hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだチェンマイに来てから全然街を見て歩いてないので、とりあえず栄えていそうな方向に向かう。ホテルでざっとだけ地図を見て、あえて地図を持たずにでかける。

僕のホテルPing Nakaraから3分ほど歩いたところに、こんな場違いな建物が。何これ、美術館?と思ったら、The Chediというホテルだった。実はここも僕が今回泊まることを検討した候補だ。うわーすげえオシャレな感じ。
僕がいつもホテル選びの参考にするTripAdvisorでは、チェンマイの316ホテル中Ping Nakaraが2位、The Chediが5位とどちらもトップ争いをする名ホテル。

P1040905001.jpg


道沿いにどんどんお店が増えてくる。しかし、マッサージ屋がやけに多いな。
そういえば、一昔前の人達に言わせると、チェンマイってのは男が女遊びをしに、バリってのは女が男遊びをしに行くところ、というイメージらしい。イマドキの人はそういう単純なステレオタイプは持ってないと思うのだが、旅の行き先を上司なんかに伝えるときには、ちょっと気にしたほうがいいかもしれない。
僕の中ではチェンマイ=古都、お寺の町というイメージしかないので、「はあ?」とか反応してしまった(笑)

こちらは市街に向かう途中にたまたまあったお寺。名もないお寺でもそれなりに立派だ。

P1040907005.jpg


ナイトバザールへと通じるチャンクラン通りに入る。
もう歩道は露天に占拠されていて、歩きにくいことこの上ない。まあ、こっちも急ぐわけでもないが。
車の通行量も多いし、ショッピングモールや高層ホテルもあるし、この辺の雰囲気はバンコクのシーロム通りに通じるものがある。

P1040910001.jpg


アヌサーン・マーケットというレストラン&露店街があったので迷い込んでみる。
入り口のあたりはこうやって、比較的地元の人をターゲットにした屋台のお店が並ぶ。

P1040912009.jpg


ちょっと奥に入ると、Tシャツやら小物やら、観光客向けの店。これらの露天をぐるっと取り囲むように、レストランが建ち並ぶ。シーフード系が多かった気がする。
今日は大晦日だから、特別な飾り付けの準備をしてる人達も。客の出足もいつもよりは遅いのだろう、まだ混雑した感じではない。

P1040919007.jpg


ショッピングモールの中をうろうろしてみたりもしたが、これまた閑散としていて、フードコートなんてフロアごと営業終了していた。このまま、ここいらのレストランで晩飯を食っていくか迷ったが、ホテルに帰ることにした。もともと僕は人混みや、大騒ぎするのが得意ではないので、大晦日のカウントダウンが近づくにつれ騒がしくなっていくであろう繁華街からは退散することにした。

そういえば僕がこのタイミングでPing Nakaraホテルに泊まることにしたのは、ガラ・ディナー代をとられないから、という理由がかなり大きい。
ガラ・ディナーというのは祝祭日の特別なディナーで、クリスマスや大晦日にホテルに泊まると、強制的にガラ・ディナー代が宿泊代に上乗せされることがある。チェンマイ市内の中級以上のクラスのホテルには、実にこの「大晦日はガラ・ディナー必須」のホテルが多いのだ。3000円ぐらいなら食ってやってもいいが、1万円とか言われると、もう必死で「ガラ・ディナーのつかないホテル」を探すことになる。と言ってもそんな情報がどこかに一覧で出てたりするわけではないので、候補になったホテルを1件ずつExpediaで予約を試みて... なんていう作業をする。その分の手間を考えれば1万円ぐらい払っちゃえ、と考えられるかどうかが、「金持ち」とそうでない人の境界線なのだろう。

P1040918011.jpg


コンビニでビールとお菓子を買って、帰り道にもう一回、ホテルの隣のワット・チャイモンコンに寄ってみた。
さっき掃除をしていた小僧さんたちもみんな仏堂に集まって、お経をあげている。
あー、なんだか落ち着くなあ。喧噪から離れて、ピン川のほとりで犬や猫が眠るこのお寺で、お経の声に包まれて、とても穏やかな気持ちになる。本当は川のほとりでぼーっとしながらビール1本飲んで行きたかったのだが、さすがにお寺の敷地内でそれは不敬だろうと思って止めておいた。

P1040928012.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
kazさん、こんにちは。
確かに、チェンマイは日本人(中高年)男性のツアーをよく見かけました。日本人のほかにもまだ未成年だろうというような女の子を連れた外国人を結構見かけます。でも、中には独身の方で、真剣に奥さん探しをしている方もいらっしゃるようですね。
ナイトバザール、アヌサーンマーケットはここのシーフードが好きで、母と一緒に滞在中はいつも一度はカニのパッポンカレーを食べます。また行くのが楽しみです。
2011/01/23(日) 12:05 | URL | ユ #uaIRrcRw[編集]
Re: タイトルなし
ユさん こんにちは。
そうですか。僕が滞在したときはとにかく白人観光客ばかり目立って、日本人はあまり見かけなかった気がします。そういう目的ならチェンマイじゃなくてバンコクとかマニラだろ、と僕は思うんですけどね。まあいいや。
アヌサーンマーケットはやっぱりシーフードが有名なんですね。なんで山のチェンマイでシーフード?とは思いますが(笑)、それを言ったら北部(ココナッツが採れない)のチェンマイで何でカオソーイが名物?とか色々疑問がありますよね。
2011/01/23(日) 12:20 | URL | hungry_kaz #-[編集]
ガラ・ディナー・・・
あるとないじゃ、大きな差ですよね。
それだからプライサニーは、年末年始の旅は足が遠のいちゃうっていうのもありますし
手間を惜しまず探す気持ち、よく判りますo(^o^)o

街の雰囲気の伝わる素敵な写真、いいですねぇ~
チェンマイ、行きたいなぁ~
2011/01/23(日) 15:29 | URL | プライサニー #HfMzn2gY[編集]
Re: タイトルなし
プライサニーさんこんばんは。
そうですね、特別な日ぐらい特別にディナーに付き合えよ、というホテル側の言い分もわからなくはないですが、やっぱり選択権は客に残して欲しいところ。単に金の問題だけじゃなく、ホテル側の客を尊重する意思の表れとも言えると思います。とか言ってみたり(笑)
写真をほめていただけるのは嬉しいです。ありがとうございます。
2011/01/24(月) 21:15 | URL | hungry_kaz #-[編集]
奇遇ですね!
初めまして。私もこの時期、このホテルに泊まってました。1F下の部屋です。そして今度はルアンパバーン→チェンマイのルートで旅行しようと思ってるんですよ。何たる偶然。参考にさせていただきますね!
2011/04/11(月) 21:22 | URL | peo #-[編集]
Re: 奇遇ですね!
peoさんこんばんは、はじめまして。

> 初めまして。私もこの時期、このホテルに泊まってました。1F下の部屋です。そして今度はルアンパバーン→チェンマイのルートで旅行しようと思ってるんですよ。何たる偶然。

へえ~そんなことってあるんですねえ。
きっと、どこか感性が似てるところがあるんでしょうから、きっと参考にしていただける部分もあると思います。
今後ともよろしくお願いします!
2011/04/11(月) 23:13 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。