hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闘えジャパニーズ・ビジネスマン
震災後、最初の営業日。そして「計画停電」の初日。
朝はいつもより早く、電話で起こされる。計画停電に伴い電車が動かない路線があるので、出勤状況のチェックだ。
早めに家を出るが、駅に入ってきた段階で電車は超満員、とても乗れない。一本見送り、二本目も同じ状態だったので乗るのを諦めて、ターミナル駅まで歩いた。

ターミナル駅からの地下鉄がまた、超満員。ホームじゅうに人が溢れる。乗車後も思い切り押されて新聞も読めない。そもそも一部しか電車は動いていないので、いつもより人は少ないはずなのだが、電車の本数じたいが間引かれているので大混雑。なぜ間引いて運転するのかと言えば、前の日の夜に突然発表された「計画停電」にあわせて急遽運行ダイヤを組んだので、余裕のある組み方しかできなかったのだろうと思う。

今日は東京はやけに暖かい一日だったので、朝から汗ばんで、出社。明らかに、街を歩いている人が少なかったが、結局職場に出勤できたのも6割程度。JRの長距離路線がダメなので、神奈川方面など、遠方から通う人はほとんどなすすべがなく、自宅待機。

中には、とにかく動いている路線を乗り継ぎに乗り継いで横浜から3時間半かけて来た人や、更には藤沢の家を朝出て午後3時にようやく会社に到着する強者もいた。
しかしやっと着いたところで、お客さんも出社できてないので、結局打合せは中止。社内の関係者も揃わないし、安否確認やら節電の呼びかけやら、電車が動かなくなるから早く帰れとの本部命令やらで、結局仕事にならないまま帰ることになる。

帰りにスーパーに立ち寄るが、昼間のうちにすっかり買い占められて、驚くほど品物が少ない。
魚、肉、卵、パン、牛乳なんてのはもちろん、米やパスタ、缶詰、インスタント食品、冷凍食品なんていう備蓄系のものまですっかり買い尽くされている。被災地では必要最低限しか買わない「譲り合い」が見られるとニュースでやっていたが、東京では、自分がやらなければ誰かがやるだけ、という理論なのだろう。遠慮はない。

スーパーの件はともかく、交通の大混乱はすべて直前アナウンスと直前変更を繰り返し、どこにも正確な情報を流さないまま実行に移す「無計画停電」が悪いのだと、東京電力を非難する声が大きい。
一方、被災地の人たちの辛さを考えれば、東京の人間もそのぐらいの不自由は我慢しろ、という意見がある。

心情としてはその通りではあるのだが、わかっていただきたい。
「計画停電」に反対しているわけではない。超満員電車だって、我慢する。
我慢ならないのは「計画」とやらが全然計画になっておらず、我々がビジネスの計画をたてられないことだ。

土日はテレビに釘付けだった。
何とかしたい。自分にできることはないのか。少しでも力になれることはないのか。忸怩たる思いでテレビを見ていた。
ただ、復興支援に何のノウハウももっていない僕がのこのこ被災地に出かけても、役に立たないことはわかっている。復興支援はその道のプロに任せて、僕は、僕がやるべきことをやり、僕の役割を果たすことで、この困難な状況に立ち向かう日本を支えるべきなのだ。

たとえ気持ちはそうであっても、実際には日本人全員が復興に関わるわけにはいかない。その間、経済活動を停滞させるわけにはいかないのだ。経済活動が停滞している風に見えるだけでも、株式相場と為替相場は敏感に反応する。我々は日本国のエンジンを回し続けるべく、今まで以上の勢いでビジネスを継続しなければならない。
東京電力の「無計画停電」が、その足かせであってはならないのだ。

話は簡単、単に「きちんと計画を二週間先まで開示し、その通りに実行する」だけでいい。後は、その道のプロフェッショナルたちがどうにでも処理する。
ところが「開示されている計画通りに行かない」と、どんなプロでもさばきようがない。結果、我が国の経済活動は停滞する。ただでさえ復興にお金がかかるというのに、それを稼ぐエンジンまで停止しようというのか。

3時間、5時間かけて、どうにか職場にたどりつくサラリーマンたち。
彼らに仕事をさせてあげて下さい。
東京のビジネスマン達は、「不便」にぶーぶー文句を言うようなガキではない。
俺たちが、しばらくの間は日本を支えるから、働かせてくれ。そう言っているだけなのだ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無事でなによりです・・・
大変でしたね。
更新を拝見できてよかったです。
ここ数日はネットを見る気力も失せて、更新されているのにも今さっき気づいたところです。
ご無事で何よりです。

福岡の街でも、被災地域の知人などに送るのでしょうね。
今週前半は、単一単二の乾電池や懐中電灯、パック入りのご飯、カップラーメンなどが、スーパーから消えていたりしました。
今も、こちらでも品薄な状況は続いています。
遠く離れてた福岡でこれなのですから、人の多い東京近辺ではニュースに出るシーン以外にも大変な状況が多くあるでしょうね。
大変でしょうが、ムリはなさらないでくださいね。
気を張って頑張り続けると、プチンと弾けた時が心配になります。

福岡の地では、大したこともできず無力さを感じずにはいられませんが、少しづつでも、きっと状況は良い方へ向いてくれると信じています。
ただただ現状が快方に向かうことを願わずにはいられません。
ご無事を確認でき、安心いたしました。
2011/03/18(金) 22:10 | URL | プライサニー #HfMzn2gY[編集]
プライサニーさんこんばんは。ご心配いただき恐縮です。
僕など、東京の人間は不便だ不便だと言いつつまったく平気ですので、ご心配には及びません。むしろ懸念すべきは日本の経済活動です。結局計画停電を起因とする交通機関の麻痺や、工場/データセンターなど企業のライフライン停止に振り回されて、実に見事にビジネスが停滞した一週間となってしまいました。

スーパーやコンビニには少しずつ物が戻りはじめてます。
水曜日にスーパーに食パンを見つけたときの感動といったら(笑)!
そうですか、福岡でも買い占めが起きてるんですね。まあ買い占めは中国にまで飛び火してるというから、ある程度は避けられないことなんでしょう。ネット上では買い占めを戒める運動が起きてきたりしてますし、残念に思わされる事象も多い中、やっぱり日本人は捨てたもんじゃないな、と思える事も、同じか、それ以上に多いことが救いでした。
この一週間にトイレットペーパーを買い占めた人々は、いったいなぜ自分がそんなことをしたのかよーく省みてみて欲しいですねえ。ていうかウォッシュレットじゃないのか?(笑)

西日本の人たちには色んな面で支えていただかなくてはいけませんが、どうかよろしくお願いします。
2011/03/19(土) 03:09 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。