hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルアンパバーン空港に到着し、お出迎えの車に揺られること15分。お世話になるロータス・ヴィラに到着。
ルアンパバーンは、町全体が世界遺産という観光地でありながら、国際的なチェーン系ホテルがひとつもない。こういう都市も珍しいのではないか。

P1050943001.jpg


ロータス・ヴィラは僕がいつも参考にするTripAdvisorで人気上位で、町の中心からあまり離れず、そこそこ値段がリーズナブルなので選んだ。
部屋は2ランクあるが安いほうは満室だったので高いほうを選んだ。まあ、高いだけあって、えらく広い。玄関のドアを入ると、まず数メートルの通路があり、突き当たりには本棚。その横には洗面所。入り口にまず洗面所という作りは珍しいが、外出から戻ったらまず手を洗ってうがいをする僕にとっては、とてもリーズナブルな作りだ。

P1050929015.jpg


洗面台の向こう側が、ベッドルーム。キングサイズのベッドがどーんと置かれる他は、家具らしい家具もない。その向こうがリビング、と言ってもこちらもちょっと殺風景。

P1050933003.jpg


全体に控えめな、シンプルながらも上品な作り。しかしシンプルなだけに、広い部屋はちょっと寂しい。
ソファが真っ赤だったりするが、変にどぎつい感じはなく、こうして部屋全体を見ても、うまく調和しているように見える。なかなかいいセンスだ。
特徴的なのは、部屋にテレビがないことだ。テレビなんか見ないで、ルアンパバーンのゆっくり流れる空気を存分に堪能して欲しい、というホテル側の思いなのだろう。が、旅先で言葉がわからなくても何となくテレビを眺めてると(特にCMとか)楽しい面もあるので、ちょっと残念ではある。

P1050936005.jpg


ベランダには椅子とテーブル。目の前の通りは、メインストリートから一本奥に入った通りなので、交通量は少ない。道の向かい側は雑貨屋的な商店のようだ。

P1050937004.jpg


冷蔵庫の中。普通ならこれを「ちょっと寂しい」と表現するところだが、実はこの中身は全部タダ(まあ、実際には「部屋代に込み」というほうが正しい)。1.5リットルの水も、大瓶のビア・ラオ(ラオス産ビール)も嬉しい。

P1050938010.jpg


とりあえず明るいうちに町を少し見ておきたかったので、荷物も広げずに、まずは出かけてみる。

ルアンパバーンは、2つの川に挟まれた中州のようなところにできた町。
メインストリートと、メコン川沿いの道と、ナムカーン川沿いの道と、一本内側に入った裏道、基本的にこの4本しか東西の道はない。これらの道をつなぐ南北の短い道が何本も走るというシンプルな構造なので、少し歩くとすぐ町の様子が頭に入る。

とくにメインストリートには、フランス領時代に立てられた洋風の建物が並ぶ。ベトナムもそうだが、フランスはイギリスとは明らかに違う影響を旧植民地に残している。イギリスが議会政治とか憲法とか政治や社会面での影響を多く与えているのに対し、フランスは建物とか食べ物とか、文化面に影響を残している。イギリスの旧植民地でフィッシュ&チップスとかシェパーズ・パイが広く食べられているところなんてほとんどないと思うが、フランスの旧植民地であるベトナムやラオスでは、フランスパンのバゲットがごく一般的な朝飯として食べられている。

P1050945006.jpg


川沿いにはレストランやゲストハウスが建ち並ぶ。少し暗くなり始めたぐらいの時間だったので、まだどこのレストランも準備中という感じで、客もまばら。
町の南側、簡単に向こう岸に渡れそうなほうがナムカーン川。
北側のメコン川は、ちょっとした川幅がある。

P1050947002.jpg


メインストリートと裏道をつなぐ路地。
町中が花で飾られて、なんだか可憐で美しい。
ゴミが散らかってたりとかしないのも、やっぱり世界遺産として気を遣っているからだろうか。

P1050953014.jpg


町歩きは翌日の楽しみにして、一旦ホテルへ戻ってしばし休憩。
荷物を広げて、落ち着いたら、さあ何をしようか。と、ベランダに出て本を読む。
こうやって何をするでもなく、ゆっくり過ごすのがラオスでの過ごし方なのだろう。残念ながら僕にはそれは長時間は続かず、部屋に戻ってカメラからiPadに写真を取り込んだり、翌日のメインイベントである朝の托鉢の情報をネットで調べたり、なんてしてるうちに暗くなってきた。じゃあ、飯にでかけようか。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ルアンパバーンには小奇麗でリーズナブルな
ホテルがたくさんあって、どれも街の雰囲気に
マッチしてますよね~。

次回行くことがあればメコン川沿いのホテルに
泊まりたいです!

僕もテラスでぼーっとしてましたね~。
愛煙家なもので。。。(苦笑)

chempakaでした!

2011/03/10(木) 00:34 | URL | chempaka #-[編集]
Re: タイトルなし
chempakaさんこんにちは。
そうですね、どのホテルもいい感じに見えて、ちょっとうらやましく思ってました。自分がいたところも悪くはなかったんですが。
あと、最初は(数少ない)プール付きのホテルを探してたんですが、それにこだわりすぎなくて良かったです。メコン川沿いはたしかに魅力的でしたね。
2011/03/12(土) 12:57 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。