hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュエタゴーン・パヤーはゆっくりと闇に包まれる。
しかし参拝客はどんどん増え、境内はライトアップされ、なんだかお祭りの夜店のような賑わいだ。

P1190030015.jpg


お坊さんが読経している祈祷堂は、信者で満員。ライトアップ目当ての外国人観光客も多いが、それ以上に、お祈りに来た地元の人々が多い。暗い中で灯りに照らされた黄金は、渋い輝きを放ち、じわっと有難みが伝わってくる。

P1180999009.jpg


もちろん大仏塔にもライトが当てられ、闇の中で荘厳な輝きを放つ。
太陽の光で輝く姿も美しかったが、闇に浮かび上がる姿は、それ以上に美しいかもしれない。

P1190023014.jpg


ふもとの小仏塔にもネオンの明かりが灯り、何とも言えない妖しさを醸しだす。
仏様の「後光」はまだわかるとして、仏塔の周りにまで電飾を巻きつけるのはどういう感覚なんだろう。普通我々がイメージする仏教寺院とは対極のイメージだけに、興味深い。もちろん電気が普及する前にはこんな風習はなかったはずで、いつ、どんなきっかけでこんなのが広まったのか調べてみようと思ったのだが、ネット上では全然それらしき情報は見つけられなかった。

P1190016012.jpg


でも慣れると、なんかこれはこれで神聖な感じがして見えてくる(笑)。

P1190009010.jpg


ミャンマーの一般市民は、何をお祈りしているのだろう。
これから急激な西欧文化、資本主義の流入で、社会が激しく変わっていくのは避けられないだろうが、彼らは信仰心を失わずに、こうやってお祈りに来るだろうか。

P1190011011.jpg


壁際のほうの、人通りが少ないあたりに来ると、これはこれで実に味わい深い。
仏様たちと、ゆっくり一対一で対峙する。それは、実は、自分と対峙しているのかもしれない。
おかしなことを言うように聞こえるかもしれないが、僕はここで随分とリフレッシュされた気がする。

P1190020013.jpg


ちょうど夕暮れから日没までの時間を過ごせたので、なんだかんだでここには2時間ぐらい居た。運転手の兄ちゃん、待ってるだろうな~と思いつつ。まだこの国はケータイ普及率が高くないようで、いつでもどこでも携帯で話している他の東南アジア諸国に比べると、その点で時間の流れがゆったりしているように思う。思えば、我々も携帯を持たない頃って、待ち合わせで待たされたりするのって、当たり前のことだった。あの頃の感覚が、今でもミャンマーでは通用する気がする。と遅くなった言い訳をしつつ、あともうちょっとだけ、この場を堪能する。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
~すぎる●●というのを最近ききますが、まさにここは美しすぎるお寺ですねー。
ネオンがすごいですが・・・^^;
昔は真っ暗だった時もあるんでしょうね。
夕暮れ時、かなり人がいるんですね。

ついつい長居してしまう気持ちが伝わってきました!
2012/02/04(土) 20:14 | URL | prego #-[編集]
Re: タイトルなし
pregoさま こんばんは!

> ~すぎる●●というのを最近ききますが、まさにここは美しすぎるお寺ですねー。
> ネオンがすごいですが・・・^^;

いやいや、ネオンも含めて、美しすぎる、楽しすぎるお寺ですよ。

> 昔は真っ暗だった時もあるんでしょうね。

そうですね、ここは街の中心からは少し離れていて、周囲が公園だったりして真っ暗なので、ライトアップがなければ本当に真っ暗だと思います。

> ついつい長居してしまう気持ちが伝わってきました!

それは良かったです。お寺にいるのが楽しくて、運転手を待たせてるのにどうしても「あとちょっとだけ」と粘ってしまう、こんなマニアックな気持ちを理解していただけて嬉しいです(笑)

さっきもテレビのニュースで、ミャンマーで民主化が急進展してると報じてました。こんな変革の時期の国を見てこられたのは、本当にラッキーでした。
2012/02/05(日) 01:03 | URL | hungrykaz #-[編集]
LED一辺倒のライトアップよりも、
金色が間接照明のように光り輝くこの眺めのほうが、
とっても贅沢な感じですね~!!

黄金の寺院で過ごすマジックアワー、
2時間位は、あっという間に過ぎちゃいそうですね!

神聖な仏像、
金色の仏さまも、最後の写真の白い仏さまも、
神聖だけど何故だかちょっと妖しい感じもして、
・・・な~んて感じちゃう自分は、俗物日本人だからでしょうか(笑)!?
2012/02/05(日) 12:01 | URL | キュウ親 #-[編集]
Re: タイトルなし
キュウ親さま こんにちは。

> LED一辺倒のライトアップよりも、
> 金色が間接照明のように光り輝くこの眺めのほうが、
> とっても贅沢な感じですね~!!

そうですね、金色の壁や仏像に、あまり強くない光があたって、渋く光ってる様子ってのはとても綺麗で、かつ、なんだか厳かな気分になります。

> 黄金の寺院で過ごすマジックアワー、
> 2時間位は、あっという間に過ぎちゃいそうですね!

あ、マジックアワーなんていういい表現があったんですね。今まであまり「影のない時間帯」を明確に意識したことがなくて、夕方といえば赤く染まる空ばかりに気をとられていたんですが、これからはちょっと意識的に写真を撮ってみます。

> 神聖な仏像、
> 金色の仏さまも、最後の写真の白い仏さまも、
> 神聖だけど何故だかちょっと妖しい感じもして、
> ・・・な~んて感じちゃう自分は、俗物日本人だからでしょうか(笑)!?

「妖しい」というより「怪しい」という感じでしょうか?
いやいや、わかりますよ、何というか、若干マンガっぽいというか、どこまで本気でやってるのか若干不明な雰囲気。まあ、ある種のゆるキャラでしょうか。なーんて、何を言ってるんですかね、仏様相手に(笑)
2012/02/06(月) 23:41 | URL | hungrykaz #-[編集]
そうそう!この雰囲気ですね~!
僕もず~~っとウロウロしてました。

実は年代物で古い仏像さんであっても常に修復する
文化の為かピカピカなんですよね。「古美術」的な
ものに価値を見出さないようですね~。。。

僕もここでたくさんの写真を夢中に撮りましたが何枚撮っても
残せない、表現できない感動がありました!!

chempakaでした!
2012/02/09(木) 01:50 | URL | Chempaka #-[編集]
Re: タイトルなし
Chempakaさんこんばんは。

> そうそう!この雰囲気ですね~!
> 僕もず~~っとウロウロしてました。

ですよね~。安らぎますよね~。

> 実は年代物で古い仏像さんであっても常に修復する
> 文化の為かピカピカなんですよね。「古美術」的な
> ものに価値を見出さないようですね~。。。

そのようですね。バガンでは、仏塔は年代モノでも、中の仏様はやけに真新しかったりしましたね。
まあ、それはある意味、仏様に接するのが日常生活の中に溶け込んでることの表れのようにも感じます。

> 僕もここでたくさんの写真を夢中に撮りましたが何枚撮っても
> 残せない、表現できない感動がありました!!

まさに「空気」ですね。
写真にも映像にも残せない、だからこそ、僕らは旅に出るのでしょう。
2012/02/09(木) 23:52 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。