hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャイプールの夜の街をぶらぶらと歩いて、ホテルに戻る。
商店街のあたりは明るくて、歩道もちゃんとあるので良かったが、それ以外のところは舗装されてるのかされてないのかよくわからないような道で、はじっこに寄るとぬかるんでたりする。にぎやかなエリアからほんの100メートルなのに街灯もなくて、走り過ぎる車のヘッドライトが頼りだ。

食材を売る店はたくさんあったのだがなぜかレストランはあまり見かけず、宿に戻ってホテルのレストランで食うことにした。もっとも、ネットで読んだインド旅行者の皆さん、全員が全員インドでは腹の調子を崩しているので、1ヶ月滞在できるバックパッカーならまだしも、時間刻みのスケジュールの旅行者は、あまり冒険はしないほうがいいのだろう。

さっきは気づかなかったがホテルの庭にはプールがあった。残念ながら朝晩は冷え込むので、プールを楽しむことはできなさそうだ。ま、旅の後半はモルディブだから、水遊びはいくらでもできるもんね。

P1080264002.jpg


中庭。右側が客室で、正面がレストラン。
街の中心部だが、大通りからはかなり奥に入ったところにあるので、静かで、落ち着いたなかなかいい雰囲気だ。

P1080274001.jpg


レストランはアラカルト注文もできるが、基本はブッフェだった。
そしてブッフェのメニューも、基本はカレーだった。これで7食連続のカレー。
しかしここまで来ると、カレーじゃなければメシじゃない、みたいな気になっている。いや、そんなこともないか(笑)。
もちろんカレーがメインだが、それ以外にも色々とおかずがあったのが良かった。
肉や野菜を香辛料で絡めて炒めたものとか、日本で出されればこれもカレーの一種と呼んでしまいたくなるが、いやいやこれはこれで立派なひとつの料理だ。

P1080305023.jpg


日本のインドカレー屋で食べ放題のところは、ナンも焼いたものをどさっと置いてあって、取りに行ったらすっかり冷めて固くなってる、なんてことは良くあるが、流石にここは本場の高級レストラン。ナンはちゃんと焼きたてを個別にサーブする。
ビールは残念ながらインド物を全然置いてなくて、カールスバーグやらツボーグやら、なぜかデンマーク物。どういう縁だ?

P1080309022.jpg


デザート。
やはり暑い国のデザートというのは、強烈に甘い。左側は豆なのか、芋なのか、何かをすりつぶして砂糖と混ぜて固めたような、シンプルなお菓子。なぜか銀箔で覆われる。
そして問題は右側。申し訳ないぐらいピンぼけなので何だかよくわからないだろうが、挽き肉と砕いたナッツを甘く煮たもの?見た目はデザートっぽくなく、トマト味でもしそうなものだ。ところが、これが甘い。そして美味い。なんだか不思議な、今まで食べたことのない美味さだ。日本、特に東京では世界のどんな料理でも食えるので、ゲテモノとかは別として、たいていの料理を食っても驚くことはあまりないが、これは新鮮な驚きだ。思わず、二度おかわりした。これも上には銀箔。銀って体に悪くないのか?

P1080312021.jpg


レストランの中も部屋と同じデザインで豪華に飾られている。壁一面にずっと並んでいる肖像画は、この宮殿の歴代当主だったマハラジャたちなのだろう。

P1080316020.jpg


レストランからの帰り、客室棟1階のロビー。誰もいないので自分の部屋のリビング感覚でちょっと休憩。
ここにも歴代当主たちの肖像画が飾られる。
束の間の別世界。

明日はもう少しだけジャイプールを観光して、デリーへ移動し、夕方のフライトでもうインドを発つ。まあ何とも慌ただしい旅だった。もちろん、旅の後半は4日間何の予定もなくのんびり過ごすアテがあってこそ。
それにしてもジャイプールは楽しい。できれば昼間、明るいときにもっと街を自分たちで自由に歩き回ってみたいものだ。ピンク・シティのジャイプールのさらに西には、街の建物が青く塗られたブルー・シティのジョードプル、ホワイト・シティのウダイプルなんてのもあるから、今度はもう一度この辺をじっくり廻る旅に来てもいいかもしれない。

P1080276026.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。