hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デリーに到着、もう夜なので、この日はガイドにホテルに連れていってもらうだけ。
さっそく大渋滞の洗礼。なんだかこっちの人々は車線というものを気にせず、隙間があればそこにどんどん突っ込んでいくので、実に混沌としている。しかも、クラクションを鳴らすことを何とも思っていないので、鳴らすわ鳴らされるわで、とにかくやかましい。まさに、喧噪という感じ。

我々が泊まるホテルは、デリーの中心部からはだいぶ南に離れたところに、ぽつんとあった。
デリーのホテル選びは、とても難しい。世界的な有名ブランドチェーンもあるし、現地資本の一流ホテルもあるのだが、とにかく高い。名の知れたホテルを選ぼうとすると、平気で1泊3万円とかして、東京並か、もしかすると東京より高いぐらいかもしれない。
さすがに身分・階級がはっきりしていて、貧富の差が激しい国だけあって、下を見ればキリがない。数百円で泊まれる宿だっていくらでもあるが、ガイドブックにはさんざん脅し文句が書いてある。中庸の、1万円弱ぐらいでそこそこキレイなところ、というのはデリーではたぶん「二流」になるので、規模が小さかったり(が故に口コミが少なかったり)Webサイトが充実してなかったりして、情報収集が難しい。

P10609750416.jpg


なんとか情報収集して、ロビーの写真のインドっぽさに何となく惹かれた「グランド・サルタージ」をチョイス。ほとんど寝るだけしか過ごさないんだし、そんなにこだわりはないのだが、やっぱりゆっくり湯船に浸かって風呂に入りたいとか、最低限の清潔さであって欲しいとか言ってると1泊8000円~1万円ぐらいのランクになるようだ。

こうして部屋の写真を見ると充分すぎるぐらいキレイに見えるが、やっぱり色んなところで「一流ホテルとの差はこういうところに出るのか」と思わされる。部屋に備え付けてあるホテル案内のパンフレットがボロボロかつ中身がほとんどなかったり、湯沸かし器の中がイヤな感じに汚れていたり、洗面所の換気が悪かったり、風呂場の足下のタイルがはげ落ちてたり... 挙げていけばキリがない。が、こちらも割り切ってるので、まあOK。今回の旅では5箇所のホテルを転々とするが、宿を変える度にグレードアップして、だんだんいいホテルになっていく、という仕掛けにしてあるのだ(笑)。

P10609810416.jpg


ガイドからは、夜はあんまり出歩かない方がいいと言われたが、こっちもおとなしくしてるはずがない。
早速外に繰り出す。一応、近所にめぼしいレストランがなければ、ホテルの1階にバーが、2階にレストランがあることは確認。

P10609990416.jpg


なんか「郊外の国道沿い」的な雰囲気で、ホテルの目の前の道はかなり交通量が多く、とても向こう側には渡れないぐらい。道沿いに店は少なく、歩いている人もほとんどいない。
3分ほど歩くと、少し店がありそうな雰囲気になってきた。どうせよくわからないので、もう見つけたところに入ってしまえ、と何系のレストランなのかもよくわからずに突入。

しかしこれが意外にキレイなインドレストラン。ほとんど満席の店内には外国人の姿も見えるし、ちょっと金持ちっぽい客層にも安心。ちょうど店内では伝統音楽の生演奏中だ。

P10700040416.jpg


「ターリー」というインドの定食(数種類のカレーとナン、ご飯がセットになったもの)を頼もうとしたら、ないと言われる。たぶん高級な店だからだろう。メニューに値段も書いてあるから変にぼったくられることもないだろうと、「インドは初めてなのでよくわからん。おすすめをくれ」といくつか候補をあげてもらい、結局無難なタンドリーチキンとマトンカレーを頼む。
かなり暗い店内でフラッシュをたかずに撮影したものを無理に明るく補正したので、写真はあまりキレイじゃないが。

P10700090416.jpg


連れは辛すぎるものは食えないのでちょっと懸念していたが、全然辛すぎることはなく、普通においしく食えた。

P10700140416.jpg


レストランの周囲はこんな感じで店はそれなりにあるのだが、もうみんな閉まっていて、人もいなくて寂しい雰囲気。まだ夜10時ぐらいだが、街はすっかり寝静まってしまったようだ。
イスラム教のように明確に禁じられてはいないが、ヒンドゥ教でも飲酒は好ましくないものとされており、飲み屋のようなものがないのも、(観光地からはだいぶ離れたこの辺の)夜の街が寂しい要因だろう。

P10700240416.jpg


この後はホテルに戻り、翌日からのハードな観光に備える。明日は7時半出発だ!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
インドもクラクションを鳴らしまくりなのですね?(笑)
隙があれば抜かす、二重追い越しは当たり前、追い抜いたと思ったら対向車が!(笑)
ヒヤヒヤしますね~(笑)

湯船に浸かる。。。
ん~~日本人DNA全開ですね~(笑)
僕も出来れば浸かりたい派です!

写真を拝見するときれいで清潔そうな部屋ですけど細かなところを見るとダメですか?
それにしてもインドの宿選びは大変そうですね~。
僕も最後は勘と勢いで決定しそうです。。。(笑)

chempakaでした!
2011/04/21(木) 23:56 | URL | chempaka #-[編集]
chempakaさんこんにちは。
デリーの道は、それはもう、クラクションを鳴らすのが普通、という喧噪でした。渋滞してるので追い抜きはナシですが(笑)

写真では部屋は綺麗に見えるでしょうが、それはライティングと撮影の技術であって(笑)、ちょっといただけませんでした。このレベルで8000円って、東京より高いじゃんか、という感じです。
後で登場しますが、インドにはマハラジャの邸宅をホテルに改装した「宮殿ホテル」なるものがあるので、これが楽しいですよ。
2011/04/23(土) 10:09 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。