hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンマイのワット・プラタート・ドイステープでの初詣。
標高1600メートルを超えるドイステープ山の頂上で、黄金に輝く仏塔。現実離れした美しさだ。

P1050073026.jpg


一部にぐっとズームして撮ってみる。
内部はわからないが、表面には銅板を張り付けて、その上から金箔を貼っているようだ。このピカピカ具合からして、かなり最近修復されたのだろう。

P1050070010.jpg


さらにぐっとズームしてみる。ものすごく細かい模様が彫られている。さすがに北タイで最も重要な寺院だと言われるワット・プラタート・ドイステープの中でも中心となる建造物だけあって、その恐ろしいまでの緻密さには妥協がない。

P1050072015.jpg


この仏塔の周りを囲むように、タイ人の行列。仏塔の周りを時計回りに3周しながらお祈りする、というのはこのお寺に限らず仏教寺院では共通の作法。お釈迦様が亡くなったときに弟子たちがそうしたのが起源だそうだ。
その手前に並ぶのは、タイの寺院ではほとんどどこにでもある「曜日」ごとの仏像8体。日本人なら誰もが自分の血液型を知ってて、血液型占いとかしちゃうのと同じレベルで、タイ人は自分が生まれた曜日を当たり前に知っていて、その曜日の仏像にお祈りする。仏像はそれぞれ曜日ごとにポーズが決まっている。曜日ごとなのになぜ8体あるかといえば、水曜日だけは昼と夜で別々の仏像だから。「水曜の夜は夜叉が現れるから」という説明を見たことがあるが、ちょっとそれだけでは理由はわからない。

普通の日本人は自分の生まれた曜日なんて知らないと思うので、タイに行ってから「しまった、調べてくりゃ良かった」となる。ちなみにこういうところで調べられる。

P1050045017.jpg


お堂の中に入る。
中央にいるお坊さんに、手首に白い紐を巻いてもらう。紐と言っても、単に糸を束ねただけのような、いかにも弱そうなものだ。お守りのようなもので、これは自然に外れるまでそのまま身につけておくものらしい。ちなみにこれを書いてるのはそれから約1ヶ月後の1月28日、まだまだ僕の両手首には白い紐が健在(笑)。右手のは、ここドイステープ寺院でしてもらったものだ。結び目のあたりがほつれて、見た目ボロくなりつつあるが、まだまだ外れる気配はなく、意外なほど強い。

紐を結んでもらうために跪いて列に並んでいると、適当なタイミングでお坊さんがお祈りを始め、並んでいる我々に聖水を振りかける。ありがたいことなのだが、けっこうバシャバシャとかけられるのでカメラが不安になったりする。しかしお坊さんから直接何かをしてもらう機会というのは滅多にないので、とても有難い気になる。これで、今年は安泰だ。

なお、お坊さんは女性には触れられないので、女性信者担当として普通のおっさんも、お坊さんの横に座っている(笑)。お坊さんじゃないってことは見た目分かりやすいのだが、なんかジャンバー姿のただのおっさんで、まったく有難味がない(笑)。というか、誰なんだこの人は。

P1050068014.jpg


時期を外してもっと人が少ない時に来れば全然印象が違う気がするが、参拝客でごった返している元旦のドイステープ寺院は、バンコクの王宮にも通じるものがある、派手さのある寺院だ。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ピカピカですね~
こんなに綺麗なお寺は珍しいですよね。
チェンマイはまだ未開の地なので、
行ってみたくなりました!
2011/01/29(土) 09:25 | URL | こりきち #-[編集]
こりきちさん こんにちは。
本当にキラキラの寺院でしたが、この後色々と違う味わいのチェンマイのお寺を巡ります。面白かったですよ。こりきちさんも僕も海好きなので、その点でちょっと物足りないかも?と行く前は思ってましたが、別に現地に行ってしまえばそこにないものを欲しがったりはしないもので、充分に山の町を満喫してきました。あ、でもやっぱりお気に入りの場所は川辺でしたけどね。
2011/01/29(土) 09:55 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。