神の登場っぽいでしょ。

P1200799011.jpg


神の出番も終わり、空は紫色に包まれていく。
直射日光が当たらなくなると、ぐっと体感気温が下がる。これだけ水と緑に囲まれていながら、案外虫が少ないのはそのせいなのかな。

P1200809013.jpg


しっかりベッドメイクされている。この部屋は、全部の電気をめいっぱいつけると、けっこう明るいのは有難い。
さて、宿に帰ってきて一安心なのはいいが、ボートという足がなくなってしまうと、ぷらっと町に出てみるなんてこともできず、メシもホテルでお世話になるしかない。
(本当は、湖とは反対側の通用口から陸のほうに出れば、陸路から隣町まで行けた模様)

P1200831014.jpg


こういうときよく利用するのがルームサービス。
レストランで食うよりも若干メニューの選択肢が少ないのが常だが、一人旅のときはこのほうが気楽でいい。
できるだけミャンマー・スタイルと書かれたメニューを探して焼きそばと、サイドメニューとして魚フライをオーダー。残念ながら魚フライは完全に洋風だったが、きっとこれはインレー湖の魚だろうと信じて、おいしく平らげた。
麺は細いうどんぐらいの感じで、日本のソース焼きそばとパッタイの中間ぐらいの、やや甘みのある味付け。

そういえば、この翌日の朝のフライトでヤンゴンに戻る予定なのだが、フライト時間が大幅に後ろにずれこんだ、と、旅行会社→ガイドさん経由で連絡が入り、更にはホテルのフロントからも連絡をもらった。まだそんなに観光客が多くないせいか、きめ細かな対応をしてくれてることに感謝。おかげで、当初予定よりも朝ゆっくりできる。

P1200833016.jpg


一夜明けて。
レストランのある巨大な建物。まだ早い時間なので人はまばら。

P1200842017.jpg


うすく霧がかかって、湿度が高い。
まだ朝日は山の向こうに隠れているが、徐々に明るくなってくるのは、雨上がりみたいな雰囲気だ。

P1200843018.jpg


それにしてもこの建物は巨大だ。
レストラン内部は体育館のように広く、外にはオリンピックプールぐらいの広さのウッドデッキが広がる。何でまたこんなにヤケクソに広大なものを作ってしまったんだろう。

P1200847019.jpg


朝食バイキングは、ほとんどが洋食系なので、素直に食う。

P1200848020.jpg


しかし。どんなに欧米風のレストランでも、やっぱりアジアのホテルに欠かせないのは麺・おかゆコーナー。
ここでは定番のモヒンガーが自作できる。わーい。
ま、自作と言っても、そうめんのような麺を器にひとつかみ入れて、魚ベースのスープをかけて、後はパクチーやらライムやらをかけるだけなんだけど...

P1200850016.jpg


まあ、普通にうまいんだが、どうもモヒンガーってのは「美味い!」っていうほど美味いもんではないようで(笑)、何度か食ったけど、う〜ん、こんなもんなのかな〜 という感想だった。
アジアの麺ではベトナムのビーフフォーがいちばん美味い気がする。

P1200851001.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
夕暮れ時のこんな良い雰囲気を味わえるなんて、
ほんとうに居心地のよさそうな部屋ですね。

いつも写真が素敵ですが、
「神」の写真も綺麗ですねー。
わたしも、もっと練習しなくちゃと…。

ところで、
わたしのナンチャッテモヒンガーと違って、
これはものすごく、
モヒンガーっぽいモヒンガーですね。
そして、
やっぱり味は大したことないんですね(笑

ではー♪
2012/07/29(日) 15:36 | URL | ぽっつ #-[編集]
こんにちは!
モヒンガーって写真ではとっても美味しそうですよー。
食べてみたい!って思っちゃいました。
スープもちょっぴりピリ辛風ですし…。(ピリ辛好き★)

それにしても本当に広いウッドデッキですね!
とても気持ちよさそう。
ここでぼんやり本を読んだりしたい!
広くて、緑があって、周りがキレイで、空気がよさそうだし
マイナスイオンがたっぷりありそうですね。

すてきだなー
東京にずっといると、こういう場所に行ってゆっくりしたいです~
2012/07/29(日) 20:20 | URL | prego #-[編集]
うわお!ここにモヒンガーなんてあったんですね!
見逃してましたよ(笑)

朝ごはんはあまり食べないのでクロワッサンと
ソーセージ類でフィニッシュしました。。。

そういえば僕も、日本の家族からの電話内容を。。。

家族→ミャンマーの旅行会社→車で移動中のガイドさん経由で
教えてくれました(笑)携帯電話のローミングがない国ですからね~

chempakaでした!
2012/07/29(日) 21:54 | URL | Chempaka #-[編集]
Re: こんにちは
ぽっつさま こんばんは!

> 夕暮れ時のこんな良い雰囲気を味わえるなんて、
> ほんとうに居心地のよさそうな部屋ですね。

やっぱり戸建てのコテージっていいですよねえ。しかもはじっこの部屋だったので、2方向はリゾートの外を向いていて、とても開放感がありました。

> いつも写真が素敵ですが、
> 「神」の写真も綺麗ですねー。
> わたしも、もっと練習しなくちゃと…。

ありがとうございます。
「神」は写真の腕ではなく、自然の為せる技ですけどね。。

> ところで、
> わたしのナンチャッテモヒンガーと違って、
> これはものすごく、
> モヒンガーっぽいモヒンガーですね。
> そして、
> やっぱり味は大したことないんですね(笑

いやー、これもしょせんは朝食ビュッフェの自作モヒンガーですから、なんちゃっての部類じゃないですかね?
二度のミャンマー旅行で幾度となくモヒンガーを食いましたが、「こりゃ美味い!」ってことはなかったですねえ(笑)。
2012/07/31(火) 22:43 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんばんは。

> こんにちは!
> モヒンガーって写真ではとっても美味しそうですよー。
> 食べてみたい!って思っちゃいました。
> スープもちょっぴりピリ辛風ですし…。(ピリ辛好き★)

ええ、見た目はうまそうなんです、モヒンガー。
タイラーメンみたいに、自分で調味しなきゃいけないんでしょうかねえ?モヒンガーの真髄に触れるために高田馬場でも行ってきますか。
(高田馬場は日本最大のミャンマー人街だそうです。確かに何件もミャンマー料理屋がありました)

> それにしても本当に広いウッドデッキですね!
> とても気持ちよさそう。
> ここでぼんやり本を読んだりしたい!
> 広くて、緑があって、周りがキレイで、空気がよさそうだし
> マイナスイオンがたっぷりありそうですね。

そうですね〜 少し高地にあるから空気も(ミャンマーにしては)冷たくて。
でも僕はどうしても水があって欲しいんですよね〜
ここだって湖のすぐそばですが、このレストランの建物は少し陸に入ったところで、直接は水が見えませんでした。

> すてきだなー
> 東京にずっといると、こういう場所に行ってゆっくりしたいです~

どうぞごゆっくり。ANAのヤンゴン直行便も始まるみたいですし。
なんか今のところ「ビジネスクラスのみ設定」らしいのが謎ですが。これってどういう意味なんでしょう?
2012/07/31(火) 22:50 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさま 毎度!

> うわお!ここにモヒンガーなんてあったんですね!
> 見逃してましたよ(笑)

あらら〜残念。これがほとんど唯一のミャンマー料理らしきものじゃありませんでしたっけ?

> 朝ごはんはあまり食べないのでクロワッサンと
> ソーセージ類でフィニッシュしました。。。

そうなんですか。僕は日頃は朝はパン半分とか小食ですが、旅行中はモリモリ食います。というか貧乏性なので、ビュッフェの全種目制覇をしないと気が済まない(笑)

> そういえば僕も、日本の家族からの電話内容を。。。
> 家族→ミャンマーの旅行会社→車で移動中のガイドさん経由で
> 教えてくれました(笑)携帯電話のローミングがない国ですからね~

そんなところも、すぐに変わっていくんでしょうね。インフラも、もしかすると人も。。

2012/07/31(火) 23:00 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。