hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マニラ3日目、イントラムロス巡りの最後はサンチャゴ要塞。
前に書いた通り、今は周りが埋め立てられたので様相が違うが、かつてはここがパシグ川がマニラ湾に注ぐ河口にあたる部分だったので、要塞を作って海賊を警戒していた。今も当時の大砲(の模型?)が残されているが、虚しくゴルフコースに向かって狙いを定めている。
サンチャゴ要塞は入場料を取られるので、物売りとか馬車の勧誘とかがついてこなくて、のんびりできる。が、一歩外に出ると、奴らの勧誘はかなりしつこい。全然平気だったという声も聞く一方で、ものすごくボラれたという書き込みもよく目にするので、やはり警戒するに越したことはないだろう。私はもともと自分で歩くのが好きなので興味はないが。



一通りイントラムロス見物を終えて、ホテル近くまでタクシーで帰って、メシ。フィリピン料理ってどういうもの、と言われると一言では表現しにくい、というか私もそこまで分かってるわけではないのだが、タイ料理みたいなはっきりした味付けではないし、マレーシアみたいにインドや中国の影響がわかりやすいわけでもないし。宗主国だったスペインやアメリカの影響も、そんなにはっきり出ているわけではない。まあ、ファーストフード店がやたら多いという点は明らかにアメリカの影響か。
むしろ感じるのは他の東南アジア諸国との共通点だ。日本で生春巻きと言えばベトナム料理だが、実はタイでもマレーシアでも食えるし、フィリピンでも、そういう名前ではないが、同じものがあった。20センチ×5センチぐらいのでかいやつで、写真は既にナイフでカットした後。ライスペーパーで春雨とか野菜を包んでるという点でベトナムなんかと同じ生春巻きだ。



メシのあとホテルに戻ってちょっと休憩していたら、すっかり夕方になっていた。まずい、マニラ湾に夕日を見にいかなきゃ、間に合うだろうか?と焦ってホテルを出る。ホテルから海辺までは徒歩3分ほどだが、ロハス通りという交通量の多い大通りを渡らないといけないので、ちょっと待たされる。まさにその間に、真っ赤な太陽は、雲のむこうに姿を隠してしまった。昼間は太陽の移動するスピードなんて気にしたことないけど、沈むときの太陽って、ほんとに動きが速い。
しかしマニラの地元民は夕日に一喜一憂するでもなく、思い思いに夕涼みを楽しんでいる。昼間よりも明らかに人が多く、みんな何をするでもなく、ぶらぶらしている。何だかのどかな雰囲気だ。



さっきメシ食ったばかりなので夕食は軽く済ませようと、スーパーで買い物してきた。
旅行中はホテルの朝食バイキングぐらいでしか食わない生野菜を久しぶりに食おうとする連れと、いや、でもせっかくだからフィリピンらしいものを、という私の折衷案でマンゴーサラダ。写真だとにんじんみたいな色に見えるのが紛れもないマンゴー果肉。白っぽいのはチキンのフリッター。これに、甘いマンゴードレッシングをかけて食う。甘い食事が苦手な連れはダメだったが、マンゴー好きの私はツボで、ばくばく食った。



もうひとつ買ってきたのが、シシグ。フィリピン料理で、挽肉とタマネギとかを混ぜたものをご飯に添える。
これはフィリピン国民にとっては相当ポピュラーな食い物のはずで、シシグ味のスナック菓子とかも普通にコンビニに売ってたりする。しかし、フィリピン人がそれなりに多いはずの日本では、まったく見かけない。
そればかりか、これだけ世界中の料理が食える東京で、フィリピン料理店というものをほとんど見かけた記憶がない。いまGoogleで調べてみたが、やっぱりタイ料理やベトナム料理に比べて圧倒的に少ない。たぶん日本にいるフィリピン人のほうが、タイ人より多いと思うのだが、何故なんだろう。別に日本人の舌にあわないってわけでもないし。



これがシシグ。暗いホテルの部屋で撮ったので色あいがあんまりおいしそうに見えないが、まあ豚挽肉とタマネギなので、普通においしい。レシピを見ると、豚は「ほほ肉」を使い、味付けもカラマンシーというライムみたいなのを効かせるもののようだ。
シシグについてはちょっと調べて本家サイトのほうに書いておいたのでこちらで



こうしてマニラの夜は暮れ、明日はいよいよ、秘境エルニドに移動!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。