hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モルディブで2回目の夕暮れは残念ながら雲が多く、空が赤くなるより先に黒くなってしまった。

P1090437009.jpg


翌日はホテル併設のマリンセンター主催のシュノーケリング・ツアーに申し込んだ。シュノーケリングだけでなく、海の真ん中に登場するサンドバンクに行ったり、イルカにも会えるかも?という欲張りなコース。
連れは船に酔いがちなので、リゾートに常駐している(これは凄いと思った)医者へ行って、酔い止めの薬をもらう。僕は以前沖縄でシュノーケリング中に眼をやられてしまったが、「島には医者がいなくて診療所があるだけ」だとホテルで言われて、そうか、離島ってのはやっぱりリスクがあるんだな、いざという時は怖いな、と実感したことがある。

やっぱり海に入ったり、自然の中で体を動かしていると、どうしても怪我をする機会は多くなると思うので、「医者が常駐」ってのはとても安心感がある。酔い止めの薬ぐらいならほいっとタダでくれる、適当な感じもいい。

P1090446008.jpg


このリゾートには3つレストランがあることは以前書いたが、オールインクルージブプランの人が食べたい放題食べられるのはそのうち1つだけ。なので、滞在中はずーっと同じレストランなのだが、滞在中1回だけ、別のレストランでのディナーという特典がついていた。

さすがにバフェのレストランではこんなのは出てこない、という立派なステーキが出てきたりして、それなりに美味かった。海のすぐそばのテラス席なのはいいが、やたらと暗い。食べ物はコースで勝手に出てくるからいいが、ワインメニューとか読めなくて困る。「お任せ」と言わせる作戦か?

P1090466007.jpg


モルディブの夜は暮れる。
そして朝。
部屋が向いているのは西、サンセット側なので、日の出はちょっとぼんやりした景色。まあ、これはこれで幻想的かもしれない。部屋の玄関を出て、太陽が姿を見せている側に行って見る。

P1090487006.jpg


ちょっと雲が多いが、太陽が姿を見せていた。まだ人の気配のない水上コテージに、静かに波が打ち寄せる。

海の孤島でがっつり肉を食って、日の出と共に起きる。
なんの不便もない高級リゾートなんだけど、なぜか人間の原点に還れるような気もする。

P1090491020.jpg


この日の朝飯は典型的な洋食にしてみた。
卵も野菜もソーセージも当たり前の物だが、この海の孤島では、それさえもが輸入に頼らざるを得ない貴重な食料だ(卵ぐらいは自給してるかな?)。

P1090500019.jpg


朝飯から部屋に戻る途中、浅瀬をすいすいと泳ぐエイを発見。ほんとにすぐ足下を泳いでるので、こんなにアップで撮れた。

P1090503018.jpg


ついでに近くにいたイカ。泳ぎならが七色に体の色を変えるイカは、本当に宇宙生物ではないかと思う。あんまり突飛なことを言い出すと変な奴だと思われそうだが、イカとタコには気を許してはいけないと思う(笑)。

P1090511017.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ~
もう、水族館みたいですねー!
魚だけではなく、こんな生き物も見られると思うと、
ずっと海の中をみていたくなりますね。
私も昔フィジーに行ってシュノーケリングしたときに
あまりにいろんなものが見えて楽しくって、背中すごい焼けちゃったことが…
いやー、それにしてもきれいです!
2011/08/14(日) 20:55 | URL | prego #-[編集]
pregoさんこんばんは!
モルディブは、ただキレイなだけではなく、そこそこ自然も楽しめるところが魅力でした。海なのに、無限に広がる広大なプールみたいな感覚で遊べるので、きっと小さい子供連れなんかにもいいんだと思います。ちょっと贅沢ですが(笑)
僕も5年ぐらい前にフィジーに行きましたが、フィジーのほうがワイルドな、荒削りの楽しさがあった気がします。
2011/08/14(日) 23:02 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。