hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンマイの2010年は静かに暮れ、2011年の朝が訪れた。
夜明け前に起き出して、もはや定番、ホテルの隣のワット・チャイモンコンへ。
うっすらと明るく空に浮かび上がる、お寺の本堂の飾り屋根。なんだか現実離れした美しさだ。

P1040961009.jpg


川辺でしばらく陽が昇るのを待っていると、朝焼けに川が赤く染まりはじめた。
残念ながらここから太陽そのものの姿は見えないが、まあ一応これで初日の出を拝んだことにしておこう。

P1040964008.jpg


すっかりお気に入りの構図でもう1枚。

P1040968004.jpg


ホテルに戻ると、ちょうど6時半。朝食の始まる時間だが、さすがに元旦の早朝、客は誰もいない。
元旦のスペシャルビュッフェとのことで、準備も少し時間がかかっているようで、まだお皿を並べたりしている中、食わせてもらうことにする。

というのも、今日はチェンマイのお寺巡りツアーを申し込んである。タイ人にとってはソンクラーン、中国系タイ人にとっては2月の旧正月のほうが大イベントとは言え、元旦にもそれなりにお寺は混み合うものらしい。
なので、通常このツアーは8時半にホテルでピックアップなのだが、今日は7時45分に迎えがくるらしい。しかも、今日このホテルをチェックアウトしなきゃいけないので、7時45分までに荷物をすっかり片付けて、朝飯も済ませないといけないのだ。

朝から肉の炒めものとか、ちょっと重めなやつも含め、タイメシだけをチョイス。やっぱり外国人向けなので味付けはかなりマイルドだが、上品で美味い。まあ、広東料理みたいなものか。

P1040978017.jpg


果物カット担当のお兄ちゃん。
どうせみんな何も考えずにバクバク食っちゃうんだから、そんなに凝った切り方しなくていいのに、と言ってあげたくなるぐらい、ひとつひとつに丁寧にナイフを入れ、彫刻のような細工を施す。まあさすがに新年の特別パフォーマンスなんだろうけど、切るそばからどんどん持って行かれ、むしゃむしゃと食われてしまうのは凄くストレスがたまるのではないだろうか。

P1040982010.jpg


慌ただしく荷造りしてチェックアウトを済ませ、7時半過ぎにはガイドが到着。昨日と運転手さんは同じだがガイドは違う人で、従兄弟の治(おさむ)に似てるので、僕の中では彼を治と呼ぶことにした(笑)。

名残惜しいと思う間もなくスーツケースが車に運び込まれる。ほんとにいいホテルだった、また来るよ、Ping Nakara。
車はまず、ワット・プラタート・ドイステープに向かう。タイ北部でもっとも神聖とされる霊山だ。
ただ、郊外の山の上にあるので、かなり行きにくい。また、元旦は参拝客が多いので、交通規制が敷かれるらしい。こんなとこまで来て交通渋滞に巻き込まれるとは思わなかったが、ホテルを出発して15分ほどで早くも渋滞が始まった。おいおいまだ市街地で、山を登り始めてもいないぞ。この渋滞が山のてっぺんまで続くのか??とゾッとしたが、実はこの渋滞は市内のお寺に参拝客がたくさん来て路駐したり、お坊さんが托鉢で道路を歩いたりしていることによる「初詣渋滞」だった。お寺の前を通り過ぎると、車はスイスイ流れる。

曲がりくねった山道をひたすら登る。タイも北部で、標高1000メートルを超えるあたりなので、周りの樹もトロピカルな感じではなく、何だか日本でとても見慣れた登山道という感じだ。
いよいよお寺が近くなってくると、土産物屋やら駐車場やらでにぎわい始める。これも、日本の山中にある温泉街といった雰囲気だ。まだ8時半ぐらいだが、かなり人は多い。見たところ、ほとんどがタイ人のようだ。少なくとも、前夜の大晦日パーティで飲んだくれていたであろう白人の姿はまったく見かけない。

参道の入り口で車を降りる。ここからワット・プラタート・ドイステープまではロープウェイで昇るか、306段の階段を徒歩で上がる。当然徒歩好きの僕は普通に徒歩を選ぶわけだが、ちょっとトイレを借りにロープウェイ乗り場に行ってみたら、ロープウェイ待ちのものすごい渋滞で驚いた。あんな長蛇の列を並んで待つぐらいなら、たかだか306段ぐらい、登っちゃったほうが早いぞ。

参道の最初の何十段かは、両脇に露店が出ていて、かなり混み合っている。そしてこのナーガの飾りからは、少し段が急になる。そうは言っても、例えば伊香保温泉の石段街なんて360段あるそうだが、おばあちゃんだって登り降りしてるわけで、306段程度でどうということは全然ない。

P1040994001.jpg


見ての通り、階段の手すり部分は龍の体がずっと頂上まで伸びている。
そして龍の口からは、七つの頭をもつナーガ(蛇神)が。

P1040999003.jpg


さあこれから、やり過ぎとも思えるぐらいのチェンマイ初詣ツアーの始まり!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
元旦の朝焼けが美しいですねー。
ドイステープ寺、私も大好きな場所です。
でも自分はヘタレなので、のぼりはロープウエーでした(笑)
次のエントリ、楽しみにしています!
2011/01/25(火) 00:33 | URL | ユ #-[編集]
ユさん こんばんは。
お陰様でいい大晦日&元旦が迎えられました!
306段なんてどうってことない。とクドクド言ってるのは、そう自分に言い聞かせて暗示にかけてるんです(笑)
2011/01/25(火) 21:47 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。