hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンダレーで次にやって来たのは、仏教大学。
看板にはState Pariyatti Sasana University Mandalayとある。
本当は、ドライバーの兄ちゃんが僕をここに連れてきたのは、このすぐそばに建っている古い僧院のためだと思われるが、これはこれで面白そうなので敷地に入ってみる。

P1190887012.jpg


土曜日だからなのか、日中の陽射しが強い時間帯だからなのか、広い庭には誰もいない。

P1190889013.jpg


敷地はかなり広いので、いちばん奥までは行っていないのだが、いかにも校舎らしい建物は見あたらない。ミャンマー各地から集まった学生達が住んでいるのであろう寮らしき建物がいっぱい並んでいた。
みんなベランダに赤い袈裟を干している。

P1190897014.jpg


敷地内の建物。講堂みたいな感じだろうか。
それにしても誰もいないなあ。

P1190900015.jpg


こちらは、そんじょそこらの寺院よりも立派に装飾された建物。入り口から真正面の位置にある。
屋根にびっしりと並んでいるのは、よ~く見ると一体一体が仏様や神様の形に、精巧に掘られている、この後見に行く木造の僧院のデザインを模しているようだ。

P1190904016.jpg


やっと一人、構内を歩いてる人を発見。
やっぱりお坊さんの赤い袈裟というのは目立つ。
そもそも出家者は財産、私有物をもつことを禁じられており、着るものも、他に使い道がないぐらいのボロ布を、「私は出家者ですよ」と、在家者の白い衣装と区別するために草木や鉄のサビなどで黄色っぽく染めていたのが始まりらしい。これが中国や日本に伝わるにつれ形式的に、どんどん立派になっていったそうだ。
そういえばタイやラオスでは鮮やかなオレンジ色、ミャンマーでは深い赤の袈裟が一般的だが、色の違いには特に深い意味はない、とどこかで聞いた。

P1190923018.jpg


道路を渡って反対側に、アトゥマシー僧院という巨大な建物がある。日本で言うと何とか文化会館とか、何とかホールとか、そのぐらいの感じの巨大さだ。
さぞかしスゴいものだろうと期待して2階の入り口を入ると...

P1190928019.jpg


ガラ~ン。ただ広いだけ。奥の方にこじんまりと仏像が置かれてるだけ。
思うに、ここは、さっきの仏教大学が大勢を集めるときに使ったりするんじゃないんだろうか。何とも「体育館」を思わせる作りに、そう思った。

P1190932017.jpg


体育館の外に出てみるとこんな感じ。
あ、この感じ、どっかで行ったことがあるぞ!と思ったら、チェンマイのビルマ式寺院、ワット・クータオだった。

P1190939001.jpg


この建物、1階部分は吹き抜けになっている。暑さ対策なのだろうか。
1階には金の装飾は使われていないので、この雰囲気がなんともイスラム教のモスクに似ている気がした。
それにしてもこんなに巨大なのに誰もいない。
平日には、仏教大学の学生でごった返したりしてるのだろうか?

P1190945002.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
仏教大学、ものすごく立派ですねぇ!
もしかしたらお国柄、ある意味エリート大学?
閑散としているようで、洗濯物が干してあるという事は、
年末年始だからといって、帰省してるわけでもないのですかね~

前記事の、ベジタブルカレー、
自分は野菜より肉が好きなのですが、
このアジアンなカレー煮風の野菜煮だったらコクもありそうだし、
食べてみたいです~(笑)!!

いよいよ二度目のミャンマーまでカウントダウンですね!
黎明から発展へ...、大統領も久々に来日して....、
日本の新聞やTVで取り上げられることも
多くなりましたよね~。
この半年弱の間、またまた街の雰囲気@ミャンマー、
竹が伸びるようにもっともっと、勢いづいているかもしれませんね!
・・・楽しんできてくださ~い!!!
2012/04/22(日) 19:56 | URL | キュウ親 #-[編集]
キュウ親さま
キュウ親さま こんばんは!

> 仏教大学、ものすごく立派ですねぇ!
> もしかしたらお国柄、ある意味エリート大学?

軽くネットで調べたところでは、それほど歴史があるわけでもないようですが、仏教的にはしっかりしたバックグラウンドがありそうです。どっかから偉いお坊さんを呼んできて、建設地を選んでもらった、なんていう歴史が載ってました。

> 閑散としているようで、洗濯物が干してあるという事は、
> 年末年始だからといって、帰省してるわけでもないのですかね~

ミャンマーでは、我々がいうところの年末年始は特に派手にお祝いするわけではなく、4月中旬の水かけ祭りの時期(ちょうど今頃!)が年に一度のお祝いの時期みたいですね。タイと同じで。

> 前記事の、ベジタブルカレー、
> 自分は野菜より肉が好きなのですが、
> このアジアンなカレー煮風の野菜煮だったらコクもありそうだし、
> 食べてみたいです~(笑)!!

僕もインドで野菜カレーを美味い!と思うまでは肉食派でした。とくにカレーに関しては、やっぱり肉系ですよね、普通。ところがミャンマーやインド風のカレー(両者のカレーはスパイスの量が決定的に違うものの、かなり似ている)は、野菜カレーが美味いんですよ~。

> いよいよ二度目のミャンマーまでカウントダウンですね!
> 黎明から発展へ...、大統領も久々に来日して....、
> 日本の新聞やTVで取り上げられることも
> 多くなりましたよね~。

ほんとに毎日のようにミャンマーのニュースを見ますもんね。テイン・セイン大統領はミャンマーのゴルビー、という呼び声もあるようですねw

> この半年弱の間、またまた街の雰囲気@ミャンマー、
> 竹が伸びるようにもっともっと、勢いづいているかもしれませんね!
> ・・・楽しんできてくださ~い!!!

ありがとうございます!
さすがに半年前と様子が変わってたらびっくりですが、そんなこともあるかもしれませんね。。
何にもお土産を買って来られなくて恐縮ですが、せめてたくさんの写真とともに土産話をもって帰って来ます!
2012/04/22(日) 23:36 | URL | hungrykaz #-[編集]
金箔工房、やっぱりあんな感じでトンカンしながら
作業をしてるんですねえ~、写真で見たとおりだ!

僕もマンダレー訪問時にはこの金箔工房に訪れたいです!

仏教大学凄く広いですね!ミャンマーの都市部では
教育熱心な親が多く、塾なんかも流行っているそうですね。
ヤンゴン大学のレベルも年々上がってきているようですよ。

こういう面からも、この国の伸び白が垣間見れますね~。

chempakaでした!
2012/04/23(月) 01:23 | URL | Chempaka #-[編集]
Chempakaさま
Chempakaさま毎度です!
金箔工房でカンカン叩いていたのはどうやら金箔ではなく、それを包む竹の紙で、金箔はもっと厳重に(風で飛ばされたりしないように)地下の密室で作業してるらしい、と後から読んだ本で知りました。
いよいよ今夜出発です!慣れない携帯での入力なので簡単ですみません。
2012/04/27(金) 09:04 | URL | hungrykaz #-[編集]
はじめまして。

ミャンマー、政治的なニュースに
目を通すだけだったんですが、

こんなすばらしいところだったとは、
現在もミャンマー旅行中なんですよね。
新しいレポートをたのしみにしています。

2012/05/03(木) 23:33 | URL | ぴき #-[編集]
Re: タイトルなし
ぴきさま はじめまして。

コメントいただきありがとうございました。
ご承知の通りミャンマーに行っており、あちらではまったくネット接続しなかったため、お返事がたいへん遅くなり申し訳ありませんでした。

> ミャンマー、政治的なニュースに
> 目を通すだけだったんですが、

確かに最近は政治面、経済面の報道ばかりですからね。

> こんなすばらしいところだったとは、

そう思っていただけると、僕もやりがいがあります。
自分が旅行する国って、やっぱり「好き」な国ですから、その良さを人にもわかってもらいたい、という思いが強いんですよね。ましてやミャンマーのようにマイナーな国となると尚更。

> 現在もミャンマー旅行中なんですよね。
> 新しいレポートをたのしみにしています。

ありがとうございます。
ゆっくりですが、じっくり更新していきますので、お楽しみいただけると嬉しいです。
2012/05/08(火) 22:20 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
マンダレーで次にやって来たのは、仏教大学。看板にはStatePariyattiSasanaUniversityMandalayとある。本当は、ドライバーの兄ちゃんが僕をここに連れてきたのは、このすぐそばに建っている古い僧院のためだと思われるが、これはこれで面白そうなので敷地に入ってみる。土...
2012/04/22(日) 12:06 | まとめwoネタ速suru
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。