hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンマイ寺巡りを終えて、いったんホテルに戻ってチェックアウト。
12時チェックアウトのところ、空港へ向かうのにちょうど良さそうな13時チェックアウトにしてくれと頼んだんだが、あいにく満室とのことで断られた。自分の経験上、何百室もある大型ホテルなら、たいてい多少のレイトチェックアウトは受け入れてもらえていたので、ちょっと目算が狂った。まあ、数十室しかないし、人気の高いホテルだからしょうがない。

ホテルのエントランスは、夜はライトアップされてきれいだったが、昼は昼で緑のトンネルになっていて爽やかだ。

P1050911007.jpg


飯+時間つぶしの散策に出かける。
やっぱり旧市街の中は大きな建物がなく、何となく漂う空気がおおらかだ。
さすがに観光客向けの店が多い。街を歩いているのもほとんどが白人だ。

P1050912023.jpg


色んな都市のトゥクトゥクを比較する意味で、チェンマイの典型的トゥクトゥクの写真も載せておこう。近々、いかにもバイクを改造した風のルアンパバーン版、オートリクシャーと呼ばれるインド版、そしてインド物を輸入してるらしいスリランカ版を、順々に載せていく。

P1050898021.jpg


駄菓子(の卸?)屋さん。銀の缶に、中に入ってるカラフルなお菓子の写真を貼り付けて、ずらーっと並べられた様は壮観。おいしそうというよりは、かわいいという感じ。

P1050896022.jpg


小綺麗な建物が多いチェンマイ。庭もテラスも花で飾られた、ここはどこの国だっけ?と惑わされそうなオシャレな建物。ちなみにこれはRachamankha Flora Houseというゲストハウス。1泊1500バーツらしいから、ちょっといいかも。旧市街のど真ん中で、立地はものすごくいい。

P1050890007.jpg


お寺がなくても、街角に普通に仏塔があったりする。よく、古都チェンマイは日本で言うと京都のような町だと言われるが、お寺密度はチェンマイのほうが高いかもしれない。

P1050895015.jpg


しばらく歩いて、なるべくオープンエアの、雰囲気のいいレストランを探したのだけど、見栄えのいい店は、いかにもガイジン向けの店ばかり。ようやく、まあここでいいや、と入ったのも、ごく普通の観光客向けの店。鶏とガパオ炒めご飯と、スイカスムージーを頼む。確か60バーツだったから、観光客向けの店にしては随分良心的な値段だ。

P1050917016.jpg


ホテルのお姉ちゃんの薦めで、フライトの1時間半前にはチェンマイ空港に到着。
最初は2時間前に、と言われたが、いやいやそんなに早く行ったって絶対暇だって、と抵抗したら(笑)、まあそれもそうねえ、でも1時間半前には絶対行ってるべきです!と強く言われたので仕方なく従うが、やっぱり案の定暇だ。国内線ターミナルはわからないが、国際線ターミナルはお店エリアに数店舗しかなく、魅力的な食い物屋もない。というか、搭乗ゲートは本当にここでいいんだよね?と不安になるぐらい閑散としている。
暇なので売店でチャーンビールとナッツを買ってきて、一人で酒盛りを始める。

P1050920009.jpg


ルアンパバーンへの移動は、ラオス航空で。バンコク・エアとか、エア・アジアとかのLCCを使いたかったところだが、チェンマイ→ルアンパバーン路線を飛んでいるのはラオス航空だけのようだ。
なんと航空券は手書きである。しかも、搭乗するときに券をラオス航空のお姉ちゃんに渡すと、ちょっと顔をしかめて、座席番号を手書きで書き直してる(笑)。大丈夫なのか~ ちゃんと席はあるんだろうな~

P1050925008.jpg


さよならチェンマイ。素敵な町でした。また来ます。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
チェンマイ空港
チェンマイの空港ってけっこう閑散としているんです?
写真見て思いました。結構きれいですね。

ラオス航空って国営ですよね~~。
機材はプロペラですか?手書きのチケットというのがいかにもですね(笑)

僕はシェムリアップからルアンパバーン経由ハノイ行きの
ベトナム航空を利用しました。小さな機材でした(笑)

結構揺れて怖かったです!

ルアンパバーンの記事楽しみです!

chempakaでした!
2011/03/04(金) 23:42 | URL | chempaka #-[編集]
すごいですね!
お久しぶりです、hungrykazさん。

手書きの航空券に思わず、反応してしまいました!
これは、すごいですね!初めて見ました~
エアアジアに乗った時、レシートのような航空券だったのにも、
ビックリしましたが、上には上があるんですねぇ!
2011/03/05(土) 11:21 | URL | にゃあ #-[編集]
色鮮やか
とっても写真が綺麗で
思わず見とれちゃいました
青い空、黄色いお坊さんの装束、赤い装飾のお寺・・・
お菓子の問屋さんの写真いいですね
見てるだけで満腹だけどずっと見てても飽きないwww
2011/03/05(土) 21:51 | URL | さいちょう #ytEHlhsw[編集]
Re: チェンマイ空港
chempakaさんこんばんは。
チェンマイ空港はぴかぴかで綺麗でしたが、アジアの空港にありがちな、ハコ造りに気合いを入れすぎてしまってその運営が追いついてない、ようにも見えました。売店エリアに空き店舗が複数あるのがちょっと悲しいです。

ラオス国営航空です。どうやら日本の営業所は、(ラオス航空以外も手がける)日本の民間企業に委託しているらしく、全然違う会社から発券の連絡が来たりします(笑)
他の路線はわかりませんが、チェンマイ→ルアンパバーンはプロペラ機です。まあプロペラ機自体はとくだん珍しいものではないでしょうが(リゾート島行きの100人以下ぐらいの飛行機なんて全部そうでしょうし)、なんかむしろプロペラ機のほうが推進する原理が目に見えるので安心な気もします(笑)
2011/03/07(月) 23:27 | URL | hungry_kaz #-[編集]
Re: すごいですね!
にゃあさん、こんばんは。
僕も手書きの航空券は初めてだったのでしっかり写真に収めておきました。
まあ、ラオス航空の名誉のために行っておくと、ルアンパバーンで発券された復路は、ちゃんと機械で発券されたものでした。チェンマイみたいな小さな拠点ではコスト削減してるんでしょうね。
でもラオス人は勤勉なので、変に整備をさぼったりしないだろうと思い込ませてくれて(笑)安心して乗れましたよ。
2011/03/07(月) 23:30 | URL | hungry_kaz #-[編集]
Re: 色鮮やか
さいちょうさん、こんばんは。
お褒めの言葉、ありがとうございます。
今回は旅行に行ってその写真を撮ってきたのか、写真を撮るための旅行だったのか分からないところもありますが、ゆっくり色んなところを見て回れて、本当に充実した撮影旅行でした。
チェンマイはお寺の色が鮮やかでしたが、これからご紹介するルアンパバーンでは、古い町並の中、鮮やかなお坊さんの衣装がひときわ映えて美しかったです。引き続きよろしくお願いします。
2011/03/07(月) 23:34 | URL | hungry_kaz #-[編集]
hungry_kazさん、はじめまして。
7月にルアンパバーン一人旅計画中で、色々ネットしていたら、こちらのblogに辿り着きました。

花がきれいで、観光バスチープでかわいいですね。そしてシュールな光景がチラホラで楽しませていただきました。
目の付けどころがナイスです。
スイカジュースもおいしそうです。

ラオスの仏像は顔がぽやんとしているように見えるのは、土地柄でしょうか(笑)雑然というより、のんびりな雰囲気がよく伝わりました。

これからの拝見させてください。

チィ
2011/05/24(火) 22:32 | URL | チィ #-[編集]
Re: タイトルなし
チィさんこんばんは、はじめまして。
ルアンパバーン旅行の参考になれば、なによりです。
のんびりしてて、安全で、客引きもしつこくなくて、本当に一人旅向きの町だと思います。
個人的には、表通りの欧米人がたむろしているところを避けて、お寺の中とか、狭い路地とかにどんどん入っていくと、面白いものがある気がします。

これからもよろしくお願いします。
旅の後の感想もぜひお聞かせ下さい。
2011/05/24(火) 23:34 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。