hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元旦のチェンマイ寺めぐり。朝一番の霊山・ワット・プラタート・ドイステープをはじめ、ワット・スアン・ドーク、ワット・チェット・ヨートと回って、次に訪れたのはワット・クータオ。これがまた実に個性的で面白いお寺だ。

建立は1613年。ということは、1558年にビルマ軍の攻撃でチェンマイが陥落した後なので、ビルマ支配下で建てられたお寺だ。そんなわけで、ビルマの影響がとても強い。
ビルマらしさが装飾の細かさなんかに伺えるわけだが、それだけではない、とても個性的なお寺だ。まず境内に入って目に入るのが、このひょうたん型五段仏塔。しかもこれ、僕のガイドブックとか、他の人がWebに載せてる写真を見ると黒いのに、目の前にあるやつは白いぞ~(笑)。

どうやら塗装し直したようだが、黒かったものを白く塗り直すとは実に大胆。塗った後に既に汚れてしまったのか、下地の色が見えてしまっているのか、ちょっと薄汚れて見えてしまうのが残念。ワット・スアン・ドークの白い仏塔のような可憐な感じはしない。

P1050261019.jpg


ビルマ風と言っても、このひょうたん型仏塔は、このお寺にしかない独特のものらしい。
ひょうたん型仏塔のすぐ後ろにあるのが本堂。こちらの白い壁画は、綺麗だ。
本堂は2階建てになっていて、まずは1階に入る。

P1050264006.jpg


圧巻。
天井から、柱から、すべてに赤地に金の装飾がびっしり。
数百人は軽く入れる、かなり大きい本堂の全面がこうして飾られると、もはや金ピカ成金趣味とかいう悪口を通り越して、有難い気になってくる。
残念なのは床に敷き詰められたビニールマットがやけに安っぽいことだ。

P1050268022.jpg


天井の装飾。まったく見事だ。
ガイドブックにも載ってたりして、多少は知られているだろうが、こうして元旦に来てもガラーンとしている。この豪華な装飾を独り占めにして、贅沢気分。

P1050280010.jpg


そして仏壇。
いったい何体の仏様が... 何だかこうなると、ありがたいような、ありがたくないような。

P1050274006.jpg


本堂のすみっこでは若いお坊さんたちが勉強中。
参拝客も観光客もいなくて、静かで安らかな空間。

P1050265014.jpg


外に出て、仏塔があった方の反対側に来る。こちら側も派手な装飾。

P1050335009.jpg


1階の外壁の装飾は、明るい色使いで妙にファンシー。キリスト教の天使の絵とか、こういう雰囲気かも。

このナーガ(蛇神)の向こう側が階段になっているので、そこから2階に上がる。
まだまだこのお寺はたくさん見どころがあるので、続きは次回。

P1050340013.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このカラフルな色づかい・・・
ビルマの影響を受けたっていうのを感じさせてくれますね。
それから、2枚目の本堂の白い壁・・・
浮き上がるように彫り上げた壁画(?)にスゴく興味を持ちました。
美しいですね。
ピックアップして撮った写真とかないんですか?
スゴく気になります。
2011/02/21(月) 22:58 | URL | プライサニー #HfMzn2gY[編集]
Re: このカラフルな色づかい・・・
ワット・クータオの本堂の壁の白い立体画は確かに綺麗です。
ここだけをアップで撮ってる写真もあるので、次の更新のタイミングでアップしましょう。
ワット・クータオはひょうたん型仏塔ばかりが有名なようですが、むしろ本堂とか他のところに見どころがいっぱいだと感じました。まあ人の感じ方なんでそれぞれですから、やっぱりガイドブックを信じ込むのではなく自分で行ってみるのが大事ですね。
2011/02/22(火) 00:35 | URL | hungry_kaz #-[編集]
プライサニーさん、遅くなりましたが、いただいたリクエストは「その34」でお応えしましたのでご覧下さい。
2011/02/27(日) 11:03 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。