hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪03月   2017年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デリー観光2箇所目は、ジャマー・マスジッド。
1658年に建立されたインド最大のイスラム寺院で、今でも現役。1日5回のお祈りの時間はムスリムしか入場できないが、それ以外の時間帯は観光客に開放される。

P10701330416.jpg


肌の露出が多い服装だと入場できないので、上から羽織るものを入り口で借りる、というのは宗教関連施設にはよくあることだが、ここでは女性は肌が露出してようがいまいが、一律に着させられるようだ。
何もこんなデザインにしなくても... というようなガッカリする柄だが、これなら持って帰られてしまうリスクはないかも。
モスク前の広場は完全な「屋外」だが、当然靴は入り口で脱いでくるので、裸足や靴下で歩き回ることになる。チェンマイの寺院でも思ったが、雨だとえらいことだ。

P10701340416.jpg


たまねぎ型のドームに、両脇にミナレットと呼ばれる塔。タージ・マハルに代表される、完璧なシンメトリーの幾何学的デザインがここでも見られる。後で出てくるが、これを建てさせたのは、かのタージ・マハルを建てさせた皇帝シャー・ジャハーン。建物の美しさへのこだわりは並ではない。
手前の人が集まっているところには水が溜められており、信者はここで身を清めてからお参りする。

P10701390416.jpg


広場は相当なスペースがあり、最大2万5千人を収容できるとか。
たしかにそのぐらいの広さはありそうだが、しかし周囲の街がごちゃごちゃしていて道路も狭いので、お祈りが終わった後の帰り道の混雑たるや、ものすごいのだろう。

P10701360416.jpg


お祈りの時間に向けた準備なのか、じいさんが敷物を並べていた。

P10701430416.jpg


それではいよいよモスクの中へ。
と言ってもイスラム寺院なので、特に何があるわけでもない。偶像崇拝を禁じたイスラム教では、お祈りすべき対象はただ独りアッラーの神のみ。仏像とか祭壇みたいなものは一切置かれない。信者たちはモスクの奥に向かってお祈りしているようにも見えるが、彼らが頭を向けているのはモスクの建物ではなく、そのずっとずっと向こうにあるメッカである。

お祈りの時間帯じゃなくてもお祈りしている人たちが、ぽつぽつ。あとは欧米人の(なぜか高齢者がやけに多い)観光客が闊歩する。シュールな光景だ。

P10701500416.jpg


入り口に近いあたりは、お祈りが始まるまでの間の信者の休憩所。
一切の煌びやかさはなく、地味と言ってもいいぐらいの建物だが、その造形美は見事なものだ。

P10701580416.jpg


記念写真を撮っていたら、ガキの集団が近寄ってくる。小遣いをせびられるのかと思って無視していたが、一緒に写真に写るだけ写ったらさっさと行ってしまったので、単に一緒に写りたかっただけのようだ(笑)。

P10701740416.jpg


入り口で靴を脱いでいくので若干心配だが、一応そこにいるじいさんが靴番として見張っている模様で、帰りにチップを渡す。入場料はとくにないようだが、カメラ持ち込み料を取られる。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
一気読みさせていただきました。
寺院、すごい素敵ですね。
手前に写っているものは色鮮やかなのに、バックが霞がかっているみたいで、
幻想的な感じですね。
塔の装飾も素敵です。
2011/04/26(火) 22:51 | URL | chiruchiru #-[編集]
chiruchiruさん、霞がかかってるように見えるのは、実際にかかってたからです(笑)
クトゥブ・ミナールのところで書きましたが冬のデリーってのは霧がすごいんだそうで、2月はちょうどそれがマシになる季節だったんだそうです。暑すぎることもなく、そんなことは知らなかったんですが、北インド旅行には2月ってのはずばりベストシーズンなんだそうです。
2011/04/26(火) 23:31 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。